効きそう

寒くなりました。ホカホカ陽気の昼間に、少し雲がでるとはだ寒く感じます。朝、シロに湯タンポを用意することにしたら、嬉しく待ち遠しいのか、布の上から動こうとしません、ジャマになるのですが、笑。右の方軒下に隙板でカバーしたところに設置すると、 
1029湯タンポ 1029 待ち遠しいのか 1029 軒下に隙板

ほぼ昼間は、此処でゴロゴロしています。
1029 019

獅子ゆず 皮がとても厚いですね、繊維がイッパイありそう、緑の皮のところにも、何かガンに 効きそう な栄養素がふんだんにありそう。
獅子ゆず

スポンジ部分を茹でてフードカッターで細かくし、砂糖、ブランデー入れ煮ました、小分けして冷凍に。ジャムにしました。
獅子ゆず 砂糖、ブランデー入れ煮ます ジャムにしました

「チョッと待ったにー!」
1022 011     「味は、どうにゃのー」
       ほろ苦ゆず味
       砂糖が少なめなので、
       美味しくないかも
       好みは、好き好き 笑

健康には、良さそう。

紅白のピラカンサス 、鮮やかなサンシュ、まだ青い万両と小さく可愛いヤブコウジの実。
1027 紅白のピラカンサス 1027サンシュ 1027青い万両と小さく可愛いヤブコウジ

今年も斑入りツワブキの花が咲き始めた。
1030 斑入りツワブキの花
ーーーーーーーー
瀬戸中央道 与島 SA
P1010550.jpg
                        10月7日
ーーーーーーーー
山口の旅  国宝 瑠璃光寺五重塔

サファリ2の続きになります。
瑠璃光寺の、駐車場らしい所へ車を止め、公園のなかを通り寺があるだろう方向へ歩く、露山堂という茶室があっった。長州13代藩主 毛利敬親が今の県庁近くに建てた茶室を移築したものだ。この茶室に木戸孝允 大村益次郎さんたちが頻繁に訪れ、討幕の計画をしたと案内板に書いてあった。露山堂の額は三条実朝の揮毫だそう。高い垣根で隔てられた、隣りの建物 沈流亭の案内板には、沈流亭で大久保利通、西郷隆盛、坂本龍馬等が長州で倒幕の密談をするためによく利用した町家離れだと書いてあった、ヘンチクリンな建物だ。旅行の一つの目的、国宝 瑠璃光寺五重塔を見に来たのだが意外なところで、幕末の歴史を勉強させていただいた。
茶室 露山堂 案内板

この変な建物で、日本の歴史が動いてた時があったのだな~。
ヘンチクリンな建物
記事を書いていて、ふと毛利敬親さんて、どんな人だろう思い調べてみた、懐の深い人だ、この人がいなかったら時代の変わりはずーっと遅れてたと思った。

木の合い間に、見たかった瑠璃光寺 国宝 五重塔が見えた、噂に違わなくキレイだと思った。大内弘世さんの銅像を見た、弘世さんは山口を、京都に倣った市街整備を行ったそうだ。五重塔の正面をみる。宝輪、風鐸に歴史を感じる。
木の合い間に 大内弘世 瑠璃光寺 国宝 五重塔 宝輪 風鐸

作家 司馬遼太郎さんが訪れ、ザビエルのことや、五重塔のことの印象を残してた。塔の一番上の屋根に、裏の木からムササビが飛んできて、桧皮葺に巣を作ったこと新聞記事にあったが、何処だか分からなかった。塔の案内板。
司馬遼太郎さん 桧皮葺に巣 案内板。<br />

国宝 瑠璃光寺 五重塔
国宝 瑠璃光寺 五重塔<br />

曹洞宗。山号は保寧山 瑠璃光寺山門前の、休み処で先客さんが美味しそうに、冷やし甘酒を飲まれていた、暑いし自分も注文、一口、うまい ウッ酒が強いぞ、運転ができなくなる、あきらめて、冷水に替えた。甘酒って、けっこうアルコールが強かったのだ。回廊越しにみえる五重塔、優しく見える。
曹洞宗。山号は保寧山 瑠璃光寺山門 冷やし甘酒 優しく見える

本堂に参拝祈願、記事にしていて気づいた、大本山に福井の永平寺がある、この前、北陸旅行で行ったばかりの寺だ、この時は、名前は聞いたことがあると思ってただけだったなぁ~!。保寧山瑠璃光寺には国の史跡毛利家墓地があるむかってると、遠くからパンパンと手を叩くような音がする。
大本山に福井の永平寺 国の史跡 遠くからパンパンと手

うぐいす張りの石畳、自分も手を叩いてみたが、笑。 家に帰ると家の庭から脱走していたと聞いてたシロが、ガレージ扉のところに来ていた。
うぐいす張りの石畳 うぐいす張りの石畳 脱走していたと聞いてたシロ

