FC2ブログ

目にとび込んできた

スーパーの、特売コーナーで仙台味噌を売っていた応援しないと。野菜コーナーでは食べたことのないチコリが4ヶで58円で売っていた、安そう。チコリの料理の仕方は知らない、味噌汁の具にした、ちょい苦だったが、苦いのは好きだし、身体によさそう、まぁ、いいとしよう。
0417 仙台味噌 0417チコリ 0417味噌汁の具

ムスカリの
0417ムスカリ

上にある、ハナミズキの紅と白のガクが大きくなり始めた、色鮮やかにもうすぐなるだろう。
0417ムスカリ 0417紅 0417白のガク

裏畑、  小さい木だがリンゴ、イチゴ 、ブルーベリーが咲き始め
0417リンゴ 0417イチゴ 0417ブルーベリー

表庭のモミジ三種も、花が咲いていた。ヤマモミジ、イロハモミジ、菊桃下のオオハモミジ
0417ヤマモミジ 0417 イロハモミジ 0417 オオハモミジ

満開の菊桃の下に咲く
菊桃

ツルキキョウ     岩八手    椿
0417ツルキキョウ 0417岩八手 0417 椿

ウグイスカグラも満開
ウグイスカグラ

Fc2さん調子が悪いのだろ、最近、うまくコメントが、記事更新がUPできず困ってた。
途中に消えることがあっても、UPしてた記事がきえるなんて初めてだった、あぁ~疲れる。
無料で遊ばせていただいてるから、あきらめよう 笑

ーーーーーーーー

四国半周 ④  重文 現存天守 高知城

土佐神社から、高知の街のなかにある高知城へいく、駐車場は、目立つ案内板があったので難なく見つけられ、40~50台は停められるだろうか、満車に近かったが停められた。大手門があるだろう方向に歩いていくと、県立文学館の前に、山之内一豊の銅像があり、高知城の大手門が内濠のむこうにみえた。山之内一豊は、戦国時代~安土桃山時代~江戸時代の武将で土佐藩の初代藩主になった。
文学館 山之内一豊 高知城の大手門

天守と大手門が、同時に望めるのは珍しいそうだ。
天守と大手門

重文の大手門をくぐると、左手の登城階段付近に、だれだかの銅像がみえた。板垣退助は、自由民権運動をした人、若い人は知ってられるだろうか100円札に使われてたこと。高知城に降った雨を排出するための石樋。
重文の大手門 板垣退助 石樋

石段をあがると右手に、司馬遼太郎「功名が辻」で有名になった千代さんと、へそくりで買った愛馬の銅像があった。鉄門跡の石段を上がると、家老さんなどが二階に詰めてた 重文 の詰門
千代さんと 鉄門跡の石段 重文 詰門

薄暗い詰門をくぐると、明るい光とともに満開のしだれ梅が目にとび込んできた、年配(70~代?)の女子さん数人が高そうな一眼カメラでお子さんを撮られてるのと。
薄暗い詰門 満開のしだれ梅 一眼カメラでお子さんを

梅の段は五分咲きだった。
P1060627.jpg

鐘楼のある 重文 黒鉄門東南矢狭間塀の坂を上がり本丸の 重文 天守内に入る。
鐘楼 重文 黒鉄門東南矢狭間塀 重文 天守内

本丸御殿の上段の間にある、武者隠しが印象に残った、面白い展示物など見ながら天守最上部に上がる。
上段の間 武者隠しが 展示物

天守からの眺め 北     東       西
北 東 西

登城してきた大手門方向
大手門方向

上の写真で写ってた鯱を近くで
鯱

二の丸からの詰門と天守、三の丸にあった石垣説明と天守
二の丸からの詰門と天守 石垣説明 三の丸

ありがとう、12ある現存天守の一つ 重文 高知城
現存天守 重文 高知城

残るは宇和島と、あぁ遠いな松本、弘前。 汗

カテゴリーの城に入れます、城に興味のある方ない方みてください。

テーマ : 国内旅行
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

非公開コメント

No title

こんばんは。
しろさん宅は お花や木が一杯ですね。
そうだ。モミジにはお花が咲くんですよね。
今年のお中元は東北の物を贈ろうと思っています。

高知城。
大昔に行った事があると思いますが
あまり覚えてないです。

城壁?石垣?
とっても高い気がするんですが・・・

鯱が見事ですね。
細工が細かいですね・・・

歴史へのいざない

前回、コメントを書き込ませていただきました時、次回お城が登場しましたら、お城にまつわる本をご紹介したい旨、お伝えいたしましたのに、こ~んなに遅くなってしまい、大嘘つきで本当に申し訳ありません。

