FC2ブログ

驚ろかされた

岡山備前 国宝 閑谷学校に向けて、静かな山里を走ってると、奇妙な形の石柱が、2つ並んで地中に埋もれてるのが見えた、車を急遽止めて、案内版をみる、石柱は大部分が地中に埋もれ、上部が宝珠型にきざまれた、閑谷学校の門だった。
そこから約1キロばかりはしると、小さな渓流側に案内板と閑谷学校駐車場があり駐車する。
石柱 渓流 案内板

ーー
自分も初経験の、長い梅雨と大雨でしたが、幸いに自分の住んでる地域は、特には被害はありませんでした。
少し怖かった。

雨上がりの一時、裏畑に行って見ると、2株だけ植えてた黒スイカ葉が畑からはみだし、畑外に黒スイカが、あちこちに、
714畑からはみだし 714あちこ 714こちに、


別場所のメロン、マクワメロンが、意外なほど成長していた。それにしても蚊が、まとわりつく。
シロには寝床に24時間蚊取りと、昼寝時場所には、蚊取り線香を焚いている。 笑
714 714マクワメロン 704

畑にくるトンボ、どこでも、よく見かけますね
オニヤンマ    シオカラトンボ  赤トンボ
オニヤンマ シオカラトンボ 赤トンボ

今時期、庭で咲いてるのは、ムクゲと、アカパンサスくらい、
小さい花を見つけました、縁起のよい、万両と千両です。
宝くじ、買いにいこうかな。。
713万両 713千両



ーーー


6月27日 叔母さん達と、日帰り旅行したときの記事です。

岡山藩主池田光政が、1670年に開設された、日本最古の庶民学校。
庶民学校
国宝 閑谷学校は、日本最古の庶民学校と云うふれこみだったので、寂れた閑静さをイメージしてましたが、実際に眺めると、明るさと、清潔感があり、意外だった。

泮池(はんち)に架かる橋は国の重文 を過ぎると、なにか、気になる椿山門があったので入ってみる。なにか寂しげ、
泮池(はんち)に架かる橋は国の重文 椿山という門 寂しげ
 
右端の方には、がっしりとした石塀がある、学校の見える左にも行ってみた、どうやら、この上部の丸まってる立派な石塀は、閑谷学校全体を囲ってるようだ。最奥に池田光政さんの髪、ひげ、爪、歯を納めている御納所があった。
石塀 閑谷学校全体 御納所

通用門から入ると、国宝 講堂 、井戸越しに重要文化財 閑谷神社が見える、
通用門 国宝 講堂 重要文化財 閑谷神社

閑谷神社の拝殿と本殿
閑谷神社 拝殿 本殿

重要文化財 聖廟(せいびょう) 
儒学をはじめた孔子を祀ってある、孔子廟または西御堂の屋根がみえました。聖廟まえにある楷の木、東京の湯島聖堂にある楷の木と兄弟みたいな木だそう、紅葉時には、見応えあるだろうな~。重要文化財 校門 鶴鳴門を校内から、
孔子廟または西御堂の屋根 聖廟まえにある楷の木 重要文化財 校門 鶴鳴門

国宝 講堂にあがる。 
国宝 講堂
江戸時代に、日本最古のこんな立派な、庶民学校を開設する、岡山藩主池田光政さんの名君ぶり、先見せい、に驚き!!!

カマボコ型の石組みの塀で、幅、高さとも約2メートル、長さ765メートルで、隙間無く組み合わされ、草が生えない構築技術には、本当に驚ろかされた。
カマボコ型の石組みの塀で

テーマ : 日記
ジャンル : 心と身体

検索フォーム
プロフィール

しろ

Author:しろ
69歳 
凡そ40数年前 X1になった 男子
なりゆきで、
白い猫(ノラシロ)を飼うことに、、
原発三個、経験の
”重複癌”患者でした。
今のところ サバイバー・・・

ノラシロ逝ったので
ノラシロと重複ガン から
ブログタイトル、変更しました。
引き続き よろしくお願いします。
しろの、
ボケ防止は、ブログに写真

最新記事
カレンダー
06 | 2010/07 | 08
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
FC2カウンター
最新コメント
カテゴリ
リンク
月別アーカイブ