やすかろうわるかろうと、

2月になると、
瀬戸内は、寒さが緩んでくるそうだ、
庭の草花も感じてるのだろう、
庭で福寿草の蕾が今年も顔を出してきた。プログを調べてみると、去年の今頃、ふろ庭灯 黄梅も咲き始めている、今年は少し遅いみたい。片隅にあるスミレは満開
0202 福寿草の蕾 0202ふろ庭灯 黄梅 0202 スミレ

スーパーで、ズワイガニ冷凍の安いのを見つけ、多分、安かろう悪かろうと思ったが買った、
0202 006
思ったとおりだった、笑 塩っぱいしボソボソ  味噌汁にいれても出汁も出ない。汗


果物はガンに良いので、いろいろ食べる。
パパイヤは半額になったのを見つけると買うことにしている、
これは見てくれは悪いが一番の食べごろ、いつも定価は298円。
0202 011
やすかろうよかろう だ

ふろ庭は周りは畑になっている、畑に入るには簡単だが柵はあるし、ふろ庭の塀は高さ2mはある、プライバシーは大丈夫だろって見る人もいない。
0202 周りは畑 0202周りは畑 0202周りは畑
花を植え替えるといいのだろうが、横着な自分、自然のままにしている。

ーーーーーーーー

   神奈川 ⑥  円覚寺 

名月院から歩いて5分ほど、北鎌倉駅の直ぐ近くにある円覚寺に行く、すると総門前は、紅葉の写真を撮ったり、出入りする人たちで混雑していた。
北鎌倉駅の直ぐ近くにある 紅葉の写真を 混雑

総門から夏目漱石の小説「門」にもでる、風格ある山門が見え
総門から 山門 風格ある山門が見えた

山門には高い、敷居があった、
P1040019.jpg

山門をくぐると仏殿が見える。円覚寺は、二度の元寇で死んだ兵士を弔うために、鎌倉幕府八代執権北条時宗が建て、開山は、無学祖元。仏殿の隣りにあった選仏場とモミジがよく合った。
山門をくぐると 仏殿 選仏場

紅葉の古刹には、着物姿が よく似合うと思う
着物姿が

居士林(在家修行者の為の専門道場)前を通り
居士林

山茶花咲く路、方丈庭など散策し妙香池に
山茶花 方丈庭など 妙香池

妙香池の虎頭岩は、鎌倉の地質を表してるようだ
虎頭岩

妙香池をすぎると、国宝 舎利殿
国宝 舎利殿 国宝 舎利殿 国宝 舎利殿

少し歩くと北条時宗を祀る仏日庵
少し歩く 仏日庵 仏日庵
 
一番奥にあった黄梅院にいく、黄梅院は高僧 夢想疎石の墓所になっている、夢想疎石は京都苔寺 西芳寺の庭をつくってるそうだ。
黄梅院 黄梅院 黄梅院 黄梅院

国宝 洪鐘 のある弁天堂にあがる。国宝 洪鐘。
弁天堂にあがる 弁天堂 国宝 洪鐘

円覚寺は見所がたくさんあった。
円覚寺は見所が

帰りは北鎌倉駅から電車で鎌倉に、小町通りは人どおりがすごかった。
北鎌倉駅 鎌倉 小町通りは

鶴岡八幡宮の第二鳥居あたりの駐車場から
P1040077.jpg

次のところへ、

ーーーーー

シロの、畑仕事あとの顔
0202 畑仕事あとの

テーマ : 病気と付き合いながらの生活
ジャンル : 心と身体

時期をつれづれ

ふろに入っていると、雪が降り始め、少し積もり始める、
今時期、なんら見栄えのしないふろ庭、
雪で趣のある庭にかわってくる、外の温度を想像しながら入る風呂は、温度差感じ、なんとも心地よい。
ふろ庭灯りを被う黄梅がもうすぐ咲き始める、
時期をつれづれを、ボ~っと楽しもう。
0130 ふろ庭

今年は大根、カブなど根物以外はできがわるかった、紫芽キャベツ、芽キャベツもできが悪い 汗
0129 大根、カブなど根物 0129 紫芽キャベツ 0129芽キャベツ

春菊、        高菜         ラッキョウ
0129春菊 0129 高菜 0129 ラッキョウ<br />

ーーーーーーーー

神奈川 ⑤   明月院

建長寺から北鎌倉駅に向かい、お腹が少しすいたな~と思いながらあるく、しゃれた食べ物屋さんは、所々にあるのだが、自分に合うようなお店はない、昼は、抜きにしようか、UFTを服用するには食事は摂らないと(この時はまだ服用中)。街道からそれる小道に、観光客らしい人々が散々と行く、近くに名所があるかもしれない、寂びた道を同じ方向に行った。すると自分に合いそうなメニュー看板があった、鎌倉の素材を使ってるそう、食後の紅茶はブルーベリー風味だそうだが、。
しゃれた食べ物屋 寂びた 鎌倉の素材 ブルーベリー風味

名所は北条時頼の墓所がある、廃寺となった禅興寺の塔頭 あじさい寺 明月院だった、しばし寂れた雰囲気を散策、
明月院 寂れた雰囲気 寂れた雰囲気

時期だったら、きれいだろう、あじさいの坂を上ると 、
あじさいの坂

開山堂が見え、近くには明月院やぐらの
開山堂 明月院やぐら 明月院やぐらの

墓石、鎌倉特有の井戸があった。方丈前の、
墓石 鎌倉特有の井戸 方丈

枯山水の庭園で、チョッとこころ和らぐ
枯山水の庭園
明月院は、花 時期をつれづれに楽しめられそう

次へ

テーマ : 日記
ジャンル : 心と身体

治癒は気から、

今時期、緑野菜はとても高い、畑の大根、カブの葉など使ってきたが、トウがたって硬く不味くなってきた。スーパーで、美味しそうなレタス位の大きさ2玉を安く売っていた、買わない手わない、サぁっと茹でて。ちりめん 胡麻酢和えにした、
0126 2玉 0126美味しそうな 0126ちりめん 胡麻酢和え
                                      デジイチで