その本は(しろさんは、もうご存知でいらっしゃるかもしれませんが)、坂東三津五郎著「三津五郎城めぐり」(三月書房)です。
三津五郎さんは、城好きでも有名な歌舞伎役者です。本の中では、天守閣が現存する12城と、城下町や遺構などに昔日の息吹が感じられる江戸城や熊本城、金沢城など12城が、多くの写真を使って紹介されています。

例えば、松山城では、「乾門をくぐり、坂を下ったひとつ目の角で振り返って見上げる城の姿が一番美しい」と、三津五郎さんは書いています。

そして、「現存する十二天守のうち、もし一つ譲り受けることができるとしたら、僕は丸岡城を選ぶ」と述べています。
しろさんでしたら、どの天守を選ばれますでしょうか。

上沼恵美子さんではないので、いまどき天守をもらっても困っちゃいますけど(笑)。ちなみに、上沼さんは、大阪城は自分のものだ、と言っていました。

しろさんの感性が優れていらっしゃるのは、高知城の写真を拝見しても、よくわかります。
「しろさんは、しろさん。三津五郎さんは、三津五郎さん」なのですが、他の方がどんな視点を持って城を見ているか、興味深いかもしれません。
図書館にいらっしゃる機会でもありましたら、手にとって眺めていただけたら、と思います(すみません、決して強制ではありませんので・・)。

こんばんは。

高知城へは遠足や梅見、桜見物などに行きましたが何も知らなくて、
しろさんに色々教えていただいて勉強になりました。
丁度、梅の頃だったのですね、
小さなお城なのに、素敵に写真を撮っていただいてありがとうございます。
次の宇和島のお城は行ったことがありませんので楽しみにしています。

しろさん おはようございます。

いろんな花がいっぱいあるんですね。
紅葉に花が咲きましたか~

最初紅葉に花が咲いているのをみたときは感動しました。
ツルキキョウうちにもあります。

こちらではツルニチニチソウといいます。

こんにちは

まだ 今回は 早かったですから ましな方かも
一週間以上 ログインできないし
すべて消えた人たちもいましたし
ある程度は 回復されたみたいですけどね
わたしも 記事消えたし 編集しなおした記事がアップされてるし
もう 泣くしかない(笑)
しろさんは 記事とか写真が多いから
どっと 疲れたのでは(^▽^;

No title

しろさん

知らない野菜でも料理長の腕に掛かれば、あっと言う間に
食卓に並ぶのは凄いですね!
春らしい花がそれぞれ撮られてますね、写真を見ると「シロちゃんを捜せ」とタイトルを付けてもよさそうな感じです(笑)。

高知城、平野部に築いてあるようですね。
石垣には雨樋の役目をも考えてあるわけですね、
板垣さんは100円札でしたか、500円札は誰だったでしたかね。
枝垂れ梅が綺麗ですね。

No title

こんにちは。

今日もしろ亭のお花としろちゃん、ありがとうございます。
もみじの若芽がかわいいですね。

高知城、たぶん行っていますが、これまた覚えていません・・・。(汗)
登城してきた大手門方向の写真、屋根が龍の背のように続いていますが、廊下なのでしょうか。見事ですね。

松本はまぁがんばればなんとか行けそうですが、弘前は車では無理かな?でもきっと行かれるのだろうなぁ。楽しみにしています。

こんにちは

しろさんのお庭、植物の数がとっても多いですね。
小さな公園なんて負けそう。
季節ごとの、花便り、楽しみです。

高知城、立派なお城ですね。
天守からの眺めもすばらしい。

そういえば100円札、子供の頃にありました。
いつ頃まであったんでしょうか。懐かしいですね。
それに500円札も。
そのうち1000円硬貨なんてのも出来るのかしら。

こんばんは。

四季の花々が、たくさんあってイイですね。。
シロさんも幸せですよ v-237

No title

   はーと さん

> こんばんは。
しろさん宅は お花や木が一杯ですね。
そうだ。モミジにはお花が咲くんですよね。
今年のお中元は東北の物を贈ろうと思っています。

花壇の花が少ないので、低いところがさびしいかなです、
モミジの花は、とても小さいし目立たないので見逃しやすいですね、
よく見ると変わった花弁でおもしろいです。
お中元には東北の物は、いいアイデアですね、
自分も何かいいものあるか探してみよう、チョッとでも応援になりますね。

