FC2ブログ

まだこんなに時間が

先日、母の命日だったこともあり妹が来てくれた。この春、初めて採った大まかに掃事した白菜や、今少ししか採れないがキヌサヤなど持って帰ってもらう。白菜は、おどろいただろうなぁ~、今日、二つめを採り掃事すると、何と葉を取るごとにナメクジがゾロゾロと20~30は居ただろうか、多分おなじだと思う。笑
半分ぐらいまで葉を取った。汗
0519 白菜や 0519 キヌサヤなど 0519 キヌサヤなど

今年も赤いシャクヤク

↑ マウスオン

白いシャクヤクが咲いた。
0519 027

ハナミズキの木で、何をしているのだろうか。

↑ マウスオン

橙、獅子柚子、キンカン、八朔など柑橘類はあるのだが花ははーと さんの言われるとおり皆、同じような花に見える 笑。ウグイスカグラの実が赤くなる、美味しそうだが、食べられないと思う。  オガタマの花が咲いた、これはシロと一緒に写せない場所にある。
0519柚子 0518ウグイスカグラ 0519オガタマ

ジャガイモの花が咲く、花が枯れしなると掘ってみることにしよう 笑
0519 ジャガイモの花

ーーーーーーーー

東北、信濃、京都 GW ①  

国宝 現存天守 松本城 2

どこの観光施設でもよくあることだが、松本城も靴を脱ぎナイロン袋に入れ持って見学することに。入ってすぐに前に追いつき数珠つなぎに 汗。中の写真は人が多くままならぬが、それでも何枚か載せる。小天守には周る順序にははいってなかったようだ。天守の床より低くなってる「武者走り」は他の城では見たことがなかった。昭和の修理まで付けられていたシャチホコと芯棒。
武者走り シャチホコ 芯棒

天守の破風に取り付けてあった、懸魚芯材。
懸魚芯材

石落しは何所の城よりも多いそうだ。突き上げ戸越しの月見櫓。最上階までは、まだこんなに時間が、汗。
石落しは 突き上げ戸 汗
今回の旅行は、ほとんどトイレで悩むことは無かった。

大天守3階、窓が無く「暗闇重」と言われ高さもなく普段は倉庫だったそう。上が尖がってる花頭窓。ぞろぞろ上がりやっと、天守閣の天井に祀ってある 守護神の二十六夜社。
大天守3階 花頭窓 二十六夜社

天守より小天守を見る、小天守向こうにある道を、後で気になる建物案内板あり行くことになる。小天守のシャチホコ。入った黒門方向を見ると、天守閣内に上がるための列が伸びてる 笑。
天守より小天守 シャチホコ 黒門方向

天守より松本市内。西になるのかな埋橋の方に見える山々にズーム、雪を冠した左から大滝山 槍ヶ岳? 常念岳 横樋岳。
天守より松本市内 埋橋 大滝山 槍ヶ岳?  常念岳  横樋岳
雪をいただいてる山々、写真を撮ってるときは山の名前など知らなかった。

見え難いが左奥、槍ヶ岳? と 常念岳
槍ヶ岳? と 常念岳<br />
多分あってると思う。槍ヶ岳に登られたゆんこ さんの行動力スゴイ !。

天守から降りるのはスムーズに、月見櫓から手をだし行列を撮る 笑
天守から降りるのは 月見櫓 行列を

天守からの出口。野面積みだと思う天守台。入城した、まだドンドンハイらられてる黒門入り口から一周しようと思った。
天守からの出口 野面積みだと思う天守台 黒門入り口

いい眺めになると思う場所は最後にしようと、左まわりで城を周り始めた。太鼓門からチョッと入り内部。
左まわりで 太鼓門 内部

二の丸御殿跡を見て、一周に、白鳥の足で泥がかき乱されてるのが分かる意外と浅い。
二の丸御殿跡 一周に 意外と浅い

天守からみた小天守越しの道のところに、関心を引く建物の案内板があり400メートルだったので行く気になった、歩いていく道にマンホール、模様が松本城でないのも意外だった、松本てまり、知らないなぁ~。
松本毬

松本城、編集が下手者なので長びきます、続きに 汗。

テーマ : 日記
ジャンル : 心と身体

検索フォーム
プロフィール

しろ

Author:しろ
69歳 
凡そ40数年前 X1になった 男子
なりゆきで、
白い猫(ノラシロ)を飼うことに、、
原発三個、経験の
”重複癌”患者でした。
今のところ サバイバー・・・

ノラシロ逝ったので
ノラシロと重複ガン から
ブログタイトル、変更しました。
引き続き よろしくお願いします。
しろの、
ボケ防止は、ブログに写真

最新記事
カレンダー
04 | 2011/05 | 06
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
FC2カウンター
最新コメント
カテゴリ
リンク
月別アーカイブ