蝋梅は咲いてる期間が長いな
0126 蝋梅

前にも記載した、毎日、散歩している途中にある、誰も知らないマイ パワースポット どういう成り立ちか、ドリルで穴をあけ、柵を作ったと思ってたが、フッと思うと金網はユニットのよう、
0127 金網はユニット

木が、大きくなると途中に入れ込んだようだ、なんか内部からの何かしら力がありそうだ。
気になる身体部分を当てると良くなるかも 
 治癒は気から、  パワースポットに、なるかなぁ~笑
0122 治癒は気から 0122 内部からの力 0126当てている
                                    デジカメで

ーーーーーー
神奈川 ④   建長寺

鶴岡八幡宮から、鎌倉街道を歩いて北鎌倉に向かい、巨福呂坂切通しを降りたところに 建長寺があった。総門前にある駐車場には、数台の観光バスがとまり観光客も多く訪れてるようだった、総門をくぐると、桜の間に堂々とした
建長寺 総門前 総門


重文 三門
重文 三門<br />

建長寺は、鎌倉幕府5代執権北条時頼によって創建され、開山は、宋からきた蘭渓道隆で、最初の禅寺だそう。
けんちん汁の発祥の寺
重文 三門の右隣りには、建長寺創建当時からある、

国宝の梵鐘      と嵩山門から禅寺に行かれる 修行僧さん。三門の後方一直線に
国宝の梵鐘 国宝の梵鐘 嵩山門から禅寺

重文 仏殿
重文 仏殿

重文 法堂 で千手観音坐像さんに参拝祈願
重文 法堂

方丈で庭園など散策し、趣ある正統院前を通り
方丈で庭園 方丈で庭園 正統院前

天園へのハイキングコースを上がる、カラス天狗の像でいっぱいの半僧坊での眺望
天園へのハイキングコース ハイキングコースを上がる カラス天狗の像でいっぱいの半僧坊

富士山が、左下のほう、正月プログの鳶が、
富士山

さらにハイキングコースを上がり、勝上けん展望台での眺め 
勝上けん展望台での眺め

建長寺境内、鎌倉、太平洋
建長寺境内

反対側、はるか遠くに、あの建物が見えるとすると、みなとみらい方面?
P1070188.jpg
                デジイチ デジカメ写真が、混ざってます。

次へと

テーマ : 病気と付き合いながらの生活
ジャンル : 心と身体

加齢とともに

雪が降った時の写真を、削除していたら面白いのが見つかった。
0118 052

UFTの服用を止めた所為もあるのだろうか、
今まで上限だった体重53kgが55,5kgになる。
それはそれで、平均体重に近づけて嬉しいのだが・・・
スラックスのサイズ・・・
今まで、多少ゆとりある76cmを穿いていたが、加齢とともに身体が小さくなると思い、
徐々に73cmに買い換えていた、それが今はまるっきりきつく、
76cmサイズが、が少ない、買わなくては、汗。

なんか無機質な感じする 五月蝿いヒヨドリ
0122ヒヨドリ<br />

蝋梅にさしたキューイに近づこうとするが写真撮ろうとする自分に警戒心強い、意外とメジロは蝋梅のキューイに
0122 蝋梅 0122 メジロは蝋梅
 
ほんわか感じ
0122 ほんわか感じ<br />

ーーーーーーー

神奈川 ③   鶴岡八幡宮

以前、→ポチ 鎌倉に行った時、訪れられなかった、鶴岡八幡宮へ行った。
鎌倉周辺には、駐車場がたくさんある、まだ早い時間だっただかろう参道前が空いてたので、入れる。長い参道 段葛 桜並木を歩いていくと鳥居が見え始めた。
参道 鳥居 P1030865.jpg

平家池と源平池の中央に太鼓橋が架かっていた、神様が通る橋だからだろうか渡れないようにしてあった。
太鼓橋越えに應神天皇、比賣神、神功皇后をお祀りする本宮が見えた。
P1030867_20110123155649.jpg

源氏池にある、鎌倉 江ノ島七福神の一つに数えられている旗上弁財天社、頼朝が旗揚記念とか。
源氏池 鎌倉 江ノ島七福神 旗上弁財天社

ギンナンは鶴岡八幡宮の名物になるのかな、笑。手水舎で手を清める。舞殿(下拝殿)と重文 若宮(下宮)。
ギンナン 手水舎 舞殿(下拝殿)と若宮(下宮

舞殿は義経の彼女 静御前が舞ったところだそう
舞殿

鶴岡八幡宮のイチョウは、隠れ銀杏で有名
P1030887.jpg

その、隠れ銀杏は、樹齢は1千年といわれ、神奈川県の天然記念物に指定されていたが、平成22年3月10日に倒れた。ニュースでよく放送されてたな~、今は
隠れ銀杏

この狛犬は、ちょっとズッコケた 笑
P1030896.jpg

重文 本宮 。
宗教は信じない、矛盾するが、訪れる各々寺社は、いつも素直な心で参拝祈願。
隣にある宝物殿を拝観。
重文 本宮 隣にある宝物殿 拝観

大臣山をあとに
大臣山

鎌倉街道を歩いて、北鎌倉へ

テーマ : 病気と付き合いながらの生活
ジャンル : 心と身体

変り映えのない

畑隅にある八朔の下影にスイセンが咲いていた、寒い寒いなか、春が近づつあるのを、教えてくれてるのだろう。
スイセン

ポイント10倍クーポンで、食事を買う、これだけ買うと、たいてい500円券を貰える。
食事は一袋ずつ取り出し混ぜたのを、与える。大好きなアンコウの肝を売っていた、茄子と煮る、胃腸が弱いので油脂を控えると、変り映えのない、いつもの食事。月の傘が楕円形だった。
0121食事  0119アンコウの肝 0119 041