テーマ : 日記
ジャンル : 心と身体

東洋の

マチュ ピチュでの
マチュ・ピチュでの

マユミの実
マユミの実

                  10月7日 愛媛県 別子銅山跡

琴弾公園山頂より   同日
琴弾公園

テーマ : 国内旅行
ジャンル : 旅行

豊作みたい

国民年金機構から、郵便はがきがきていた。
この知らせは、もう国民年金を修める必要が無くなったことと、国民年金の納付状況を知らせる内容だった。
納付しなくて良いのは嬉しいが、チッと寂しい気もする。
はがきの中に、気になることが書いてあった。
国民年金を掛けてない期間があると、60才から任意加入ができるという箇所、
自分には、払ってた心算だったが、ある人がはいり掛けてない期間が1年半ほどある。それでその期間を一括納付すれば、年金を増えるかなと思い、手続きしようと思ったが、すでに繰り上げ支給の手続きは済んでいた。もう一括納付はできないということ。増えたとしても、納付と支給の差が僅かだし、まぁ良いか。汗。しかたがない。

春菊若芽を間引いた、前記事で買ったヒラタケ、干しブドウ、家で出来た、はつか大根、ひょうたん南京で
間引いた ヒラタケ、干しブドウ ひょうたん南京

昼御飯、南京 干しブドウ はつか大根のサラダ。春菊 ヒラタケ、沖アミのパスタに、はつか大根マヨネーズ味噌付け。
1025 020

美味しいのか にゃー
美味しいのか にゃー
寒くなったので、シロの寝床に犬猫用ホットカーペットを敷きました。

ネリネ。 季節はずれで咲きました、クレマチス
ネリネ ネリネ クレマチス<br />

写真はデジイチで写したのや、デジカメで写したのがゴチャ混ぜになってます。自分の腕、機材では、画面も小さいし、あまり変らない 汗
ラッキョウの花。猛暑だったのに 豊作みたい フェイジョア、獅子柚子、今年もジャムにしようかな。
ラッキョウの花 1026 豊作みたいフェイジョア 1026 獅子柚子

ーーーーーー
山口の旅   秋芳洞

秋芳洞前の、ズラ~っと並ぶお土産店の空き地で草で作る昆虫を、製作売りをされていた、けっこう高いな~って思った¥500。夏に行った涼しい鍾乳洞、マイペースで記事を更新していたら、寒くなっての記事になりました。汗。流れる水も冷たい、鍾乳洞の溝。
草で作る昆虫を 製作売りをされていた 流れる水も冷たい

入り口まえ200~300メートルから涼しい風が感じられました、入り口です。川の水は白っぽいコバルトブルーです、石灰を含んでるからでしょうか。
涼しい風 入り口です 入り口です

高感度の低いデジカメですが、フラッシュ無しで写しました。
見学できる約1キロの洞内にはいる
入り口を振り返ってみました、。中はすごく広く、寒く感じた。青天井、カメラでは写せてなかった。
入り口を振り返っ 中はすごく広く、寒く 青天井

中は、平日なのに、避暑にこられた観光客がたくさんおられた。いろんな形の鍾乳石があります。レンズに温度差で水滴が着いた、カメラには良くない環境ですね。
避暑にこられた ナンキン 水滴が着いた

百枚皿
百枚皿

外で汗をかいてのが冷たくなり、寒く感じる。上がりにはいると次々に面白い造形美、大松茸。
寒く感じる 上がりにはいると 大松茸

すぼ柿        ちりめん岩      千町田
すほ柿 ちりめん岩 千町田

千町田
千町田

天井の鍾乳石がよくみえるようになる。鍾乳石と石筍がくっついた大黒柱。空滝。
鍾乳石 大黒柱 空滝

     幽霊滝       岩屋観音      大仏岩
幽霊滝 岩屋観音 大仏岩

    黄金柱
黄金柱
   
 猿すべり  岩窟王  龍の抜け穴   頭がぶつかる処もあるようになりました。
猿すべり 岩窟王 龍の抜け穴<br /> 頭がぶつかる処

マリア観音像   石柱ができる前、1センチ、あと300~400年かかるそう。入り口付近にある、上にある洞、ちっと危険な場所、昔は上がりましたが、この度は先を急ぎました。
マリア観音像 石柱ができる前 ちっと危険な場所
ーーーーーー
暗い場所の写真ばかりでしたので、明るい写真も

10月15日
越前での風景
越前での風景

テーマ : 日記
ジャンル : 心と身体

こんなに、あるの

お誘いがあり、ひと月前に行き、爽やか←(ポチ)な気分を味わった、近くの農園に行った。
入ると、この価格、一般的なんだろう、知らなかった。案内所で、どう周るのが好いか道順を聞く。
ペチュニアの花たちを
この価格 ペチュニア ペチュニアの花たち<br />

