FC2ブログ

本物、贋物、海上がりの壺

暑くなりました、上を見上げるとムクゲが満開、夏だ !
下枝にも咲いている。シロは、しぼんで落ちた花房であそんでいる。
719ムクゲが満開 719 ムクゲ 719落ちた花房

夏と云えばゴーヤ、こんなに茂るほど成長したのに、実のなる雌ばなが咲かないな、雄花ばかり。ツキヌキニンドウの実は赤くなりはじめた。
720こんなに茂る 720 雄花ばかり 720ツキヌキニンドウの実は赤く
  
二個目のスイカは普通サイズ、ナンキン、ブルベリだけ残しておいて、後は知り合いにお配り、配達。岡山の桃¥580円、ついつられて買ってしまう、スターフルーツ¥298円の食べ方、食べごろは?。シロは、何をやってんだ ! 笑
719ナンキン、ブルベリ 718 岡山の桃 720何をやってんだ 

 
ーーーーー

備前陶芸美術館の後、
備前は刀剣でも知られているので、備前おさふね刀剣の里 備前長船刀剣博物館に行った。展示品内容は、愛媛県にある、大山祇神社(おおやまずみ)の方がスゴイと思いましたが、こちらは、刀剣を作る作業を見ることが出来るのが、良かった。鍛刀場 
備前おさふね刀剣の里 刀剣を作る作業 鍛刀場

すごく若い塗師さん 白銀師さんが、仕事に集中されているので、声をかけることができなかった。
若い塗師さん  白銀師さん 仕事に集中


次に
竹久さんが、自らデザインし、東京に建てた洋風建築アトリエを、岡山県瀬戸内市に復元した、少年山荘に行った。
少年山荘 P1040567.jpg P1040568.jpg


少年山荘の展示品、写真を見ると、当時、女子の着物の着付けが、なんとなくだらしないのが、絵にも、雰囲気表現されてるのが、理解できた。
P1040550.jpg
この写真は、竹久夢二さんの生家納屋の展示品


夢二さんの生家は、少年山荘から、すぐ近くにあった。この周辺は、豊かな田園地帯でした。
 すぐ近くに 夢二さんの生家

竹久夢二さんの生家
竹久夢二さんの生家

なかは、撮影禁止になってた、夢二さんの部屋は出窓になってて、そこに座机あり、この路地が見ながら勉強されてたのだな。右側の当時納屋には、
出窓 路地 右側の納屋

版画ギャラリーにしてあった。ガラスに反射してるの、自分みたい。この写真は、帰りトイレ休憩SAの手洗い 笑
版画ギャラリー P1040552.jpg 手洗い


で、帰って早速、古備前焼が、どこにあるか教えてもらい、、書院下にあった古備前焼をだしてみる。なんでも、自分のお祖父さんが、手に入れたものらしい、叔母さんが嫁に行く前からあったので、もう50年以上も前からあったのだ。自分は、家の隅々までは無頓着なので。。汗
叔母さんの話しでは、なんでも、海あがりの壺だそうで、古備前焼の約束がそろってるそうだ。窯印は△。
書院下 書院 窯印は△。


シロも鑑定する。
にゃ重い、好い仕事してるかにゃ。中も丁寧かにゃ。 鑑定難しいにゃ。
718好い仕事してるかにゃ 中も丁寧かにゃ 718 鑑定難しいにゃ

ヘラの叩き痕はドンナかにゃ。模様入れは丁寧かにゃ。鑑定金額はいくらにしようかにゃ。
718ヘラの叩き痕はドンナかにゃ 718 模様入れは丁寧かにゃ 718鑑定金額はいくらにしようかにゃ

古備前焼き ?
古備前焼き ?
自分の見立ては、模様がわざとらしい、口がなにかキリッとしてない、底の白い牡蠣跡もわざとらしい。。
 
本物、贋物、?   海上がりの壺



メモ 7月20日・・・流

テーマ : 日記
ジャンル : 心と身体

検索フォーム
プロフィール

しろ

Author:しろ
69歳 
凡そ40数年前 X1になった 男子
なりゆきで、
白い猫(ノラシロ)を飼うことに、、
原発三個、経験の
”重複癌”患者でした。
今のところ サバイバー・・・

ノラシロ逝ったので
ノラシロと重複ガン から
ブログタイトル、変更しました。
引き続き よろしくお願いします。
しろの、
ボケ防止は、ブログに写真

最新記事
カレンダー
06 | 2010/07 | 08
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
FC2カウンター
最新コメント
カテゴリ
リンク
月別アーカイブ