「餌をやる」と言ったら「食事」と猫好きの人に怒られたことがある 笑
0121 混ぜて

時々、庭で見かける、可愛い小鳥、検索するが名前が分からない。汗
0119 小鳥 0121 小鳥 0121 小鳥

ーーーーーー
神奈川の旅 ②   国宝 茶室如庵

犬山城から歩いて5分位だろうか、国宝 茶室如庵のある有楽苑 うらくえん に行った。有楽苑は信長の実弟、織田有楽斎が建てた茶室国宝茶室如庵があるところ、
正門前を通り、通用門に行くと、犬山焼きの茶碗を売っていて、犬山焼きは鮮やかな色彩していた。有楽苑の、なにげない路を歩く
正門 山焼きの P1030805.jpg

どのたてものか、清楚で上品な建物、落ち着く景を感じる。少し歩き岩栖門(いわすもん)をくぐると
清楚で上品な建物 落ち着く景 岩栖門

重文 旧正伝院書院は、有楽斎が京都建仁寺の塔頭正伝院に移り住んだ隠居所を移築してある。
重文 旧正伝院書院
なんら、今時のしゃれた和風平屋と変わりないと感じた。


国宝 如庵は織田有楽斎が考え1618年にたてた茶室。
如 庵

有楽苑の各、茶室は写真のような佇まいのなかにあった。
佇まい

弘庵は近代に建てられ、犬山焼の茶器で有楽風という和菓子を楽しめられるそう、何人も嗜まれていたようだが、自分には、入り辛い雰囲気があった。元庵に向かう
弘庵 何人も嗜まれたようだが 元庵

元庵は、有楽齋が大阪 天満に作ってた茶室を、古図に基づいて復元されている。
元庵は 元庵 元庵

わび さび の世界、自分は、よくわからないかな
わび さび

木曽川からのぞむ犬山城に別れた。期待の富士山、SA富士川で見れず 汗。SA海老名付近、渋滞 汗。
犬山城に別れた 見れず  渋滞

神奈川 続く

テーマ : 日記
ジャンル : 心と身体

なぜだろう

奥歯が痛み出した、歯医者へ行く、左右奥歯ぐらぐらしてるところ多少 汗
たちまち歯の噛み具合の微調整しかないらしい、微調整し、歯垢の掃事し歯科医勧めの歯ブラシを貰って帰る。
医療費¥2860.
0118 歯科医勧めの歯ブラシ

万両、十両の実を取る犯人をみつけた。シジュウカラ、メジロに比べ、可愛くないと思うのは、
なぜだろう
0118 犯人をみつけた 0118 シジュウカラ メジロ

自分の住む瀬戸内にも、今年初めて、ささやかに、雪が積もった。
0118ささやかに

一応の朝の支度をし、
0118 朝の支度 0118 朝の支度をし 0118 朝の支度をし

畑の見周り、除雪をしてたら
0118 畑の見周り 0118 畑の見周り 0118 除雪

もう溶け出していた
0118 溶け出していた

ーーーーーーーーーー
神奈川で ①

犬山城

11月23日、神奈川の叔母さんのところに遊びに行く途中、愛知県犬山市にある国宝 犬山城に行った。紅葉真っ盛りの時期、京都付近では高速は渋滞、予定よりおくれて、犬山城城下町の人通り多い道をトロトロ運転、犬山市文化史料館に、一台駐車出来るスペース見つけすべりこむ。正面に見える犬山猿田彦神社を通り抜けるのが近道らしい、紅葉がまっさかり、鳥居の朱とよく映える。朱を通り抜けると
文化史料館前 犬山猿田彦神社 朱を通り抜けると

犬山城への登城口、モミジが眩しい城門をくぐると、
犬山城への登城口 モミジが眩しい 城門

直ぐに 国宝 犬山城天守が見えた。
国宝 犬山城天守

成瀬家の家紋 カタバミ
1124 010

冬桜?。天守の入り口を守る 付櫓(つけやぐら)。天守の替わりに落雷にあった、神木「大杉様」。
犬山城は1537年、織田信長の叔父である織田信康によって建てられ、現存する日本最古の木造天守閣。
冬桜?。 付櫓 神木「大杉様」。 犬山城は

城内にも観光客がたくさん、付櫓内部、展示物を見ながら天守へ、
城内にも観光客 付櫓内部 展示物を

天守からの眺めは、左周りの一方通行になる。
左周りの一方通行 左周りの一方通行 左周りの一方通行


南

東    木曽川
東

西    木曽川
西

順番待ちしながら、石落しなど見、下城、城門へ
順番待ちしながら 石落しなど 城門へ

冬桜、モミジの きょうえん が印象に残った。
P1030786.jpg

国宝の城は、残り一つ、今年中には行きたいなぁ~

次へ
ーーーーーーーー
                    メモ  1月16日 △
                          17日 △
 

テーマ : 日記
ジャンル : 心と身体

金運上昇 ?

