FC2ブログ

有意義な一日

30日は積極的精神で生きるの、のっぽ187先生と、広島県の、尾道や生口島の平山郁夫美術館に、ご一緒させていただき、とても、楽しく 有意義な一日 をすごさせていただきました。
のっぽ187先生 平岩郁夫美術館 のっぽ187先生
平山郁夫美術館    と、白いマンジュシャゲ
生口島の平岩郁夫美術館
ありがとうございました。
小雨の、しまなみ海道風景も、好いものです、また記事にさせていただきたいと思います。
よろしくお願いします。

シロにお願いして、ビタミン大根の若芽を間引いてもらった。
1001シロにお願いして 1001ビタミン大根 1001間引いてもらった

昼御飯は、間引き菜、ギンナン、チリメン、たらこのパスタ
生若芽、2~3枚、上に飾りつけすればよかったな~
1001間引き菜、ギンナン、チリメン、たらこのパスタ

ーーーーーーー
国宝 投入堂、愛染堂

三徳山三仏寺(さんぶつじ)の続きです。
前記の根っこを持ちあがった所に、修験道者さんがいて、「あまいな~」と、笑ってるように見えました。
土は柔かく滑りやすく足元を確認しながら一歩ずつ、降りてくる人がいたら、待たなくては登れません。
、「あまいな~」 一歩ずつ 待たなくては

十一面観音堂横を登り、一息つき、上の方を見上げると、更に、 カズラ坂、登山に来た訳でないのに半端ではなかった。
十一面観音堂横 上の方 見上げると

70歳過ぎ80歳前後の団体の人たち見かけたが、どう対処されたのだろう?、スゴイ
見下ろしたところ
P1000849.jpg

桃山時代の建立だという、重文 文殊堂が見えてきた、足元の不安定な、この坂も登るのですよ。きついと聞いてたクサリ坂、少し拍子抜け、そうは言っても危ない所、一緒に登ることになった若者も心配そうに見上げてる。ここだけ一方通行になっていた。
重文 文殊堂 クサリ坂 危ない所

↑クサリ坂の左側、降りるときの写真。下りる時の一方通行こちら側も危険でした、チェック柄の人、滑ると勢いで下まで落ちますよ。転落死された場所があるから一方通行になったと思われる。
降りるときの写真 勢いで下まで 転落死された場所

文殊堂の縁側です、外側に下がる少し斜が入ってます。若者は。はーにゃさんも挑戦されるだろうな~、自分は怖くて、とてもとても。
少し斜 若者は 文殊堂の縁側

文殊堂より
文殊堂より

文殊堂を後に、ここもとても危険でした、岩の突端 牛の背 を歩きます。下りの一方通行を降りられる人たち。草鞋は不安定な気もするけど。
岩の突端 下りの一方通行 草鞋

重文 地蔵堂 室町時代末期の建立だとか、
重文 地蔵堂 地蔵堂よりの風景 地蔵堂よりの風景<br />

若者のシルエット
若者のシルエット

鐘楼が見えてきた、馬の背を行くと
鐘楼 鐘楼 馬の背を行くと

重文 納経堂 鎌倉時代 、観音堂 江戸初期、が見えてきた。
重文 納経堂 鎌倉時代 、観音堂  重文 納経堂 観音堂

観音堂の裏を行くと、元結掛堂 江戸初期。振り返って通った山道。岩肌を周ると、
観音堂の裏を行くと 元結掛堂 振り返って通った山道

国宝 投入堂、愛染堂
国宝 投入堂、愛染堂

国宝 投入堂   国宝 愛染堂
国宝 投入堂 国宝 愛染堂 ?

上がるときと同様に、注意下り、清流で手を洗い、修験道門を出。お疲れさまでした、どくだみ茶。
時間記入で確認すると、往復、約2時間でした。
清流で手を洗い 修験道門 お疲れさまでした、どくだみ茶

国宝 投入堂
国宝 投入堂
日本一、危険な処にある 国宝 だと思います。

テーマ : 病気と付き合いながらの生活
ジャンル : 心と身体

コメントの投稿

非公開コメント

写真が綺麗です

デジイチで撮影されたのでは?
透明感があります

No title

すばらしいところですね。
お疲れ様でした。
昔はこういうところで修行したんでしょうね。

写真も素敵です。特に文殊堂からの眺め、苦労して此処まで上ってきた人しか味わえない眺めですね。

No title

シロちゃん ちゃんとお手伝いしたのね。
偉い 偉い!!

日本一 危険な処にある 国宝・・・
桃山時代の 建立ですか?