> 高知城。
大昔に行った事があると思いますが
あまり覚えてないです。
城壁?石垣?
とっても高い気がするんですが・・・
鯱が見事ですね。
細工が細かいですね・・・

大昔のことは、どうしても忘れてしまいますよね、
自分んもそうなので安心しました。
鯱は鋳物のような雰囲気、とても重みを感じました、
石垣は高かった、それだけ坂を上がる分しんどかったです、
いい運動になりました 笑

歴史へのいざない

        カノンさん

> 前回、コメントを書き込ませていただきました時、次回お城が登場しましたら、お城にまつわる本をご紹介したい旨、お伝えいたしましたのに、こ~んなに遅くなってしまい、大嘘つきで本当に申し訳ありません。

いえいえお忙しいと思ってました、年度末で青色申告等できりきりまいをされてたことでしょう、
お疲れ様でした。コメントありがとうございます。

> その本は(しろさんは、もうご存知でいらっしゃるかもしれませんが)、坂東三津五郎著「三津五郎城めぐり」(三月書房)です。
三津五郎さんは、城好きでも有名な歌舞伎役者です。本の中では、天守閣が現存する12城と、城下町や遺構などに昔日の息吹が感じられる江戸城や熊本城、金沢城など12城が、多くの写真を使って紹介されています。

三津五郎さんはドラマ主演をされたことがありますね、やさしい雰囲気の方で、好きなタイプの役者さんです。今は本業に専念されてるのでしょうね、本は知らなかったです、

> 例えば、松山城では、「乾門をくぐり、坂を下ったひとつ目の角で振り返って見上げる城の姿が一番美しい」と、三津五郎さんは書いています。
そして、「現存する十二天守のうち、もし一つ譲り受けることができるとしたら、僕は丸岡城を選ぶ」と述べています。
しろさんでしたら、どの天守を選ばれますでしょうか。

行ったことのない弘前、松本は別にして、年代とともに選ぶ天守が違うとおもうな、若いときでしたら、もちろん姫路城です、今は、住むところはワンルームでさえあれば 笑
そうですね、登城しやすく気候よく、地震が起きても崩れにくそうだった宇和島ですか、
それに、宇和島城天守にはいるの9時からだったのですが、8時すぎに行き天守前でぶらぶらしてたら、係の人が出勤してきて時間を待たさずすぐに入れてくださいました、これだけでも決めたいです。

> 上沼恵美子さんではないので、いまどき天守をもらっても困っちゃいますけど(笑)。ちなみに、上沼さんは、大阪城は自分のものだ、と言っていました。

そういう厚かましい人は以前はいやだなって思うところがありましたが、今はいいなって思うように、
おおらかさがうらやましいです、おもしろい方ですね。

> しろさんの感性が優れていらっしゃるのは、高知城の写真を拝見しても、よくわかります。
「しろさんは、しろさん。三津五郎さんは、三津五郎さん」なのですが、他の方がどんな視点を持って城を見ているか、興味深いかもしれません。
図書館にいらっしゃる機会でもありましたら、手にとって眺めていただけたら、と思います(すみません、決して強制ではありませんので・・)。

カノンさんに褒められるとなんでもうれしいです、
いい役者さんの城をみる視点は、するどくおもしろい切り口があるでしょうね、「昔日の息吹が感じられる」城下町の写真などみてみたい、興味がわきました、それにカノンさんの深い知識に少しでも近づきたいし、、これから何時かいくであろう、ひろさき、まつもとの見かたの参考にもなるし、買ってみることにします。ありがとうございました。

こんばんは。

        つままま さん

> 高知城へは遠足や梅見、桜見物などに行きましたが何も知らなくて、
しろさんに色々教えていただいて勉強になりました。

記事にしようとすると、調べて分かったことだけ簡単に 汗
梅見、桜見に最適、お近くに住んでられいいですね、うらやましいです。

> 丁度、梅の頃だったのですね、
小さなお城なのに、素敵に写真を撮っていただいてありがとうございます。
次の宇和島のお城は行ったことがありませんので楽しみにしています。