天然記念物 白蛇を、見たくない人も、おられると思うので、岩国城から見下ろした、錦帯橋写真に隠すことにしました。
金運向上と思われる方は、その写真に、マウスオンをしてください。

ーーーーーーー

12月17日(←ポチ)に採ったキューイに、早く熟すためにリンゴを入れて、約1月が経った。
キューイの味見は、まず、はーとさんも好きな、メジロに食べれるかどうか、庭のシデコブシ枝にキューイを刺し、試食をしてもらう。
マウスオンしたら、「食べれるピー」と、言っているよう 笑

デジカメで、4~5メートルくらい、離れたところ、ズーム24倍くらい。

実も柔かく食べれるようになったよう、ジャムにすることに。
何でもジャムにする自分だが、キューイは今までしたことがない。
去年は出来のわるかったキューイ、皮を剥ぐと、猛暑で焼けて、色が変ったのや、中が空いたのがよく分かる、不良なのを取り除き、火にかける。色が変り火が通っても細かくならない、冷ましてフードカッターにかけ、再び火にかける。甘みはあったが、足りない、ガンが嫌う、糖分のない甘味料を少し加えた。
ん~ンの味だった、フェイジョアよりは、美味しい 笑
リンゴ入れず、熟してないキューイ、順次、ジャムにしていこう。
0113色が変ったのや、中が空いた 0113 細かくならない 0113 ジャム

約4~5メートル
デジイチ 望遠200mmXデジタル2
マウスオン 
デジイチ 望遠200mmXデジタル4

キューイは、足の親指大、とても小さいの使う。メジロはとても小さい鳥です。200mmXデジタル2、の写真くらい。

先日、散歩途中にであった白い猫、今度は近くで見つめてる、目はシロのライトブルーとは違い、ゴールドだった、やけに毛並みがきれい、マウスオンすると、ウィンクしてくれた、
違うか 笑

ーーーーーーーーー

岩国 ③

食事をして、岩国城ロープウェイの前にある、白 ~>゜)~~~観覧所にいく。ロープウェイで、標高約200mの城山山頂まで、錦帯橋、岩国城下町、岩国市街、遠くは黄砂でかすむ景色をみながら上がり、山頂駅に着く。
白蛇観覧所 錦帯橋、岩国城下町、岩国市街 山頂駅

岩国城へは、舗装された道を歩く、途中、大釣井があった、この井戸は、異常時の時の為、武器弾薬を隠したり、城からの抜け道があるそう。山頂駅から歩いて約10分で岩国城に着いた。
舗装された道 大釣井 岩国城

岩国城は、吉川広家 が1601年 に築城した城。現在ある場所は、錦帯橋から良く見えるよう、天守閣跡があったところから移し復元されてる。
復元されてる

天守閣跡をみ、展示物をみながら、天守閣を上がる。
 展示物をみながら 天守閣を上がる

天守からの眺め、黄砂がひどく、遠くが見えず残念。
黄砂がひどく

錦帯橋をズームしてみた。
蛇の嫌いな方は、マウスオンしないで下さい、気分悪くなられても、責任は負いかねます 笑。
自分は、好きくありません !

天然記念物 白蛇は、弁天様のお使いとして、金運、開運の守り神としてあがめられています、見られると金運あがるかも、
金運上昇 ?
ちなみに自分は、年末ジャンボ、まだ当選番号みていません。 笑

吉香公園で猿回し、していた、再び錦帯橋の土台など見て、河川敷駐車場へかえる。
猿回し 錦帯橋の土台 錦帯橋

駐車場のところに、木炭車があった、車内、後部など写していると、運転書さん「これから、岩国城ロープウェイのところまで、行くよ、無料だし乗って行くかい ?」
車内 後部 運転書さん

木炭車に乗れる、あぁ~、どうしようか迷ったが、シロが夕食を待ってるだろうなぁ~
乗れる

テーマ : 日記
ジャンル : 心と身体

糖分ゼロだそう

玄関で、近所のかたとであう、しめ飾りを燃やしにいくといわれた。そうだ今日は、とんど だ。
ここ何年も行ってない、処分し忘れたのも集め、もっていく。
帰って、おしるこを作る。甘みは、写真の一つでつけた。
これには糖分ゼロだそう、ガンや虫歯菌は嫌うだろうな !
0111 おしるこ

古いしめ飾りを集め、針金など取り、とんど に行った時は終わりかけ、スルメを焼いてる人もいた。
0111 古いしめ飾りを 0111 とんど 0111 スルメ

糖分はひかえるようにしているのだが、妹がお菓子を持って、挨拶に来てくれる。糖分少なそうな、みかん大福、杏仁豆腐だから、まぁ良いか 汗
0111みかん大福、杏仁豆腐

妹、畑の野菜を採って帰ってくれる、畑の野菜が疎らになりとても助かる。ケールは失敗だった、葉が硬く、ジュースにしないと食べれない、汗。
0111 採って 0112 疎らになりとても 0112 ケール

ーーーーーーー

岩国 ②
吉香公園 (きっこうこうえん) 、旧岩国藩主吉川家の居館跡を散策、いろんな噴水があり、
吉香公園 (きっこうこうえん) いろんな噴水 いろんな噴水

紅葉は真っ盛り
紅葉は真っ盛り
子供たち、はしゃぎまわり、穏やかな日だった。

吉香公園 の周囲も散策。

香川家長屋門、屋根が特徴的。          吉川家墓所
香川家長屋門 屋根が特徴的 吉川家墓所

紅葉谷公園には、
紅葉谷公園

洞泉寺、永興寺、六角亭など、見所が点在
洞泉寺 前 永興寺 前 六角亭

江戸時代中期、中流武家屋敷 目加田家住宅 (めかたけじゅうたく) も、特徴ある両袖瓦と平瓦。
目加田家住宅 江戸時代中期、中流武家屋敷 両袖瓦と平瓦

錦雲閣のある
錦雲閣

旧岩国藩主吉川家の先祖さん祀る吉香神社 (きっこうじんじゃ) に入ると、美しき天然 (唱歌)を作曲した田中穂積 の胸像があった、田中穂積 さんは知らないが、美しき天然 は懐かしい。皆さんご存知ないだろうと思う。小さい頃、見世物小屋、サーカスに行ったら、よく流れてた美しき天然←ユーチューブ。
先祖さん祀る 吉香神社 田中穂積 さんは