当時 どうやって建てたんでしょうね。
今まで見た中で 最高だと思います。

草履は 穿きなれていない人には
かえって危険な気がします。
スニーカーでもきつそうです。

私には到底無理だなと思いましたぁ。

No title

こんばんは♪

写真や文章を拝見しているだけでも、ハラハラドキドキでした。
こんな霊験あらたかなところにお参りに来られて転落死・・・間違いなく天国に運ばれたことでしょう。

この投入堂へはさすがに行けないのでしょうね。

縁側には柵もないし、はーにゃさん、気をつけてね・・・。

No title

シロちゃんはいつもきっちりお手伝いできてすごいね。
うちの新人ひめは破壊の手伝いばかりで困るわ。。。( ̄Д ̄;;

急な斜面を登ったり降りたりと結構体力要りますね。
今年の夏に斜面を少し登ったら域が切れましたので
今の自分では絶対無理ですヽ(  ̄д ̄;)ノ オテアゲー!
体力だけ昔に戻りたいです・・・

写真が綺麗です

あおぞら 39さん

> デジイチで撮影されたのでは?
透明感があります

 文殊堂からデジイチを取り出しました、
最後の写真、縦長はデジカメで、やわらかさがないような、

トルコ旅行が近づきましたね、準備は整いましたか~、

: No title

      まりんママ さん

> すばらしいところですね。
お疲れ様でした。
昔はこういうところで修行したんでしょうね。

コメントありがとうございます、
これからもよろしくおねがいします。
緊張感を求められ、修行されたことでしょう、
俗世間と、離れられますよね。

> 写真も素敵です。特に文殊堂からの眺め、苦労して此処まで上ってきた人しか味わえない眺めですね。

ありがとうございます。
よく思い出に残る場所になりました、話題にももってこいですね、
カズラ坂、手の汚れがなければ、また行きたいのですが、
拙です、汗

No title

しろさん

新たなメンバーですか?シロいマンジュシャゲってのは(笑)
おお!しろさん、シロちゃんは馬や牛ではないのですから
畑の耕しとか農作用の動物には向きませんぜ!(笑)
でも、サマになってる 凄い。

70代や80代の方も登り降りをされるのですか~お強いですね!降りるのも見てるだけで怖い所ですね。

いや~どれも切り立った崖の壁にあったりして、それなりに理由があるのでしょうね。

No title

      はーとさん

> シロちゃん ちゃんとお手伝いしたのね。
偉い 偉い!!

笑、穴を掘る場所を探してたようです、

> 日本一 危険な処にある 国宝・・・
桃山時代の 建立ですか?

平安後期の建立だそうですよ、

> 当時 どうやって建てたんでしょうね。
今まで見た中で 最高だと思います。

建物を投げて入れたように見えるから投入堂と言われてるみたい
建て方は未だに良く分かってないらしいです。

> 草履は 穿きなれていない人には
かえって危険な気がします。
スニーカーでもきつそうです。

足の親指間が痛くなりそう、かかともずれるだろうしと思いました、
深い切り込みのある靴底が最適のみたいです。

> 私には到底無理だなと思いましたぁ。

心臓のご負担が多く思われるので、ご無理かもしれませんね。
駐車場ちかくに、遠く投入堂が拝める、投入堂遥拝所があります、
近くに湯治に適した三朝温泉もありますし、いかがですか。。。

No title

      ゆんこ さん

> こんばんは♪
写真や文章を拝見しているだけでも、ハラハラドキドキでした。
こんな霊験あらたかなところにお参りに来られて転落死・・・間違いなく天国に運ばれたことでしょう。

けっこうと言うより、素人には大変なところでした。
修行のためとは云え、厳しい現実が起きるものですね、
天国にお運ばれにならないと、信じるものがなくなると思いなす。

> この投入堂へはさすがに行けないのでしょうね。

完璧な登山用具が必要でしょうねぇ~
修繕など、どうされてるのでしょう

> 縁側には柵もないし、はーにゃさん、気をつけてね・・・。

ひゃっ~って声が聞こえてきそうです。
意外と
ジェットコースターなどが好きな方だったりして?

No title

    るいははさん

> シロちゃんはいつもきっちりお手伝いできてすごいね。
うちの新人ひめは破壊の手伝いばかりで困るわ。。。( ̄Д ̄;;

 一緒ですよー
ワンコさんは芸を憶えることができますが、
ニャンコはとうてい無理みたい、笑

> 急な斜面を登ったり降りたりと結構体力要りますね。
今年の夏に斜面を少し登ったら域が切れましたので

自分も息がきれきれでした、
休憩しながらですよ、

> 今の自分では絶対無理ですヽ(  ̄д ̄;)ノ オテアゲー!
体力だけ昔に戻りたいです・・・

毎日のワンコさん達とのお散歩で、けっこう脚力は付いてられますよ、
大丈夫だとおもいます。

No title

     カブ太郎さん

> しろさん
新たなメンバーですか?シロいマンジュシャゲってのは(笑)

