FC2ブログ

反り返ってない !

何をしてるのでしょう、
0620束ねたのをなめしたり

午前中に自分が出来る作業は、地神社の清掃と一本ずつキレイに掃除をすることだけ、汗。皆さんは束ねたのをなめしたり、縒られてます。縒って余分なところをハサミで掃事。
0620 一本ずつ掃除 0620 縒られてます 0620 ハサミで掃事

垂れ?って言うのでしょうか、自分も挑戦しましたが失敗作、紐が出ないダメなのですが、反対に 汗。
0620 垂れ? 0620 失敗作 0620 紐が出ないと

注連縄作製の完成
0620注連縄

日曜日は宮世話で奉仕作業等をさしていただいた。
午後は、田植え終了奉告祭と、豊作祈願祭の玉ぐし奉納など催し
0620 宮世話 0622 田植え終了奉告祭と、豊作祈願祭 0620 玉ぐし奉納

東側の庭で、花持ちのよいアストロメリアとカラーを撮ってると、緑色の小さいカマキリを見つけた、これくらいチィッ小いとかわいく思える。見たくない方も居られる思うのでマウスオンにしました。

↑ ↓  マウスオン
裏隣りさんが、例年実りがなかったビワが、今年は見栄え悪く小さいが実ったと2袋採ってくださった、形が歪だし虫食いもあるが、味がこく美味しかった、笑。


ーーーーーーーー

東北、信濃、京都 GW ⑤ 世界遺産 国宝 二条城 その2

なんかおもしろい形の 重文 本丸櫓門をくぐり
重文 本丸櫓門

本丸庭園、重文 本丸御殿から天守台(前記事案内地図で3)へ、
本丸庭園 本丸御殿 天守台(前記事案内地図で3)へ

天守台からの眺め、これから散策して行く、重文 西北土蔵がある方向、
天守台からの眺め

天守台から降りての本丸御殿、本丸御殿は二の丸の外観とは随分と違っていた、旧桂宮邸の御殿を明治に本丸内に移築したそうだ。なんか重苦しい 重文 西北土蔵(米蔵)から、石垣斜め北中仕切門をくぐったところにあった、加茂七石。
本丸御殿 重文 西北土蔵(米蔵) 北中仕切門

加茂七石。清流園(前記事案内地図で4)の前で女子さんに声をかけられた。茶室 和楽庵へ。
加茂七石 清流園の前 茶室 和楽庵へ

雨どいからの竹に趣があるなと思う。和菓子は先にいただくのかなと思うが、茶と一緒に写したかったので。庭や、
趣が 和菓子は先にいただくのかなと 茶と一緒に写したかったので

つくばいで小鳥が水浴びしてるのを見ながら茶を楽しむ 笑

↑ マウスオン

清流園 香雲亭は江戸時代の豪商、角倉了以の屋敷の一部を移築したものだそう。二条城内からの北大手門の所に咲いてたレンゲ草。
香雲亭 条城内からの北大手門 レンゲ草

入り口近く京都御所、東西両本願寺門跡寺院の塀に見られる築地塀を通り、あの唐門から重文 桃山門へ
築地塀を通り 唐門 重文 桃山門重文

中仕切門をくぐると(前記事案内地図で5)へ、二条城内から見た重文 西南隅路。天守台の前にある重文 西南土蔵。
中仕切門 西南隅路 重文 西南土蔵

西南土蔵のところから見た、二条城天守台
二条城天守台

ここ梅林の下で咲いてたタンポポ ガクを見ると 反り返ってない!
在来種の

二条城のタンポポは外来種でない、日本古来の在来種の総苞だ、これはも嬉しかった。
ありがとう 世界遺産 国宝 二条城

テーマ : 今日の出来事
ジャンル : 心と身体

コメントの投稿

非公開コメント

お宮さんのお勤めご苦労さん

お宮さんは地域の皆さんがささえていらしゃいます

氏神さんは村のよりどころだったんですねv-22

No title

しろさん
神社の清掃と注連縄の作成お疲れさまでした。
実際、藁を縒って綱を作るなんて難しそうですね(笑)。

二条城の茶室 和楽庵では、やはりここで しろさん一句を
(笑)。

デジカメ、接写も綺麗ですが連写機能も凄いですね。

反り返るのは外来種と言うことなんですね!勉強になりました。

こんにちは

お宮のお世話 お疲れ様でした
何事も 経験ですね
小さい カマキリ 最近 よく 見かけます
小さくても 一人前に威嚇するんですね(^m^)
庭を眺めながらの 茶菓子いただくのって
のどかで 風流ですね^^
あっ 抹茶 飲みたくなりました(><)

