FC2ブログ

こんな格好で

朝夕は、涼しく、夜になると虫たちが騒がしく鳴くようになり、秋が近づく気配はあるのだが、日中は暑い、雨が降らない瀬戸内だ。おかげで、ブルベリが10本あった半分が枯れてしまった、幸い実のつきのよくない木だったので、まずはホッと、夕方、水を散水することに。
シロは最近まで夏バテしてたのか、少食になり夏痩せ心配してましたが、朝夕が涼しくなり始めると食事量も増えはじめ、多少なりとも活発になり、朝には急に木に駆け上ることも。まぁ昼間はこんな格好で、石灯篭に少しでも影大きくしようと日除けをしたら伸びきって、
902木に駆け上る 901こんな格好 901日除けを

木を枕に、
901木を枕に
こんな格好も
901 006

イチジクの下に、妖艶な色のアマリリス?だろうか咲いている、おそらくユリ科だろうニャンコ(=^・^=)には好くない植物だが、花粉が着くこともないし、放っておこう。
901アマリリス

花単体の雰囲気としては、前記載サフランモドキと似ているが、大きさ、咲き方が全然違うな。ジャムを作ろうと、フルーツほおずき(オレンジチェリー)を植えてたのだが、花らしきものが6月ごろ一つだけ咲いて後は、ほおずきらしきものが一向にできない、どうなってるのだるう残念だ。オクラの花をまた撮ってみた。
901 サフランモドキ 902フルーツほおずき 902オクラの花

ーーーーーーーー

山口の旅   赤間神社

みもすそ川公園から関門海峡大橋下を通り、すぐ近くにある、平家一門さんと、ともに入水崩御された、当時八歳の幼帝安徳天皇を祀る、赤間神宮にいきました。建久2年(1191)に朝廷が長門国に命じて御陵上に御影堂を建立し、勅願寺として天皇のご冥福を祈られた神社です。
太鼓楼と水天門
太鼓楼と水天門

今年は寅年の厄払いでしたね、祈願しましょう。龍宮城みたいな雰囲気のある水天門をくぐると社殿が見えました。
寅年の厄払い 水天門 社殿

境内に平家一門之墓、七盛塚 があり、その前隣りには、耳なし芳一堂がありました。
平家一門之墓 七盛塚 耳なし芳一堂

耳なし芳一のお話しは此処がモデルになってたのですね、島根県の松江にある小泉八雲邸に行った時は、怪談に関連ある此処の神社に来ることになるとは思ってもみなかった。お堂の前で、父親さんが娘さんに怪談の荒筋を話されてたようです、怪談のおはなしに真剣になってる目が可愛かったのでUPさせていただきました、許してくださるでしょう。感じのよいすてきな光景でした。
真剣になってる目

下関は、もう一箇所、行きたいところ、国宝 住吉神社があるのですが、10月末まで屋根を修復中なのでやめました、またの機会をつくり是非に訪れようと思ってます。動ける状態でいたいな~!。
社殿に参拝し、関門海峡や九州を眺めて、
関門海峡や九州
山陰側になる青海島にむかう。


メモ9月2日 胃噴門部○

テーマ : 病気と付き合いながらの生活
ジャンル : 心と身体

検索フォーム
プロフィール

しろ

Author:しろ
70歳 
凡そ40数年前 X1になった 男子
なりゆきで、
白い猫(ノラシロ)を飼うことに、、
原発三個、経験の
”重複癌”患者でした。
今のところ サバイバー・・・

ノラシロ逝ったので
ノラシロと重複ガン から
ブログタイトル、変更しました。
引き続き よろしくお願いします。
しろの、
ボケ防止は、ブログに写真

最新記事
カレンダー
08 | 2010/09 | 10
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
FC2カウンター
最新コメント
カテゴリ
リンク
月別アーカイブ