そうそう、シロは連れて行けなくて、違うか 笑

> おお!しろさん、シロちゃんは馬や牛ではないのですから
畑の耕しとか農作用の動物には向きませんぜ!(笑)
でも、サマになってる 凄い。

絶対に無理ですね、気まま、そのものです。
写真何枚撮ることか

> 70代や80代の方も登り降りをされるのですか~お強いですね!降りるのも見てるだけで怖い所ですね。

やはり、毎日のウォーキングされてる方達でしょうねぇ~。
大丈夫でしょうと思いながら、
ついつい見守っていました

> いや~どれも切り立った崖の壁にあったりして、それなりに理由があるのでしょうね。

なんでも、標高899,9mの三徳山の難所山頂からハスの花弁を散らし落ち付いたところに、お堂を建てたとか、そんなことしなくて良いと思うのですが、凡人だからかなぁ

具だくさんスパ

おいしそうです、バランスもよく
何十年も主婦している私より 立派 ∑ヾ( ̄0 ̄;ノ
もう ギンナン 食べられるんですね
この辺も ぼちぼち 収穫時期になってます、
また くさい臭いが漂ってくるかな。
国宝も 見に行くの大変でしたね☆

具だくさんスパ

     みかんさん

> おいしそうです、バランスもよく
何十年も主婦している私より 立派 ∑ヾ( ̄0 ̄;ノ

主婦さんには、敵わないですう
塩分は、タラコとチリメン だけ にしました。

> もう ギンナン 食べられるんですね
この辺も ぼちぼち 収穫時期になってます、
また くさい臭いが漂ってくるかな。

ギンナンは去年、冷凍してたの、ひっぱりだしました 汗
神社のイチョウに実がなってたのを見ておもいだし。 笑

> 国宝も 見に行くの大変でしたね☆

苦労したかいがありました、見事でしたよー!

No title

おこんばんは~。

いやはや、ものすごいところだに。
こりゃあ、さすがのはーにゃさんも遠慮するだに。
ジェットコースターも苦手だに。^m^
ギャ~ッ!って絶叫しながら「もう絶対乗らないッ」って誓っただに。

しろさん、すばらしいパワーですね。
気力体力、充実ですね。
のっぽ先生とも美術館など行かれ、良かったですね。

気の合う方との出逢いは嬉しいものですねぇ。(^O^)

No title

はーにゃさん

> おこんばんは~。
いやはや、ものすごいところだに。
こりゃあ、さすがのはーにゃさんも遠慮するだに。

恐る恐る縁側のいけるところまで行きました、
そういう所で見るのも、また好いものですよ 笑

> ジェットコースターも苦手だに。^m^
ギャ~ッ!って絶叫しながら「もう絶対乗らないッ」って誓っただに。

絶叫マシンに弱くても、
強い、母親像が目に浮かびます。

ジェットコースターなんて、乗る人の気が知れません 笑

> しろさん、すばらしいパワーですね。
気力体力、充実ですね。

前屈みがないので、そうは苦になりませんでした。
出来る時にしたいと思ってます、旅行って気晴らしに最高!

> のっぽ先生とも美術館など行かれ、良かったですね。
気の合う方との出逢いは嬉しいものですねぇ。(^O^)

抗がん剤を一休みして、来ていただきました、
気晴らしになられたようで、また自分も楽しませていただき
大変、嬉しかったです。
また、いつかご一緒させていただくことを、約束してくださいました。

No title

わたくし、意志薄弱にして目標高し・・・

・・・・・・・実行あるのみ、ですね !

No title

     あんぱん父さん さん

> わたくし、意志薄弱にして目標高し・・・
・・・・・・・実行あるのみ、ですね !

値上げも、後押し してくれるのでわぁーーー

めまい

若者のシルエットの写真を見る限り
高所恐怖症の私には絶対無理・・・
きっとめまいと吐き気に襲われるでしょう。(@Д@)

投入堂にまで行き掃除の手伝い等する。
というTV番組を昔見ましたが、行くのもほんと命がけの所ですね・・・

めまい

hana* さん

> 若者のシルエットの写真を見る限り
高所恐怖症の私には絶対無理・・・
きっとめまいと吐き気に襲われるでしょう。(@Д@)

縁の先が下がっているので」、身体はお堂に摺り寄せ、足は踏ん張る形になりますね、
こわいです。危ないことはしないほうが無難ですよね。

> 投入堂にまで行き掃除の手伝い等する。
というTV番組を昔見ましたが、行くのもほんと命がけの所ですね・・・

掃除をするとなると、それこそ危険な場所になりますね、
そういえば自分が見た限りでは、ゴミがなかった、
影でとても危険な作業されてるのだな
それにしても、世の中罰当たりなことをするのがいるのか、怒
検索フォーム
プロフィール

しろ

Author:しろ
69歳 
凡そ40数年前 X1になった 男子
なりゆきで、
白い猫(ノラシロ)を飼うことに、、
原発三個、経験の
”重複癌”患者でした。
今のところ サバイバー・・・

ノラシロ逝ったので
ノラシロと重複ガン から
ブログタイトル、変更しました。
引き続き よろしくお願いします。
しろの、
ボケ防止は、ブログに写真

最新記事
カレンダー
04 | 2020/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
FC2カウンター
最新コメント
カテゴリ
リンク
月別アーカイブ