つままま さんのお庭の写真をたくさん撮らせていただきました、
楽しんでいただけたよううれしいところです、
宇和島城はもう5つあとぐらいの記事になると思います、よろしくお願いします。

しろさん おはようございます。

紅葉さん

> いろんな花がいっぱいあるんですね。
紅葉に花が咲きましたか~
最初紅葉に花が咲いているのをみたときは感動しました。
ツルキキョウうちにもあります。
こちらではツルニチニチソウといいます。

いろんな花が今が盛りと次々に咲いてきてくれてます。
紅葉に花は見逃しやすいですね、
あっこれがって感動ものです、
ツルキキョウの呼び名が別にあるとは知りませんでした、
凛としたすがすがしい色していますよね。

こんにちは

        みかん さん

> まだ 今回は 早かったですから ましな方かも
一週間以上 ログインできないし
すべて消えた人たちもいましたし
ある程度は 回復されたみたいですけどね
わたしも 記事消えたし 編集しなおした記事がアップされてるし
もう 泣くしかない(笑)
しろさんは 記事とか写真が多いから
どっと 疲れたのでは(^▽^;

みなさんもあったのですか、大変でしたね
すべて消えた人は笑えない、つらいことですね。
よく自分でミスりは、がっかり、今回はがっくり、どっとでした 笑
消えた記事と同じ記事が書けないもんですね。

No title

       カブ太郎さん

> しろさん
知らない野菜でも料理長の腕に掛かれば、あっと言う間に
食卓に並ぶのは凄いですね!

味噌汁にぶち込みました、考えなくて楽ですね、笑

> 春らしい花がそれぞれ撮られてますね、写真を見ると「シロちゃんを捜せ」とタイトルを付けてもよさそうな感じです(笑)。

そうですね、いいタイトルありがとうございます、椿では見つけていただいたでしょうか?笑

> 高知城、平野部に築いてあるようですね。
石垣には雨樋の役目をも考えてあるわけですね、

高知城は、平野の中にある平山城でした、石樋は、石垣に雨水が直接かからないように工夫したよう、高知城ならではだそうです、おもしろいですね、

> 板垣さんは100円札でしたか、500円札は誰だったでしたかね。
枝垂れ梅が綺麗ですね。

城と枝垂れ梅は合うもんですね、情緒をましてました。
500円札は岩倉具視さんでした、もう記憶のかなたになりましたね。

No title

    ゆんこ さん

> こんにちは。
今日もしろ亭のお花としろちゃん、ありがとうございます。
もみじの若芽がかわいいですね。

またまたいつもどおり佇んでいてくれてます、気ままな猫、困ってるかも 笑
もみじの若芽もいいもんですね。

> 高知城、たぶん行っていますが、これまた覚えていません・・・。(汗)
登城してきた大手門方向の写真、屋根が龍の背のように続いていますが、廊下なのでしょうか。見事ですね。

写真が小さくわかりつらいですね、これは天守西北矢狭間の塀や天守東南矢狭間塀で、これまた重要文化財になってます、みごとですね。

> 松本はまぁがんばればなんとか行けそうですが、弘前は車では無理かな?でもきっと行かれるのだろうなぁ。楽しみにしています。

弘前は、ほんと遠いですね、でも地震が落ち着いた頃にはきっと行きたいな、そのためには体を整いてなければだめですよね !

こんにちは

       まりんママさん

> しろさんのお庭、植物の数がとっても多いですね。
小さな公園なんて負けそう。
季節ごとの、花便り、楽しみです。

キチッとした花は少ないですが、山野草が多く季節感は味あわせてくれます、
ありがたいですよ

> 高知城、立派なお城ですね。
天守からの眺めもすばらしい。

なかなかのお城でした、
天守からながめると、チョッとだけ殿様気分 笑

> そういえば100円札、子供の頃にありました。
いつ頃まであったんでしょうか。懐かしいですね。
それに500円札も。

使った記憶はあるのですがね、
500円岩倉具視さん、ましては
万札は縁がなったな

> そのうち1000円硬貨なんてのも出来るのかしら。

インフレになってるでしょうか、小銭がじゃらじゃらポケットが重たそう 笑

こんばんは。

   ボス。さん

外の世界を知らないから、そう思ってくれてるでしょうか
幸せだと、いいな

No title

UPしていた記事が消えるなんて…
どっと疲れますよね…(ToT)
わかります。。。。
PCを使い始めて間がない頃…
何時間も掛けて描いた図面、一瞬で消えた時の気持ち。。
今でも鮮明に思い出せます(笑)