吉香神社の池に 一時、流行った、人面魚がいた、葉はモミジバフウ
人面魚がいた、葉はモミジバフウ

腹が空き、ソフトクリーム売ってた店にもどり食事、岩国名物、鮎の甘露煮とレンコン料理
鮎の甘露煮とレンコン

岩国城へ

テーマ : 病気と付き合いながらの生活
ジャンル : 心と身体

いりょうひ

去年は、ほぼ無収入なので、税金の還付金は、あるはずもないのだが、
去年は医療費がどれだけ掛ったか、計算してみた、総額の上は薬代。
今年からUFTがなくなるし、検査も少なくなるだろう、
検査が少なくなるのは 助かるが、ちっと寂しい。
ゴディバ ビスキュイ コレクションボックス  原産国スイス をいただく。食べれるホウズキは、幽霊みたいになった、片付けなくては、
0109 医療費 ゴディバ ビスキュイ  0109食べれるホウズキ

片付けといえば、風呂からの庭、枯れ葉を片付けなければ、シロは何を、やってんだか 笑
0107片付けなければ 0107片付けなければ 0107片付けなければ

今年のアセビは蕾がイッパイ、咲いたとき楽しみだな。
0107アセビ

ーーーーー

岩国 ①

去年、11月12日に行った岩国の写真、一回では、まとめられないので何回かに、
駐車場は河川敷にありかなり広い、鵜飼いの船、季節外れか多数陸揚げしてあった、イチョウ越しに岩国城が見えるが、錦帯橋にはチョッと遠い、よく見ると対岸の錦帯橋の近くに広い河川敷駐車場がある、早速移動。
鵜飼いの船 錦帯橋 岩国城

錦帯橋の下から岩国城を撮ってみた。
錦帯橋の下から岩国城

錦帯橋は、岩国藩第3代藩主 吉川広嘉が家臣の児玉九郎右衛門に命じ、1673年に完成した。以後何回も修復され今にいたる。五連の反り橋がある木造橋で、国の名勝に指定されて、長さ 橋面にそって210m、直線で193.3m、幅5m、橋台の高さ6.64m。
錦帯橋

錦帯橋を渡る、
錦帯橋を渡る 錦帯橋を渡る 錦帯橋を渡る

駐車場のほう、遠くは黄砂でかすんでる、橋したで、錦川名物鮎を縦網で取る人、友釣りする人がいた。
遠くは黄砂でかすんでる 名物鮎 友釣りする

渡った付近に、桜の開花基準木や、巌流の佐々木小次郎が必殺技ツバメ返しをあみだした場所といわれる、柳があった。
渡った付近に 桜の開花基準木 必殺技ツバメ返し

紅葉し始めのモミジや、
紅葉し始めのモミジ

桜葉の紅葉
桜葉の紅葉

槍倒しの松
P1030286.jpg

ススキこしの錦帯橋をみて、百種のソフトクリームなど売ってるところを、通り吉香公園へ
ススキこしの 百種 吉香公園へ

つづく、

テーマ : 病気と付き合いながらの生活
ジャンル : 心と身体

ひいきめか

大腸ガン予防によいと、毎日している散歩コース、ふと見上げると、白い猫、まさか !
0107 白い猫 0107 白い猫 0107白い猫

よくみると、シロのほうが上品だから、違うと すぐ気づく。
0104 上品だから
ひいきめか、

1月6日、畑の様子、橙、畑。
0107橙 0107 畑

雑煮は、柔らかすぎるトロトロのが好みだ。先日、正月用につくったサーモンマリネ、カブ、数の子を食べ終える。
0105サーモンマリネ

ーーーーーーーーーー

  園城寺(三井寺)
彦根城を見終え、東名にのり、同じ滋賀県にある大津の園城寺(三井寺)に行った。大津ICで降りると琵琶湖が見え始めた、琵琶湖前、信号と電車でしばらく待ちぼうけ、あっ青になった。重文 仁王門まえにある駐車場は、わりと広く車は難なく停められた。
写真の設定の、暗部補正を強くしてたのか、写真どれも白っぽい 汗。
琵琶湖 信号と電車 P1020525.jpg

三井寺は、天台寺門宗総本山で、本尊は如意輪観世音菩薩、開基は大友与多王。
天智、天武、持統の天皇さんが、産湯に使われたと伝えられている井戸があるそうです。
園城寺の重文 仁王門には、運慶の作とされている金剛力士像があったそうだが、写してない失敗ものだ。
重文 仁王門

仁王門は通り抜けできなくしたあった、石段から国宝 金堂を見る。重文 鐘楼 。鐘楼に吊られている梵鐘は、三井晩鐘といわれ、
姿の平等院、銘の神護寺、声(ね)の三井寺といわれ、日本三鐘の一つだが、行った時は知らなかったので、写さなかった 汗。
仁王門は通り抜けできなくしたあった 石段から国宝 金堂 重文 鐘楼

国宝 金堂
国宝 金堂

金堂にあがり、参拝祈願。金堂の西側に小さな建物、重文 閼伽井屋(あかいや)。天智、天武、持統の三天皇の産湯に使われたと伝えられている泉を保護してる建物、1600年に建てられたそう。
金堂にあがり 参拝祈願 重文 閼伽井屋(あかいや

三井寺の境内図を参考に、霊鐘堂に。中には弁慶が、引きずりまわしたという 重文 弁慶の引き摺り鐘 があった。
境内図 霊鐘堂に 霊鐘堂に

唐院にむかう参道を上がると、重文 唐院四脚門があり、中に入ると 重文 灌頂堂(かんじょうどう) 三重の塔、中には国宝の智証大師坐像がある。この奥に国宝の勧学院客殿があるのだが、入ることができなかった。
唐院 重文 唐院四脚門 重文 灌頂堂(かんじょうどう) 三重塔