No title

地元の氏神様を皆さんで大切に守っていられるんですね。
今日はこちらも熱いけれど、二条城を見ていて涼しくなりました。
日本の建物や庭園はいいですね~。
タンポポのガクのこと知りませんでした、
この広い土地で在来種をしっかり守って欲しいですね。
こちらでも次の春見かけたら、じっくり見てみようかな。

こんばんは。

きゃーーー v-17v-321

カ マ キ リ ~ v-12

お宮さんのお勤めご苦労さん

       あおぞら39さん

> お宮さんは地域の皆さんがささえていらしゃいます
氏神さんは村のよりどころだったんですねv-22

ありがとうございます。
子供の頃は、神社の屋根にあがり遊んでたいました 汗
皆で集い神社のお世話をさしていただくこと、ありがたいものです。
村の連帯感が強まりますね。

No title

      カブ太郎さん

> しろさん
神社の清掃と注連縄の作成お疲れさまでした。
実際、藁を縒って綱を作るなんて難しそうですね(笑)。

ありがとうございます、
初めてなもんで戸惑いますし、難しいかったです、笑
できるようになるかな 汗

> 二条城の茶室 和楽庵では、やはりここで しろさん一句を
(笑)。

かぁ~苦手というか教養が、汗 レンゲ草京でめでて茶美味いこと

> デジカメ、接写も綺麗ですが連写機能も凄いですね。

接写はデジイチでとりました、デジカメではボカシが難しいですね。

> 反り返るのは外来種と言うことなんですね!勉強になりました。

なんでも外来種は強いみたいです、在来種は負けないでほしいものです。

こんにちは

       みかん さん

> お宮のお世話 お疲れ様でした
何事も 経験ですね

ありがとうございます、
勉強にもなり親睦もはかれてよかったです。

> 小さい カマキリ 最近 よく 見かけます
小さくても 一人前に威嚇するんですね(^m^)

一人前に威嚇するのもかわいかったです。笑

> 庭を眺めながらの 茶菓子いただくのって
のどかで 風流ですね^^
あっ 抹茶 飲みたくなりました(><)

抹茶の苦さを美味く感じるようになりました、
趣のあるところでのお茶、美味さをますものですね。

No title

      つままま さん

> 地元の氏神様を皆さんで大切に守っていられるんですね。

一月に一回は必ずあります、親睦をはかれる場所でもあり慣習を残したいものです。
廃れるところもあるそう、寂しく感じます。

> 今日はこちらも熱いけれど、二条城を見ていて涼しくなりました。
日本の建物や庭園はいいですね~。

高知城など現存天守とともに、国宝の城は記事にしたいと思ってました、
今回できてホッとしたところです、良い所でしょ、

> タンポポのガクのこと知りませんでした、
この広い土地で在来種をしっかり守って欲しいですね。
こちらでも次の春見かけたら、じっくり見てみようかな。

瀬戸内で見かけるのは外来種ばかり、汗
高知は在来種がいっぱいあってほしいものです。

こんばんは。

      ボス。さん

> きゃーーー v-17v-321
カ マ キ リ ~ v-12

ヘビを、平気で捕まえる貴女なのに 笑

No title

注連縄、結構大きく見えるのですが、みなさんでこうして作っておられるんですね
近くの神社の役を受けた事(順番)がありますが、
 注連縄もあるのに、清掃だけで終わりです
誰が作るんだろうかと少し疑問に思いました

二条城のタンポポ在来種なんですね
ちょっと嬉しかったりします

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

       maman さん

> 注連縄、結構大きく見えるのですが、みなさんでこうして作っておられるんですね
近くの神社の役を受けた事(順番)がありますが、
 注連縄もあるのに、清掃だけで終わりです
誰が作るんだろうかと少し疑問に思いました

