FC2ブログ

変り映えのない

畑隅にある八朔の下影にスイセンが咲いていた、寒い寒いなか、春が近づつあるのを、教えてくれてるのだろう。
スイセン

ポイント10倍クーポンで、食事を買う、これだけ買うと、たいてい500円券を貰える。
食事は一袋ずつ取り出し混ぜたのを、与える。大好きなアンコウの肝を売っていた、茄子と煮る、胃腸が弱いので油脂を控えると、変り映えのない、いつもの食事。月の傘が楕円形だった。
0121食事  0119アンコウの肝 0119 041

「餌をやる」と言ったら「食事」と猫好きの人に怒られたことがある 笑
0121 混ぜて

時々、庭で見かける、可愛い小鳥、検索するが名前が分からない。汗
0119 小鳥 0121 小鳥 0121 小鳥

ーーーーーー
神奈川の旅 ②   国宝 茶室如庵

犬山城から歩いて5分位だろうか、国宝 茶室如庵のある有楽苑 うらくえん に行った。有楽苑は信長の実弟、織田有楽斎が建てた茶室国宝茶室如庵があるところ、
正門前を通り、通用門に行くと、犬山焼きの茶碗を売っていて、犬山焼きは鮮やかな色彩していた。有楽苑の、なにげない路を歩く
正門 山焼きの P1030805.jpg

どのたてものか、清楚で上品な建物、落ち着く景を感じる。少し歩き岩栖門(いわすもん)をくぐると
清楚で上品な建物 落ち着く景 岩栖門

重文 旧正伝院書院は、有楽斎が京都建仁寺の塔頭正伝院に移り住んだ隠居所を移築してある。
重文 旧正伝院書院
なんら、今時のしゃれた和風平屋と変わりないと感じた。


国宝 如庵は織田有楽斎が考え1618年にたてた茶室。
如 庵

有楽苑の各、茶室は写真のような佇まいのなかにあった。
佇まい

弘庵は近代に建てられ、犬山焼の茶器で有楽風という和菓子を楽しめられるそう、何人も嗜まれていたようだが、自分には、入り辛い雰囲気があった。元庵に向かう
弘庵 何人も嗜まれたようだが 元庵

元庵は、有楽齋が大阪 天満に作ってた茶室を、古図に基づいて復元されている。
元庵は 元庵 元庵

わび さび の世界、自分は、よくわからないかな
わび さび

木曽川からのぞむ犬山城に別れた。期待の富士山、SA富士川で見れず 汗。SA海老名付近、渋滞 汗。
犬山城に別れた 見れず  渋滞

神奈川 続く

テーマ : 日記
ジャンル : 心と身体

検索フォーム
プロフィール

しろ

Author:しろ
69歳 
凡そ40数年前 X1になった 男子
なりゆきで、
白い猫(ノラシロ)を飼うことに、、
原発三個、経験の
”重複癌”患者でした。
今のところ サバイバー・・・

ノラシロ逝ったので
ノラシロと重複ガン から
ブログタイトル、変更しました。
引き続き よろしくお願いします。
しろの、
ボケ防止は、ブログに写真

最新記事
カレンダー
12 | 2011/01 | 02
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
FC2カウンター
最新コメント
カテゴリ
リンク
月別アーカイブ