村雲橋を渡り、圓城寺五別所の一つ微妙寺は工事中、でも、重文 十一面観世音菩薩が特別公開してあった、参拝祈願 真言。
村雲橋 微妙寺  真言

観音堂に向かう参道の途中、重文 毘沙門堂あがあった。観音堂のなかでは、
観音堂に向かう参道 重文 毘沙門堂 観音堂

結婚式がおこなわれていた、真言。
結婚式がおこなわれていた、真言

観音堂展望台からの眺望は、近江八景が全部見られるそう、
観音堂からの展望

かすかに近江富士が見えた。カメラ、おまかせ機能で撮ればよかった 汗
琵琶湖
三泊四日の旅が終わり、瀬戸内に帰る。

テーマ : 一人旅
ジャンル : 旅行

こころ、和らぎました。


いち富士
                       富士川SA

タカ科ということで
          タカ科           鎌倉   建長寺 

0101三ナスビ
                        自宅 庭


0101あけまして  0101 おめでとうございます 0101 今年もどうかよろしくお願いします

あけましておめでとうございます。
昨年は、ご訪問、またコメントとう、
いろいろお世話になりありがとうございました。
今年もどうかよろしくお願いします。

マウスオンねがいます。
                       2011年 元旦

ーーーーーーーー
国宝 彦根城 ② 玄宮園

西の丸三重櫓から内堀に出ると、黒門まえに彦根藩 下屋敷 玄宮園があり、入園する。
内堀 黒門 玄宮園

下屋敷 玄宮園は、4代藩主井伊直興が造園した回遊式庭園で、昭和26年に国の名勝に指定されているそうです。
回遊式庭園

臨池閣と鳳翔台と彦根城天守
臨池閣と鳳翔台と彦根城天守

竜臥(りゅうが)橋など渡り数奇屋造り臨池閣、八景亭をみながら鳳翔台へ
竜臥(りゅうが)橋など 数奇屋造り臨池閣、八景亭 鳳翔台

鳳翔台(ほうしょうだい)は、庭の景色を眺めながら、藩主がお客をもてなす場所だそう。
柵の外から写真を撮ってると、きれいな鳳翔台のお姉さん(30才代ぐらいかな) 
「この辺りから写すと、イイ写真撮れますよ !」
鳳翔台(ほうしょうだい)は 柵の外 この辺りから

迷惑かなと思いつつ写していたら、声をかけられ、うれしくなって、茶の作法など知らないが茶室に上がらさせていただいた。 国宝 天守もよく見えます。
茶室 茶室 茶室

抹茶が こんなに おいしいとは !
こんなに おいしいとは 

この場所が、柱が少なく、天守もよく見え、殿様が好んで座られた場所だそうです。
殿様が好んで
鳳翔台さんへ、「よい、おてまえ でした。こころ、和らぎました。ありがとうございます。」
お点前で、よいのかな~? お茶 知らないもので 汗

国宝 彦根城 つづきます。

テーマ : 病気と付き合いながらの生活
ジャンル : 心と身体

クセになりそう

元日にかけて、全国的に大荒れの天気だそう、寒さ対策など、充分にしておきたいものです。
先日の冷え込んだ時に、小屋の床だけでなく、全体を温めるためホットカーペットを一つ買い、壁に立て掛けた。
これでより以上、小屋が温かくなり、早朝の寒さにも居心地が良くなるはずだ。
1229 ホットカーペット

手ごろの大きさになった、紫のカリフラワーを採取、
1229紫のカリフラワー

先日の紫の野菜は、ゆんこさんに教えていただいた
1229 紫の野菜

パスタに    海鮮、紫野菜パスタ。
1229 011
紫のカリフラワーは茹でると、色が落ち、ブロッコリーと同じ色、味に。汗
来年は植えないようにしよう。
紫野菜、
クセになりそう な苦味、いける ! 
シャコ、ホタテは、霜が着いてた冷凍もの整理 笑  

写真を撮ってると、御腹が空いたのか甘えてくる。

マウスオン

ーーーーーーーーー

 国宝 彦根城 ①
白川郷の続きになります、
旅行でとまるところは、ビジホにしています、安く、気楽、手ごろだし。このときの旅行は、いずれの朝も。日頃気になる、朝の便通はよかったので、早く出発できた。8時頃には、城内にある駐車場の一つ、二の丸駐車場に着いた、駐車は既に半分ほどしていた、土曜日だからだろうか。見学順に写真を掲載。二の丸駐車場にある。

重文 馬屋 (うまや) いつも藩主用の馬が十頭ばかりいたそう
馬屋 馬屋 馬屋

どうでもイイ写真 朝食バイキング 載せるの忘れてた 汗。表門橋を渡り、いざ登城。
朝食バイキング 表門橋 いざ登城

少しあがると 廊下橋と重文 天秤櫓
廊下橋と重文 天秤櫓

彦根城は、徳川家康公の命により井伊直継さんが慶長9年(1604年)より着工したそう。井伊家の居城、井伊家は、幕末では、桜田門外の変、井伊直弼さんで知られてますね。
時間が早かったせいもあるのでしょう、彦にゃんは見かけませんでした。
重文 天秤櫓を通り
重文 天秤櫓 重文 天秤櫓 重文 天秤櫓

中にはいってみた。重厚な木組み、廊下橋はイザというとき壊されます。
重厚な木組み イザというとき壊されます 重厚な木組み

天守に向かい 重文 太鼓門櫓 下をあがっていくと、時報鐘 (じほうしょう)があり、琵琶湖が眺められた。
太鼓門櫓 下 時報鐘 (じほうしょう) 琵琶湖

重文 太鼓門櫓をとおり、かいだんを登ると
重文 太鼓門櫓 重文 太鼓門櫓 かいだんを登ると<br />

国宝 彦根城 天守閣
国宝 彦根城 天守閣<br />

 天守閣 南西面
天守閣 南西面

南面 。  ちょっと荒い石垣土台。  北面。
南面 ちょっと荒い石垣土台 北面

東面より城中に入る、二、三階とあがり
東面より 城中に入る 二、三階とあがり

琵琶湖の眺めを写そうと思ったが、窓に網が張りめぐらされ、上手く撮れない、ガッカリ 汗。天井の木組み。
窓に網 琵琶湖の眺めを 天井の木組み

天守閣を後ろに、西の丸へ 重文 西の丸三重櫓。中へはいって上がりの眺め、近江富士だろうか?
重文 西の丸三重櫓 中へはいって 近江富士だろうか?

