FC2ブログ

感激の

奥歯の歯茎に膿が溜まり除去していただいた翌日、ブリッジをとり、虫歯治療、薬がキチンと埋め込んであるかどうかの確認レントゲン写真、見たくない方、スルーしてください。最初の写真は前に記載したデタデタの写真。確認といままでに撮ってたの、左下のが治療中。
デタデタの写真 819ブリッジを  819 いままで
さぁ ブリッジを作りに行かなくては、

玄関脇の観葉植物に、見慣れない蜂が巣を作ってたのに気が付いた。触らぬ蜂にタタリなし。シロ、なんでも、あまり突っついたり、触らぬほうが、良いと思うよ。
816蜂が巣を 816突っつかないほうが 816 突っつかないほうが

ヤブラン(薮蘭)が咲いていた。今は、庭、畑で咲いてる花は少ない、ニラの花。
817 ヤブラン(薮蘭) 810 008 817ニラ

ヤブラン(薮蘭)
820 ヤブラン(薮蘭)
畑の隅、竹やぶの前で撮ってたら、蚊がドバッとやってきた、
痩せてて、がんあるかもしれないし美味しくないのに

ゴーヤはジャムにし難いけれど、今年も、キューイが豊作かな。羽がスゴク透明なトンボ。
820 ゴーヤ 820 キューイが豊作 816羽がスゴク透明な


ーーーーーーー

屋敷を警固するため、外の様子をうかがう武者窓のある狭い坂道を、車で登っていくと、
武者窓

さらに狭い山道、車の行き交いの困難な道になる、ここまできたら、引き返すに返せない気分、対向車が無いことを願うばかり、10分ほど運転すると、車が10台ばかり停められるだろうか、車が三台ほど駐車してる小さい駐車場があった。ここが終点らしい。此処にくるには、後で調べて分かったことだが、土日祝日は1合目駐車場よりバスのみだった。当然だろう、平日でも、車での来城者が集ったら身動きできなくなるだろう。
宝福寺から、およそ40キロはあるだろうか、岡山県高梁市にある、海抜約430メートルの臥牛山 8合めあたりにある、備中松山城の駐車場についた。ここから歩いて20分位かな、天守閣まで急な階段、坂道を上がる。
車の行き交いの困難 階段 坂道

石垣が見え始めるると、ちょうど中間地点だとの案内板があった。「登城心得、この辺りが、ちょうど中間地点である、しばし休まれよ、城主」と、ある。中太鼓の丸跡(太鼓で知らせる)石垣の先端に行って観ると、
石垣が見え始めるると 登城心得、この辺りが、ちょうど中間地点 石垣の先端に行って観ると


中央に高梁川の流れる山間の市、高梁市が望めた。さらに、サルに注意の看板を見ながら上がって行くと、城主から迎えの挨拶があった、大手門跡が少し見える。
高梁市 サルに注意 迎えの挨拶


大手門跡
大手門跡

  土塀
土塀

石垣マニア感激の、高石垣と大手門跡
追手門

重文の土塀を見ながらあがる、どの、櫓跡、丸跡、門跡も狭く険しい山、とても敷地が小さい。
重文の土塀 櫓跡 丸跡、門跡

二の丸が近づいたのだろう、空が広がり始め、天守が見えた。歴代城主。
空が広がり始め 天守が見えた 歴代城主

現存天守12ある内の一つ、備中松山城の復古図です。感激の 高石垣は左下部分です。
備中松山城の復古図

同じ名前の伊予松山城愛媛県も現存天守です。その他、今まで行った現存天守は姫路城兵庫県、丸亀城香川県、松江城A 松江城B島根県になり、これで5つ、先は長そう。

備中松山城、続きます。


テーマ : 病気と付き合いながらの生活
ジャンル : 心と身体

検索フォーム
プロフィール

しろ

Author:しろ
70歳 
凡そ40数年前 X1になった 男子
なりゆきで、
白い猫(ノラシロ)を飼うことに、、
原発三個、経験の
”重複癌”患者でした。
今のところ サバイバー・・・

ノラシロ逝ったので
ノラシロと重複ガン から
ブログタイトル、変更しました。
引き続き よろしくお願いします。
しろの、
ボケ防止は、ブログに写真

最新記事
カレンダー
07 | 2010/08 | 09
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
FC2カウンター
最新コメント
カテゴリ
リンク
月別アーカイブ