直径15センチ程度を5人で縒られてました、上手ですよね、
自分たちの地域は宮世話の上に、また別に選ばれた総代という方々がおられます、
自分たちの宮世話は、総代さんたちのお手伝いという感じ、詳しいことは総代さんたちが専門でしたよ。

> 二条城のタンポポ在来種なんですね
ちょっと嬉しかったりします

自分も、タンポポ在来種が伝統の京都を守ってる感じがして嬉しかったです、

No title

    2011-06-24(20:02)さん

自分こそ、よろしくお願いします。

紅葉

しろさん おはようございます。

新しい注連縄を奉納されたんですね~
清掃に注連縄作りにとお疲れさまでした。

藁を縒って綱を作る懐かしいです。
縄は父がよく作っていたので真似して作ってました~



No title

こんばんは。
蒸し暑いですね。

注連縄作製って言うんですか?
よく見かけますが 手作りだったんですね。
大変そうです。
お疲れ様でした。

二条城は 若い頃 思う事あり ひとりで
じっくり見学したので よく覚えています。
綺麗な小鳥ですね。

私はお城の周りのお堀が好きな事を
しろさんのブログを拝見させていただいてから
改めて確認しました。

      紅葉さん

> しろさん おはようございます。
新しい注連縄を奉納されたんですね~
清掃に注連縄作りにとお疲れさまでした。

いい経験をさせていただきました、
地域の仕組み成合もわかるし勉強にもなります。

> 藁を縒って綱を作る懐かしいです。
縄は父がよく作っていたので真似して作ってました~

自分も細い縄なら父に教わったことがあるはず 
すっかり忘れています 汗
 

No title

    はーと さん

> こんばんは。
蒸し暑いですね。

蒸し暑いです、今年最高の気温になりしかもムシムシでした、
体調に気をつけてくださいね、

> 注連縄作製って言うんですか?
よく見かけますが 手作りだったんですね。
大変そうです。
お疲れ様でした。

慣れないもんで疲れました、でもそれだけの楽しみも

> 二条城は 若い頃 思う事あり ひとりで
じっくり見学したので よく覚えています。
綺麗な小鳥ですね。

思われたことが気になりました 笑
城郭はともか、く二の丸御殿は違う感じで印象に残られたことでしょう、

> 私はお城の周りのお堀が好きな事を
しろさんのブログを拝見させていただいてから
改めて確認しました。

城にはお堀がないと寂しい物足りない感じになりますね、
水面に映る景色も良いものですし。。

遅くなって申し訳ありません

昼間の二条城を見せてくださって、本当にありがとうございます。
夜の二条城は、控えめにライトアップされた桜を見上げながら、順路に沿って歩くと、あっという間に出口に着いてしまった印象がありましたので、随分と広大な敷地だったのだなあ、と驚きました。

京都は不思議な街ですね。
日本一の観光地なので、東京のように、不夜城のごとく一晩中煌々とした明りに包まれた街なのかと思っていたのですが、夜7時頃、京都駅前からバスに乗って、二条城に向かう道の両脇の商店街はすでに暗くて、どこにでもある地方都市のように見えました。
でも、二条城に着くと、そこには観光バスが停車していて、長蛇の列なのです。9時半頃、また京都駅に戻ると、ほとんどのコーヒーショップは閉まっていました。
もちろん、京都通の方々には、京都はまったく違う面を見せているのだとは思いますが、普通の観光客の目から見る京都は、とても健全な街でした。

しろさんからお尋ねいただいていました「橋本屋」さんのお料理のことですが、書き込みが遅くなってしまって、本当に申し訳ありませんでした。
ついにWindowsXPファイルが壊れてしまって、新しいパソコンを購入したりで、右往左往していました。
それに、室生寺に行きましたのが、かなり前で、具体的なことは、もう覚えていなかったので、お役に立てないなあ、と思っていました。
ただ、何でも取っておく性格なので、探してみましたら、「女人高野 室生寺」のリーフレットを見つけました。
そして、その裏に、なんと一行のメモが残っていたのです。

「橋近くの橋本屋の山菜定食(1700円)美味。」

これが残っていたこと自体、すごく奇跡的で感動しました。私の中では、「はやぶさ」の地球帰還に匹敵する感動でした(笑)。

でも、もう内容も値段も違っていると思いますので、残念ながら参考にならないかもしれません。
いらっしゃることがありましたら、どうぞ、しろさんのその時の体調に合わせて、召し上がってくださいますよう、お願い致します。

