FC2ブログ

ささやかな

今年も、毘沙門さんの掃事に行った。
朝8時に、サライをもって行くと、もう殆んど終わり、かたちだけの掃除をし、焚き火にあたる。
お神酒をを、なめる程度に注いでいただき、みんなで参拝祈願。
0306 毘沙門さん 0306 焚き火 0306 参拝祈願

酒を飲みながらの談笑が、始まるが、自分は、
ささやかな弁当と、みかんとジュースを、いただいて帰る。 笑
0306 ささやかな

ヒヨドリが食べたのだろう、小松菜の葉の部分が全滅 <=`ヘ´=>。裏畑で、ふきのとうが、ふろ庭でクリローが咲き始めていたのを見つける。
0306 小松菜の葉 0306 ふきのとう 0306クリロー

やっと咲いた クリスマスローズ  ふろ庭で
0303 022

スミレ と       横庭で
0306 061

ーーーーーーー

煙霧の日に ②   大山祇神社(おおやまづみじんじゃ)

今治からの帰り、しまなみ街道を、愛媛県大三島にある大山祇神社に行く為に、多々良大橋手前の、
多々良大

大三島インターチェンジで降り、道の駅「多々羅しまなみ公園」で、ひやかしと、昼食は瀬戸の海鮮丼(イクラは、なぜ?)。サメの干物は、初めて見た。
道の駅 P1050835.jpg サメの干物

水槽にいたコブ鯛は、コブを撫でさせてくれる 笑。けっこう可愛い。
コブ鯛


大山祇神社は、全国の山祇神社、三島神社の総本社で、山の神、海の神、戦いの神として、昔から朝廷や武将から尊崇を集めた神社だそうだ。
駐車場は、町営のや土産屋さんのが多数あるが、ほどほどに停まっている。
二の鳥居をくぐると、斎田がある。以前来たときは、工事中だった総門が完成していた。
二の鳥居 斎田 総門

総門をくぐっていくと、左に能因法師雨乞の楠(樹齢3000年)や右に伊藤博文が植樹した楠樹ある。
総門をくぐっていくと (樹齢3000年) 伊藤博文が植樹

神社の中央に、樹齢2600年という国の天然記念物「楠」の神木。
国の天然記念物「楠」の神木

参拝すれば、伊予の有名な神様へ参拝したことになる 重文 十七神社。石段を登り切り妻造りの 神門をくぐると拝殿が見える。
重文 十七神社 石段を登り 神門

重文 拝殿 で、健康祈願
重文 拝殿

回廊を横切りくぐっていくと、天然記念物 楠樹群から宝物館へ
回廊 楠樹群 宝物館

ここの宝物館は凄いです、以前2回ほど入館しましたが、今回は、シロの夕食のこともありパス、紹介だけに
国宝は
 禽獣葡萄鏡(斉明天皇御奉納)
 澤瀉威鎧(越智押領使好方奉納)
 赤絲威鎧・大袖付(源義経奉納)
 紺絲威鎧・兜・大袖付(河野通信奉納)
 紫綾威鎧・大袖付(源頼朝奉納)
 大太刀 銘 貞治五年丙午千手院長吉
 牡丹唐草文兵庫鎖太刀拵(護良親王奉納)
 大太刀 無銘 伝豊後友行(大森彦七所用)

    自分的には頼朝、義経さんお名前が目にひく。

重文は 
紺糸裾素懸威胴丸(太祝安用の女、鶴姫着用)
など他、多数あり
全国にある、国宝重文に指定されてる甲冑鎧の約4割がここにあり、とても見過ごすことのできない 宝物館だと思う。別の建物、海事博物館には、昭和天皇さんの海研究成果が多数展示してある。
宝物館入り口と裏からの出口。神体山・鷲ヶ頭山に別れ、瀬戸内に帰る。
宝物館入り口 裏からの出口 神体山・鷲ヶ頭山

テーマ : 日記
ジャンル : 心と身体

検索フォーム
プロフィール

しろ

Author:しろ
70歳 
凡そ40数年前 X1になった 男子
なりゆきで、
白い猫(ノラシロ)を飼うことに、、
原発三個、経験の
”重複癌”患者でした。
今のところ サバイバー・・・

ノラシロ逝ったので
ノラシロと重複ガン から
ブログタイトル、変更しました。
引き続き よろしくお願いします。
しろの、
ボケ防止は、ブログに写真

最新記事
カレンダー
02 | 2011/03 | 04
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
FC2カウンター
最新コメント
カテゴリ
リンク
月別アーカイブ