ケイトウの花々を見ながら、
ケイトウ ケイトウ ケイトウ

園内を観回せる ケイトウの丘 ユリ園の展望台に上がる。
ケイトウの丘 ユリ園の展望台

白いラベンダーを見ながらコスモス畑へ、風になびくコスモスもまた好いものだ、
白いラベンダー コスモス畑 風になびくコスモス
ビニールハウスのユリ園に向かう

ーーーーー
場所 時間が変わって
10月15日、五箇所村でのコスモスと
五箇所村でのコスモス
白川郷でのコスモス、
何処が違うかって、場所かな~ 笑
白川郷でのコスモス
ーーーーーー
ラマンチャ。ユリ花も、もう終りかな、それでもユリの花はたくさん咲いていた、ほんの一部。カルーソ。
ラマンチャ ユリ花 ラマンチャ 

     ティアラ        マーロン      ココッサ
ティアラ P1020735.jpg ココッサ

世羅高原公園に行く、山向こうに先ほど行った、ケイトウの丘が見える。シャボン玉を不思議そうに、お利口パピヨンが見ていた。
世羅高原公園 シャボン玉 パピヨン

子供が涼しいのに、水煙の中で遊んでた。ワイナリーにいって産直でおかいもの、ヒラタケ、お土産に干しブドウなど、帰り原産国みると、チリ、南アフリカなどガッカリ、紛らわしいラベルを貼るな、てっきり世羅産と思ってた。笑
水煙の中 ワイナリー P1020780.jpg

カボチャの種類って こんなに あるの
カボチャの種類って

お昼は、みなさんそろって世羅ご膳、左上の菊のあんかけにピントを合わせてみました。
世羅ご膳
ーーーーーーー
山口の旅    秋吉台

サファリ2の続きです。
秋芳洞にむかっていると、とても素晴らしい風景が広がりました、地獄台です。
地獄台です 地獄台です 地獄台です

石灰岩の山はだは、趣がある。
石灰岩の山はだは

こんなくぼ地に、雨が降ると水が溢れ出るそうだ、帰り水。石灰岩の中には、サンゴの化石がはいってる。
帰り水 こんなくぼ地に 石灰岩の中には

来た道。緑、白い岩、空を見ながら何キロも走る。
来た道 緑 何キロも走る

展望台で カルスト台地を
カルスト台地を

カルスト台地を<br />

テーマ : 病気と付き合いながらの生活
ジャンル : 心と身体

子 ライオン

60才からもらえる
老齢基礎年金の繰上げ受給をすることにした。
自分の場合独身だし、75才以上いきたとしても、そんなに損はしないようだ。
繰上げ受給のデメリットの
 障害基礎年金を受けることができない(自分の場合、なったとしても差額が少し)
 寡婦年金の受給権を失う
 配偶者が死亡した時遺族厚生年金との併給はできない
も関係がないし。
それにしても、厚生年金を払ってた期間が280月くらいだと厚生年金報酬比例部分の金額が少ないな~ 汗
公的年金だけでは、生活が見込めなかった。
金利の高かった20年前に、終身個人年金2口入ってて良かったとつくづく思う。
切り崩し生活も卒業し、それなりに生活資金がはいるようになるだろう。
繰上げ受給は「薦められない」と言ってた金融Kさんも、個人年金にはいってるからと何とか納得し、手続きをしてくれた。何回も5年先取りで金額が、それなりに少なくなるのと、変更ができないのを説明しながら。
平均寿命が伸びた今は、繰上げされる方が少なくなったそう、こんなところにも流行、廃りがあるそうだ。
今は、司法書士?が、手続き中かな~
あと、書類を持って来てくださるだろう、
申告書類など書き込みが苦手、自分でしないといけないことだろうけど、とても助かった。


皆さんに、心配を、おかけした、シロの下あごの猫坐瘡がホボ治りました、
ありがとうございました。    ハナミズキの実
1022猫坐瘡

畑はホトトギスが咲き。はつか大根、紅白、紅丸が収穫できるように、紅白は、生でかじると、ピリッとからい、どう調理するか思案中。
1021 012 1021 ホトトギス 1021紅白、紅丸

ホトトギス
1021ホトトギス 

はつか大根、紅白、紅丸
1021紅白、紅丸

今年もいただいたクリでシブ皮煮を作り、冷凍保存した。沸騰して重曹を入れ、二回ほどアク抜きで湯がき、甘みを押さえて煮た、クリの本来の味が良く分かるようにしたつもりだが、今年のは、あまり美味しくなかった。 笑
1021重曹 1022 シブ皮煮 1022冷凍保存