西の丸三重櫓をあとに
西の丸三重櫓

感激した、玄宮園にいく 続く

ーーーーーー

彦根城の記事や、今年いったあちこちの記事が、来年の持ち越しに、汗。
今年の終わりの記事かな~
今年も、いろんな事があり、そのつど皆様に、ありがたいご意見、やさしい言葉を、かけていただき、勇気つけられ感謝しています。ありがとうございました。
また、かみあわないコメントしてたことも、たびたびあったと思います、
どうか、懲りずに来年も、よろしくおねがいします。
皆様、よいお年をお迎えてください !

テーマ : 国内旅行
ジャンル : 旅行

就寝時の注意

しっかりと、瀬戸内も寒くなった、
初雪は粉雪、冷たい風でチラホラ舞っている。
コウヤマキを持って お掃事に、シロも自動車で連れて行く。お供えの花は年末にしよう。
1224 お掃事に 1224 コウヤマキ お掃事に
 
満月蝋梅の、葉を落とすと、見栄えがした 笑
1226葉を落とすと 1226落とすと 1226見栄えがした 

今時期、青物は家菜園のカブの葉など使うのだが、スーパーでレタスぐらいの大きさ、初めて見る紫野菜が安かったので買う、北海道産の、大好きなタラ白子も安い。カブ タラ白子煮、紫野菜はスッゴク苦い、汗 炒めものし、食べる頃は、いくらか苦味はやわらかくなった。
1226紫野菜 1226タラ白子 1226食べる頃

ーーーーーーーー

世界遺産 白川郷
合掌造り五箇山菅沼の続きです、再び、東海北陸自動車道にのり、一つ先の白川郷ICで降りると、あちこちに祭りの幟がたっていた、華やいだ雰囲気、白川郷に近づき駐車場を探していると、ポイント、ポイントで係りの人が誘導、なんだか街をぐる~と半周し一番奥の、庄川河川敷に案内された(どの車でしょう)。川向こうの駐車場からは、数多くの観光客が 出会い橋 を行き来しているのがみえた。自分は、白川郷の奥?のほうから散策することに。ざわめきのなかに、祭りの準備の子供達。どぶろく祭りで名高い白川八幡神社の、どぶろく祭の中だった。
庄川河川敷 出会い橋 祭りの準備の子供達

どぶろく祭りの、どぶろく酒は、杯を¥400円で購入するのだそう。
どぶろく祭 どぶろく酒は 杯を¥400円で購入すると

岐阜県大野郡白川村
白川郷は、世界遺産に認定された3つの集落、白川郷、菅沼、相倉、のなかで最大規模の集落で、観光客がさも多く訪れます。お土産屋も、菅沼集落より、はるかに多く観光地化されていると思った。
写真(ウィキペディアよりお借り、出会い橋と白川郷)の右から散策した。通行止めになってる、しらかわ街道の両脇に合掌造りが点在、祭り警備のパトカー後方に見える
出会い橋と白川郷 しらかわ街道 祭り警備のパトカー

明善寺にいく、珍しい茅葺きの鐘桜門、明善寺庫裡郷土館。
花と合掌造りを散策。 茅葺きの鐘桜門 明善寺庫裡郷土館

花と合掌造りを散策。
花と合掌造りを 花と合掌造りを ダリア

P1020254.jpg

ススキ
ススキ

コスモス
コスモス

トウガラシ
トウガラシ

ハサ小屋、秋に刈り取った稲や稗を干すところ。葺き替えしてる家もあった。
ハサ小屋 ハサ小屋 葺き替えしてる

ふつうは、であい橋から、観光に周られるようだ。駐車場にもどるころ、どぶろく踊りは
であい橋 観光に どぶろく踊りは

最高潮
P1020303.jpg

白川郷でて4時ごろは、 国宝 犬山城あたり、時間的にむり(一月後行く)、予約しておいた彦根にむかう。彦根あたり、運転中、夕焼けが見事だった。ホテルのレストラン、サバの味噌煮ぐらいしか自分にあうメニューしかなかった。
就寝時の注意 準備。
サバの味噌煮 注意 準備
がんナビ「胃食道逆流症患者の食道腺がんリスクはそれほど高くない」は、自分の場合、60歳頻繁は高いのだろうか?。

続く
ーーーーーーーー

仏さん参りの ついでに、妹が、クリスマスケーキを持って来てくれた。 
胃に負担かかり、がんも好きな甘いものだけど、たまには、いいことにしよう。汗
1226クリスマスケーキを
ちょっと、クリスマス気分あじわった。

テーマ : 病気と付き合いながらの生活
ジャンル : 心と身体

風邪予防には

季節外れの黄砂などで、軒下、タイルは埃だらけ、正月がくるし、大掃除の真似事せよとシロがいってるよう、用具そろえ、現場監督。 笑
1223埃だらけ 1223用具そろえ 1223現場監督。 笑