チコリって初めて見ました♪名前すら初めてです!
苦いのですね!
ん~~ねぎの苦味なら大丈夫(^^)v
ミョウガは無理… どの辺でしょう?(笑)

満開の菊桃、素敵ですぅ~~(^_-)-☆

No title

いつ見ても、しろさんのお庭はいろとりどり、いいですねぇ。

高知城、四国に行った時、朝、ちょっと散歩したことがあります。
もっとよく見る時間があればいいのだけど、安パックツアーではなかなか、、、。^m^

No title

母さんが、放射能が怖くて放射線治療が出来るか、もう遅いわ、福島の野菜なんでも喰ってやる、と言っております。

No title

ちぇりぃ~☆ さん

> UPしていた記事が消えるなんて…
どっと疲れますよね…(ToT)
わかります。。。。
PCを使い始めて間がない頃…
何時間も掛けて描いた図面、一瞬で消えた時の気持ち。。
今でも鮮明に思い出せます(笑)

自分のミスで時々して慣れてるところもありますが、やっぱしがっくりとします、
書き直し自分は同じ文章にならないです、おかしいなぁ。
お仕事の図面では、ガクッとよりショックですよね、大変でしたね。

> チコリって初めて見ました♪名前すら初めてです!
苦いのですね!
ん~~ねぎの苦味なら大丈夫(^^)v
ミョウガは無理… どの辺でしょう?(笑)

形が白菜のネギ味でした。笑
わりと美味しいです、また買おうと思ってますが一度きり
評判がわるかったのかな

> 満開の菊桃、素敵ですぅ~~(^_-)-☆

庭の一角がピンクに染まってます、またUPしますね、よろしく。!

Re: No title

    はーにゃ さん

> いつ見ても、しろさんのお庭はいろとりどり、いいですねぇ。

今が春が盛りと咲き誇ってます、北海道に開花前線が早く届くといいな!

> 高知城、四国に行った時、朝、ちょっと散歩したことがあります。
もっとよく見る時間があればいいのだけど、安パックツアーではなかなか、、、。^m^

石手寺に続き、はーにゃさんのいかれたところに初めていきました、
次の同じところは桂浜かな、パックツアーで必ずいくところですよね。

No title

    あんぱん父さん さん

> 母さんが、放射能が怖くて放射線治療が出来るか、もう遅いわ、福島の野菜なんでも喰ってやる、と言っております。

ある一定度内だったら身体には好いといってる専門家もいるそうですが
コントロールができない放射能は怖い、
早く収束してくれ !

No title

しろさん
チコリ・・・知らなかったです。
検索したら
体にすごくよさそうですね。

お庭や畑の広さを感心しながら
季節の花や木が沢山あり素敵だなぁと
少しでも風流をまねて
枝垂れ桜と、花水木かシデこぶしを植えて貰おうと
注文しましたアハハ(*^▽^*)

何年か後には咲くかも・・・・

遠い未来のお話でした(^^;;

No title

     るいはは さん

> しろさん
チコリ・・・知らなかったです。
検索したら
体にすごくよさそうですね。

自分も知らなかったです、身体によさそう
安かったしまた買いたいのですが、あれ以来売ってません、
試供品で安かったのかな、高級品らしいですね。

> お庭や畑の広さを感心しながら
季節の花や木が沢山あり素敵だなぁと
少しでも風流をまねて
枝垂れ桜と、花水木かシデこぶしを植えて貰おうと
注文しましたアハハ(*^▽^*)

地面の花もいいものですが、木の花も季節感がたっぷりといいものですね、

> 何年か後には咲くかも・・・・
遠い未来のお話でした(^^;;

それだけ咲いたときの喜びは大きくなることでしょう
庭での花見みもまた良いもんですね。!
検索フォーム
プロフィール

しろ

Author:しろ
70歳 
凡そ40数年前 X1になった 男子
なりゆきで、
白い猫(ノラシロ)を飼うことに、、
原発三個、経験の
”重複癌”患者でした。
今のところ サバイバー・・・

ノラシロ逝ったので
ノラシロと重複ガン から
ブログタイトル、変更しました。
引き続き よろしくお願いします。
しろの、
ボケ防止は、ブログに写真

最新記事
カレンダー
08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
FC2カウンター
最新コメント
カテゴリ
リンク
月別アーカイブ