ーーーー

山口の旅  サファリ 2

トラは、やはり迫力がある動物だ。トラゾーンをでると普通の遊園地にでた、せっかくなので動物コーナーだけ、車を降りて見学をする。
迫力がある トラ 普通の遊園地

    バーバリーシープ    ヤギ      ロバ
バーバリーシープ ヤギ ロバ<br />

  趣味 昼寝   ホワイトタイガー    おしっこ飛ばしボク、1番
趣味 昼寝 ホワイトタイガー おしっこ飛ばしボク、1番

ポケットモンキーはオリの中で、口いっぱいに頬張ってますが、一匹だけ外に出て活躍 笑
ポケットモンキーはオリの中で 口いっぱいに 一匹だけ

ミニカンガルー     ポニー       キリンは、いないと
ミニカンガルー ポニー  キリン

子 ライオン を抱かれるコーナーは、行列ができてました。
子供ライオン
ーーーーーー

若狭湾で
若狭湾で 

若狭湾で

若狭 三方

越前 蕎麦畑
蕎麦畑<br />

蕎麦の花
蕎麦の花

テーマ : 日記
ジャンル : 心と身体

車窓は開けられない

朝、シロに食事を用意する時、した唇が黒くなってた、ティシュを濡らし取ってたがどうも変だ、獣医さんにつれていくと猫坐瘡で皮膚炎だそうだ。抗生物質と塗り薬をいただいた。抗生物質の粉薬はマヨネーズと混ぜ、口周りに塗る、シロは嫌がり逃げ出そうとする、嫌われるかもしれないが、薬をつけなくては 汗
体重は4,7キロに、戻ってました。
普通のした唇 した唇がへん 1019薬をつけなくては 

畑は赤カブ赤大根。人参、青くび大根。メキャベツ、白菜、カリフラワーなどなど、何とかうまく育ってる。
1017赤カブ赤大根 1017人参、青くび大根 1017メキャベツ、白菜、カリフラワーなどなど

何時もの散歩道に、毬栗の実無しがたくさん転がってる、なんだかな~っといつも思ってたが、よく出会うオジサンさんが言うには、イノシシが実だけを食べてるのだそうだ、驚いた、自分の住んでる所から500メートルばかりの距離のところだ、山荒れを身近に感じた。畑の隅に小菊が咲き始めた。
シロを獣医さんに連れて行き、スーパーで買い物し帰ったら 
77777 達成、
なんのことはない ことなのだが、気持ちがいい、笑。
1019毬栗の実無しがたくさん 1019小菊 101977777

ようえんなイヌサフランが開花した。
1019イヌサフラン

昨日晩、某国系テレビの つるべえ、家族訪問で五箇所村を放送していた、富山から白川郷の一つ手前にあるICにあるところ、先日行ったばかり、なんだか嬉しくツイ見てしまう。 笑
五箇所村
ーーーーー
砂浜のハイウェイにて
砂浜のハイウェイにて<br />

ーーーー
山口の旅  サァファリ

萩城下町の続きです。この日は腹の調子がイマイチだった。秋芳洞に向かう途中さしこみがありトイレ休憩することに。遠い昔、動物園は此処サァファリパーク以来いったことがない、動物を見たってな~、迷ったが自動車で入るれることだし。鹿。 ゾウ。
トイレ休憩 鹿 ゾウ

    水牛         アメリカバイソン      シリウマ
水牛 バッファロー シリウマ<br />

シマウマ
シマウマ

   フタコブラクダ      ブラックバック       ダチョウ
フタコブラクダ ブラックバック ダチョウ

ロッキー湿原地域に入る アメリカクロクマの子供たち
ロッキー湿原地域 アメリカクロクマ 子供たち 

  アメリカクロクマ   背中は傷です
アメリカクロクマ

  チーター       危険の谷に入る       ライオンの群れ
ピューマー 危険の谷に入る ライオンの群れ

車窓は開けられない  
ライオン

P1060246~1

テーマ : 日記
ジャンル : 心と身体

7が

滋賀 彦根から瀬戸内に帰る途中に、神戸あたりで、あることに気がついた。ナビの家までの距離と車の走行距離を足すと、家に着いた時に7が五つ並ぶかもしれない。
家に到着すると、シロの世話を頼んでた方が、ちょうど食事を与えようとされていた、自分には、見向きもしない。笑  当然だろう、思いだしてくれるまで時間が、掛かるかな~。お礼を言い、お土産を、越前カニ味噌 白川郷で、富山瑞龍寺で。シロと遊んでると北陸 金沢城で咲いてた犬サフランが、瀬戸内の家では、まだなのに気づく。
お土産を 金沢城で咲いてた犬サフラン 瀬戸内の家では

この度のお出かけは、一時治まってた不定愁訴 さむけ が、また始まったようなので環境を変えれば治まるかと、調子のよい企てでしたが、むりがあったみたい、いずれまた治まることにしよう。
お金の使い過ぎ、自粛をしなくては、
白川郷では、いろんな花が咲いてました、P1020259.jpg