遅くなって申し訳ありません

       カノンさん

> 昼間の二条城を見せてくださって、本当にありがとうございます。
夜の二条城は、控えめにライトアップされた桜を見上げながら、順路に沿って歩くと、あっという間に出口に着いてしまった印象がありましたので、随分と広大な敷地だったのだなあ、と驚きました。


コメントありがとうございます。
夜桜の二条城ともなると、また一段と趣をまし昼間とは違った表情を見せることでしょうね
いい時にいかれましたね、自分もチャンスをみつけ行こうと思います。

> 京都は不思議な街ですね。
日本一の観光地なので、東京のように、不夜城のごとく一晩中煌々とした明りに包まれた街なのかと思っていたのですが、夜7時頃、京都駅前からバスに乗って、二条城に向かう道の両脇の商店街はすでに暗くて、どこにでもある地方都市のように見えました。

そうなのですか、自分も京都の町は人の多い昼間しか見てなく、夜も同じかなって思ってました。
夜はやはり古都の街らしくなるのですね。

> でも、二条城に着くと、そこには観光バスが停車していて、長蛇の列なのです。9時半頃、また京都駅に戻ると、ほとんどのコーヒーショップは閉まっていました。
もちろん、京都通の方々には、京都はまったく違う面を見せているのだとは思いますが、普通の観光客の目から見る京都は、とても健全な街でした。

春の京、シーズンともなると人混みは、それは凄いものでしょうね、自分は、その時期避けてましたが日帰りバスで2回ほど(まだ記事にしてませんが、いずれUPさせていただきます)行きました。人が多くても行きたい、そんな魅力のある不思議な街でもあるのですね、健全な街、学生が多いこともあるし、それも嬉しいことですね。


> しろさんからお尋ねいただいていました「橋本屋」さんのお料理のことですが、書き込みが遅くなってしまって、本当に申し訳ありませんでした。
ついにWindowsXPファイルが壊れてしまって、新しいパソコンを購入したりで、右往左往していました。

遅くなったは、とんでもないです、情報いただき調べてくださっただけでも、ありがたく感激します。
XPファイルが壊れたの、大変でしたね、
自分は7を買ったとはいえ、いまだに動作がしばしば固まったりするXPを使ってます。
変化についていけない 汗
カノンさんは、さらっと慣れられることだと感じます。

> それに、室生寺に行きましたのが、かなり前で、具体的なことは、もう覚えていなかったので、お役に立てないなあ、と思っていました。
ただ、何でも取っておく性格なので、探してみましたら、「女人高野 室生寺」のリーフレットを見つけました。
そして、その裏に、なんと一行のメモが残っていたのです。
「橋近くの橋本屋の山菜定食(1700円)美味。」
これが残っていたこと自体、すごく奇跡的で感動しました。私の中では、「はやぶさ」の地球帰還に匹敵する感動でした(笑)。

大変貴重な時間を自分のために使っていただき、ほんと感謝しています、奇跡的なこともおこり、これは大切にしなくてはいけないと思いました。

> でも、もう内容も値段も違っていると思いますので、残念ながら参考にならないかもしれません。
いらっしゃることがありましたら、どうぞ、しろさんのその時の体調に合わせて、召し上がってくださいますよう、お願い致します。

近いうちに行こうと、先生をお誘いしたところです、行ってくださるかなぁ~?
写真をいっぱい撮り記事にしたいとおもいます。
あっ定休日を調べて行かないと 笑。
検索フォーム
プロフィール

しろ

Author:しろ
69歳 
凡そ40数年前 X1になった 男子
なりゆきで、
白い猫(ノラシロ)を飼うことに、、
原発三個、経験の
”重複癌”患者でした。
今のところ サバイバー・・・

ノラシロ逝ったので
ノラシロと重複ガン から
ブログタイトル、変更しました。
引き続き よろしくお願いします。
しろの、
ボケ防止は、ブログに写真

最新記事
カレンダー
04 | 2020/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
FC2カウンター
最新コメント
カテゴリ
リンク
月別アーカイブ