 国宝 彦根城
国宝 彦根城

北陸を主にした、ひとりぶらり 徒然に紹介したいと思います。
よろしくどうぞ

家に帰ると、
1016 77770
                  あと、7キロで77777

調整すれば良かった 笑

テーマ : 日記
ジャンル : 心と身体

白川郷は

白川郷は、どぶろく祭りと、今、コスモスでした。
白川郷は、どぶろく祭り  コスモス

                   滋賀 彦根より、明日朝、瀬戸内へ

テーマ : 一人旅
ジャンル : 旅行

砂浜のハイウェイ

砂浜のハイウェイ
砂浜のハイウェイ
      能登半島にて

テーマ : 国内旅行
ジャンル : 旅行

遅れます

旅先でPCが不安定、コメント、更新が遅れそう。
よろしく おねがいします。

テーマ : 日記
ジャンル : 心と身体

まだかに

10月にはいり、適度の日差し、雨で秋冬野菜の生長がよくなったようです。畑で、若芽を間引いたり、シロの写真を撮ってると、
1011秋冬野菜の生長 1011いたずら 1011何処へ

裏隣りの、お祖母さんが毎年くださってるクリを持ってきてくださった。「今年は、猛暑で、実生りが遅く出来も悪い」と仰ってたので、いただけないだろうな~と思ってた。
1011持ってきてくださった 1011? 1011行ったのかに

今年は、実が小さく、水につけると浮くのイッパイあっそうだ。今年はクリの価格も高く、買ってまではと思ってた。
1011今年は、実が小さく 1011へっ 1011待ち遠しいに

ありがとうございます、渋皮煮ができるぞ! 笑  早速、水に浸した。
1011ありがとうございます

食事は、まだかに <=`ヘ´=>
1011まだかに <=`ヘ´=>
夕方の散歩から帰るとき、塀の上で待っていてくれます。

間引き菜 の胡麻和え
1011胡麻和え
ーーーーーー

   山口の旅  萩城下町

江戸屋横町からの続きです。木戸孝允の通りをすぎると菊屋家住宅が目に入りました。藩の豪商 菊屋家です。間口がすごく長い、さすが本陣にもなる建物だ。表を過ぎると、横は真っ白い壁の
藩の豪商 菊屋家 間口がすごく長い 横は真っ白い壁の

なまこ壁 菊屋横丁
なまこ壁 菊屋横丁

菊屋横丁通っていくと、 内閣総理大臣 田中 義一家跡や、あの、高杉晋作 生家があった、生家に入る。
内閣総理大臣 田中 義一家跡 あの、高杉晋作 生家があった 生家に入る

産湯の井戸、ふたを取ろうとしたが固定してあった、笑。いろんな資料が展示。高杉晋作。
産湯の井戸 いろんな資料 高杉晋作

高杉晋作生家
高杉晋作生家

を後に、通りの角にあった趣ある萩焼の店など見(このお店、つるべえさんが、こし〇じゅんこさんと訪れてたな~)。ホテルに帰ろうとするが、方向が分からなくなった。地方裁判所を掃除されてた方がいたので聞いてみる。案外、自分は方向音痴なのかもしんない。笑
を後に、通りの 趣ある萩焼の店 地方裁判所

ホテル飲料、山県有朋さん、木戸孝允さん、伊藤博文さん、高杉晋作さん、吉田松陰さん、久坂玄瑞さんと別れ、次にへと向かう。
ホテル飲料 山県有朋さん、木戸孝允さん、伊藤博文さん 高杉晋作さん、吉田松陰さん、久坂玄瑞さんと

ーーーーーーー

10月7日  与島にて

光芒 かがやき 
 

テーマ : 日記
ジャンル : 心と身体

程よいメニュー

尾道は今、朝ドラの舞台になってるのですね、見ようかなという気になります。
千光寺から瀬戸田にある、耕三寺駐車まで、のっぽ187先生に運転していただきました、とても2年のブランクがあるとは思えない、スムーズなハンドルさばき されてました。
平岩郁夫美術館からの続きです。
耕三寺は、美術館の裏にあります、小さい私城が、洋館がの建物の隣りに、京都御所紫宸殿を真似た門が、入ります。寺内には日光の陽明門、奈良室生寺 五重の塔など各地のフェイクした建物が数多くあり、
京都御所紫宸殿を真似た門 日光の陽明門 奈良室生寺 五重の塔

寺は、テーマパークの様相しています。
P1010075~1

千仏洞地獄峡、地下15mに長さ350mというスケールの人工洞窟があり、このたび初めて入りました。
中は立体迷宮みたい、自分みたいな火の車の絵、何百という数多くの地蔵さん、高さの10m位の洞室が3つあり、など配置してあり、興深く見回った。

千仏洞地獄峡 立体迷宮 火の車 高さの10m位

未来心の丘 耕三寺頂上
光明の塔 仏教護法の西に沈む太陽に合掌
光明の塔 仏教護法の西に沈む太陽に合掌
なにをされてたのかな

白い大理石喫茶店の、ドア窓を写していたら、「写真を撮りましょうか?」と、店員さん。
白い大理石喫茶店 ドア窓 店員さん

なにも飲まずゴメンナサイ、汗。時間の都合が分かりませんでした。オリーブの木に別れ、向上寺 国宝 三重塔へ向かいました。
「写真を撮りましょうか?」 オリーブの木 向上寺 国宝 三重塔

向上寺 国宝 三重塔は、黄色い橋の手前、上の方にあります。
手前、上の方にあります

国宝向上寺で海と三重の塔を背景に写真を撮ったり、暫く散策したあと、最終目的地、因島 白滝山に向かった。白滝山は標高226,9mで、頂上には五百羅漢(実際は700体も)があり、景色がとてもよいところで、のっぽ187先生も「行って、見たい」と、仰ってたところです。
駐車場は山の八合目辺りにあり、坂、階段急ですが、歩いて10分も上がれば登れます。鐘楼はお一人、一回撞けます、鐘を撞けれるのは嬉しいことです、他ではなかなか、しかも、こんな高く風光明美なところで。これからは、朝ドラの影響で人も多くなり、撞けなくなるかも。先生は背が高いので、少し身体をかがめられてました。
10分も歩けば登れます 五百羅漢(実際は700体も) 一回撞けます

「小雨あがりの風景も、また情緒があり素晴らしいものです」、仰られてました。
P1010141.jpg

霞む島々、因島大橋をみながら、
霞む島々、因島大橋

夕まで散策してました。
夕まで

P1060861.jpg   福山駅構内の食堂街で、メニュー選び、
    さぁーと10店舗一通り歩いたところで
   「あの店の、煮魚定食ぐらいがよいのでは」と
    旅先では、胃の弱い自分、好みに合う 
    程よいメニュー 選びは悩むところです。
 素早い的確判断はさすがだな~、展示は別の煮魚になってましたが、今日の仕入れは、
 鯛の煮魚です。
 がん患者の食事についての、お話など拝聴し、とても勉強になりました。


しんどい治療中にお願し、来ていただき、とても 充実した一日を 過ごさせていただきました。
少しでも楽しんでいただけたよう、嬉しかったです。
また会え、旅行も楽しみにしています。
ありがとうございました。

ーーーーーーー

何をしてるのか
何をしてるのか

遊びになるようです、
遊びになるようです

水の流れ
水の流れ<br />

少し太ったかな、庭ウォーキング  タマスダレ
1006 庭ウォーキング  

テーマ : 病気と付き合いながらの生活
ジャンル : 心と身体

瀬戸中央道 与島SAより
与島SAより


テーマ : 旅先での風景
ジャンル : 旅行

行ってきました。

行ってきました。10月7日
byしろ
                           

テーマ : 旅先での風景
ジャンル : 旅行

楽しからずやです

待ち合わせを、お約束した福山駅にのっぽ187先生は10時すぎの新幹線で到着されました。
尾道は、以前行ったことがあるので、案内をさせていただきました。
なんだかんだと、ためになるお話され、何気ない無い会話交えながらを、尾道までドライブ。
海沿いにある浄土寺に着きました。尾道は以前にも来たことがありますが、来るたびに新しい発見がある町です。ましてや先生と一緒、楽しからずやです。
以前、叔母さん達と来たとき、国宝 本堂前で鳩に餌やりされてる住職さんが、本堂、阿弥陀堂を案内してくださったが、今回は新米さん、その方はやっぱ不慣れでした。 笑
国宝 本堂    重文 阿弥陀堂    国宝 多宝塔
国宝 本堂  重文 阿弥陀堂  国宝 多宝塔
重文 阿弥陀堂は、表からの入り口が見えない、今度行くことがあったら何故か聞いてみよう。

尾道水道が見える 重文 山門  尾道らしいなぁ
重文 山門

千光寺山にはロープウェイで上がる。上から見る 重文 三重塔もいいものだ。
ロープウェイ 重文 三重塔 ロープウェイ

ロープウェイからの、千光寺   何回見てもいいな~!
ロープウェイからの、千光寺

頂上の展望台で食事をする予定にしてた、出先でアナゴ丼なら好いと思ってたのに、
休み 汗    旅行先では、食べ物に苦心する。仕方ないから、高速のPSで何かをと、
文学の小道を降りて千光寺にお参りに、下りて線路直ぐ下、国道2線わたると
文学の小道 千光寺に 下りて線路 

路地向こう尾道水道見える、尾道らしい。
P1010052.jpg

尾道三重の塔に別れ、
尾道三重の塔

のっぽ187先生の運転で、しまなみ海道の大浜PSへ
昼御飯、丁度良い食べ物がありました、 海鮮 鯛胡麻だれ丼
鯛、胡麻だれ丼
これ、けっこう美味しく、のっぽ187先生も満足され,「美味しい」と言ってくださいました。

因島大橋を渡り
因島大橋を渡り

瀬戸田にある平岩郁夫美術館へ
P1010062.jpg
ロビーの、唐三彩と仏教伝来です。

次に行く所は、耕三寺です。
記事が長くなるので、続きになります、しりきれトンボになりました。 汗
明日は、誘いがあり愛媛県にいかないといけないし。

ーーーーーー

日曜日の祭りは賑やかで、家の前を神輿が通り、太鼓など披露されてました(総代の家など)、もちろん終わり静かになった神社、後片付けに行きました。秋を実感します。
1003神輿が通り 1003総代の家など 1003静かになった神社、後片付けに

今頃になって食べるホウズキの花咲き、実らしきものが、食べれること、できるのかな? 
食べるホウズキ花 1003実らしきものが 1003 ジャマ

デジカメで撮ったキンモクセイです、前記事はデジイチ、香りたってそう。一年に4回咲く四季モクセイも咲いていました。
1006キンモクセ 1006四季モクセイ 1003掃除ジャマ

桜の落ち葉を掃除していると、枯れ葉の上に座り込みます。ホウキで動かそうとすると、必死で動かない、更に突っつくと、
真剣白刃取りならぬ、両手 ホウキ取り 笑
1003 076

もう動かないので、手で移動
1003 もう動かないので

終わりました。
1003もう動かないので
ーーーーーーーー
境が浜マリーナ
P1000172.jpg

テーマ : 日記
ジャンル : 心と身体

外科診察 27

10月4日 いつもどおり28日ごとの外科診察日で、9月14日にした胃内視鏡検査結果を聞きました。
胃に炎症が一つありましたが、濃い青色のインジゴカルミン液をかけたところ悪性でない判断で、他もキレイだとのことだった。問診は今年の春先まであった、悩ましい寒気がまた始まったようだと報告すると「病気を作るなっ」っと、サラッとスルーされた、あまり深く考えないで、また寒気とも付き合うことにしよう、そのうち治まるだろう、気分的なものと、急な気候の変更に身体が追いつかないのかもしれない、たちまち、せっせと生姜を摂ることにしよう。
逆流性など、いつも通りの問診、経過観察。
前の血液検査から4ヶ月目がきてるので、検査して帰ることに。

触診  異常なし
血圧  134~78 いつもの時より高いな、

体重    51,5 (家で、先月より1,5減)


薬 先月と同じ
下剤プルセニド12mg
    タケプロンOD錠15、フオイパン、アルロイドG
      (何れも逆流性食道炎用)、
    UFT(補助抗がん剤) 等28日分。
    マイスリー錠10ミリグラム(睡眠導入剤)を1/2で28日分

次の診察日は11月1日

UFTはもう、無駄で、身体に悪いことをしてるだけと思い、止めてもいいのだが、梅ざ〇先生の「効かない抗がん剤」の「止めたら、何故か再発」が頭の隅に残ってる。ダルイ気もするのだが、服用終りまで、もう少しだ。。
奏効期間は?だが、安定剤になってるような。。。意思がぶれてる。

ーーーーーー

積極的精神で生きる のっぽ187先生さんが、一緒に散策した尾道旅行をUPされました、クリックしてくださいね。
次の記事で自分もUPしますので、よろしくどうぞ !

一緒に散策した、耕三寺 白い大理石の丘より 黄色の橋
白い大理石の丘より 黄色の橋

気がつけば
1005気がつけば

今年も、庭にキンモクセイが咲いていました。
1005 キンモクセイ



テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

もうボロボロを

神社秋祭り日は、雨予報だが、準備は、しなければ、家の前は、しめ縄と紙垂(しで)を張り。
1003 010
自分の組の担当になってる、御神燈を組み立てに神社に向かう、長年使われ、もうボロボロを、工夫しながら組み立て。笑
1003工夫しながら 1003組み立て。 1003 016

不安定なので、補強して幟を立ててたら、秋の夕暮れ、雰囲気に。ハナミズキの実。秋茄子。
1003幟 1003ハナミズキの実 1003秋茄子

昼御飯は、生姜がを効かした、秋茄子にゅうめん
1003 074
大根まびき菜、秋茄子、シメジ、チリメン、トロロ昆布、ギンナン、アミ海老

ひょたん南京は、沢山採れそう、ひょたん南京の好きなところ、種を取るのが少なくて済む。笑
好い香りかな、獅子ゆず。
1003ひょたん南京 1003ひょたん南京 1003 獅子ゆず

ーーーーーー
山口の旅  萩城下町

千円札の人 の続きになります。ホテルに帰り履き替えて、チェックアウト時間までの予定で、自転車をかりて、城下町へ。目指すは萩城跡のある指月山方面。指月山萩城跡の見える菊ヶ浜海水浴場。情緒ある土塀そば通り
指月山方面 P1060145.jpg 土塀

武家屋敷家並みへ江戸屋横町
江戸屋横町

木戸孝允(桂小五郎)の生家
桂小五郎

日本屈指の蘭学医、青木周弼の生家
青木周弼の生家

武家屋敷 野田家に入ってみた、これ以上ダメってか。
武家屋敷 野田家 これ以上ダメ

江戸屋横町を出たところにお土産屋さんがあった、こちらのほうが千円札の人のときより、同じ萩焼¥500円で、売れると思った。
P1060161.jpg
ーーーーーー

庭のアチコチで満開 タマスダレ
siro.タマスダレ
ーーーーーー
おまけ、 そんなに急いで何処行くの
900馬力

テーマ : 日記
ジャンル : 心と身体

有意義な一日

30日は積極的精神で生きるの、のっぽ187先生と、広島県の、尾道や生口島の平山郁夫美術館に、ご一緒させていただき、とても、楽しく 有意義な一日 をすごさせていただきました。
のっぽ187先生 平岩郁夫美術館 のっぽ187先生
平山郁夫美術館    と、白いマンジュシャゲ
生口島の平岩郁夫美術館
ありがとうございました。
小雨の、しまなみ海道風景も、好いものです、また記事にさせていただきたいと思います。
よろしくお願いします。

シロにお願いして、ビタミン大根の若芽を間引いてもらった。
1001シロにお願いして 1001ビタミン大根 1001間引いてもらった

昼御飯は、間引き菜、ギンナン、チリメン、たらこのパスタ
生若芽、2~3枚、上に飾りつけすればよかったな~
1001間引き菜、ギンナン、チリメン、たらこのパスタ

ーーーーーーー
国宝 投入堂、愛染堂

三徳山三仏寺(さんぶつじ)の続きです。
前記の根っこを持ちあがった所に、修験道者さんがいて、「あまいな~」と、笑ってるように見えました。
土は柔かく滑りやすく足元を確認しながら一歩ずつ、降りてくる人がいたら、待たなくては登れません。
、「あまいな~」 一歩ずつ 待たなくては

十一面観音堂横を登り、一息つき、上の方を見上げると、更に、 カズラ坂、登山に来た訳でないのに半端ではなかった。
十一面観音堂横 上の方 見上げると

70歳過ぎ80歳前後の団体の人たち見かけたが、どう対処されたのだろう?、スゴイ
見下ろしたところ
P1000849.jpg

桃山時代の建立だという、重文 文殊堂が見えてきた、足元の不安定な、この坂も登るのですよ。きついと聞いてたクサリ坂、少し拍子抜け、そうは言っても危ない所、一緒に登ることになった若者も心配そうに見上げてる。ここだけ一方通行になっていた。
重文 文殊堂 クサリ坂 危ない所

↑クサリ坂の左側、降りるときの写真。下りる時の一方通行こちら側も危険でした、チェック柄の人、滑ると勢いで下まで落ちますよ。転落死された場所があるから一方通行になったと思われる。
降りるときの写真 勢いで下まで 転落死された場所

文殊堂の縁側です、外側に下がる少し斜が入ってます。若者は。はーにゃさんも挑戦されるだろうな~、自分は怖くて、とてもとても。
少し斜 若者は 文殊堂の縁側

文殊堂より
文殊堂より

文殊堂を後に、ここもとても危険でした、岩の突端 牛の背 を歩きます。下りの一方通行を降りられる人たち。草鞋は不安定な気もするけど。
岩の突端 下りの一方通行 草鞋

重文 地蔵堂 室町時代末期の建立だとか、
重文 地蔵堂 地蔵堂よりの風景 地蔵堂よりの風景<br />

若者のシルエット
若者のシルエット

鐘楼が見えてきた、馬の背を行くと
鐘楼 鐘楼 馬の背を行くと

重文 納経堂 鎌倉時代 、観音堂 江戸初期、が見えてきた。
重文 納経堂 鎌倉時代 、観音堂  重文 納経堂 観音堂

観音堂の裏を行くと、元結掛堂 江戸初期。振り返って通った山道。岩肌を周ると、
観音堂の裏を行くと 元結掛堂 振り返って通った山道

国宝 投入堂、愛染堂
国宝 投入堂、愛染堂

国宝 投入堂   国宝 愛染堂
国宝 投入堂 国宝 愛染堂 ?

上がるときと同様に、注意下り、清流で手を洗い、修験道門を出。お疲れさまでした、どくだみ茶。
時間記入で確認すると、往復、約2時間でした。
清流で手を洗い 修験道門 お疲れさまでした、どくだみ茶

国宝 投入堂
国宝 投入堂
日本一、危険な処にある 国宝 だと思います。

テーマ : 病気と付き合いながらの生活
ジャンル : 心と身体

検索フォーム
プロフィール

しろ

Author:しろ
66歳 
凡そ30数年前 X1になった 男子
なりゆきで、
白い猫(ノラシロ)を飼うことに、、
原発三個、経験の
”重複癌”患者でした。
今のところ サバイバー・・・

ノラシロ逝ったので
ノラシロと重複ガン から
ブログタイトル、変更しました。
引き続き よろしくお願いします。
しろの、
ボケ防止は、ブログに写真

最新記事
カレンダー
09 | 2010/10 | 11
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
FC2カウンター
最新コメント
カテゴリ
リンク
月別アーカイブ