水が苦手なのに、後片付けなど、手伝おうとするのか、離れようとしない。
1223水が苦手なのに 1223後片付けなど 1223手伝おうとするのか

ひょうたん南京、ローリエ、シロネギ、タマネギ、ブイヨン、ご飯、塩、胡椒
1222 010


1222パンプキンスープ 
    煮て裏ごしし、牛乳を加え、、
    簡単 パンプキンスープをつくった。
    夏には大葉を添えて、冷製スープ
            このたびは冬至だし、
           風邪予防には ホットのパンプキンスープ。


ーーーーーーー

  世界遺産 五箇山 
北陸 瑞龍寺の続きです、
北陸旅行の目的、輪島の千枚田、高岡 瑞龍寺を見終えたが、せっかく、ここまできているし、一気に瀬戸内まで帰るには、しんどい。前の晩予定を変え、滋賀彦根に一泊することにし、合掌造りを見にいくことにしていた。高岡から、東海北陸自動車道で五箇山へ。
飛騨合掌ラインの道路から、五箇山の合掌作り(合掌の里)がみえはじめ、道路脇にあった駐車場(南砺市世界遺産菅沼合掌造り集落展望広場)にとめる、駐車場からは、五箇山の一つ菅沼集落が見えた。
合掌の里 駐車場 菅沼集落

菅沼集落合掌造り
菅沼集落合掌造り

駐車場の、エレベターをつかい下におりると、合掌の里と菅沼集落をつなぐトンネルの中にでた。
菅沼集落は小さいが山村集落の世界遺産、 9棟の合掌造り家屋があり、江戸時代末期に建てられたものが2棟、明治時代に建てられたものが6棟、大正14年に建てられたのが1棟あるそうです。
これは物置でしょう、散策する、このときは10月中旬、いろんな花が咲いていた。
物置 合掌造り 10月中旬

コスモスが満開だった
P1020197.jpg

お土産屋さんと食堂をしている、一軒の合掌造りの家で昼御飯、できるまで中をチョッと写す。
お土産屋さんと チョッと写す チョッと写す

隙間ワラ 合掌造りの家 やまめ焼き定食


情緒ある、合掌造りの家見ながらの郷土料理は、おいすい !
P1020209.jpg
きれいな女将さん 「世界遺産に登録された頃は、すごく混雑してたよ」と言われた、今はそうでもないらしい、好いところなのに、白川郷に負けないで。

トンネルを通り、合掌の里の方に行ってみた。合掌の里は、合掌造りに宿泊、生活体験ができる施設だそう。
トンネルを通り 生活体験ができる 宿泊

少し散策した。
散策した

次のところへ、 

                 メモ 12月22日 △

テーマ : 病気と付き合いながらの生活
ジャンル : 心と身体

意味が、ちがうか

21日は、皆既月食があるそうです、あいにくと瀬戸内は曇りだそう。
前記事で、綺麗な昼月だと思い載せた。満月に近い感じだったので続いて、撮ることに、すると同じ高さになる時間が遅れてくるのに、この歳になって気づく 汗。
デジタルズームなので、画質が落ちたきがします、自分のカメラしか知らないので。
月の輪郭がなにかおかしい
200mmX4
17日、16時頃、         19日  18時頃、
17日、16時頃 19日18時頃

20日  20時頃、
20日 20時頃
それにしても、神秘


毎月、第三土曜日に、
花屋さんがコウヤマキ(コウヤマキは、霊木とされていて、緑が長くもつ)を、
持って来てくださることになってます。
遠いところの花屋さんに頼んでます、家にあるのですが、まだ小さいし、近くの花屋さんで手に入らない。
一本300円で8本
今度の週末くらいに お墓掃除にいこう
1219 021

ーーーーーーーーー

北陸 瑞龍寺  
輪島朝市からの続きです。
朝市の雰囲気をあじわい、8時30分ごろ輪島を出発、10時過ぎに高崎 瑞龍寺の門前にある駐車場についた。瑞龍寺を訪れてたのは、以前サスペンスドラマを見たときに、キレイで趣きがあると思い、いつかはと。
駐車場からは、すぐに重文 総門が見える、人体になぞられている伽藍図と法堂の鬼瓦も置いてあった、大きい。
重文 総門 伽藍図 法堂の鬼瓦

曹洞宗高岡山 瑞龍寺 は、加賀藩二代藩主前田利長公の菩提を弔うため三代藩主利常公によって建立された寺で、江戸初期・禅宗に典型的な建物群からなり、山門・仏殿・法堂、が国宝に、総門・禅堂・高廊下・回廊・大茶堂が重要文化財に指定されています。

総門を通ると、堂々とした、国宝 山門 が見える
国宝 山門

吽形仁王像          国宝 山門       阿形仁王像 
吽形仁王像 国宝 山門 阿形仁王像

山門をくぐると、
左に禅堂(重要文化財)
左に禅堂(重要文化財)

国宝 仏殿   鉛葺きの屋根
国宝 仏殿

右に大庫裡(重要文化財) 奥のほう鐘楼(重要文化財)
大庫裡(重要文化財)

国宝 仏殿の中は、明時代の中国の本尊の釈迦如来・文殊菩薩・普賢菩薩の三尊が祀ってあった。撮影禁止でなさそう、参拝し振りかえってみる。
国宝 仏殿 釈迦如来・文殊菩薩・普賢菩薩の三尊 振りかえってみる

仏殿の後方に 国宝 法堂
P1020139.jpg

大庫裡の回廊から国宝 法堂 に周ってみた。回廊にはいる陽ざし模様がきれい。
回廊

延命菩薩像があった、自分は、分けのわからなくなった延命治療の時。延命措置して欲しくないので、祈願しなかった、天寿、長寿菩薩の名前だったら、考えすぎ
意味がちがうか 汗。
おびんずる様と親しまれている なでぼとけ(賓頭盧尊者)さん、病気している場所と同じ場所を撫でれば、病気が治るんだそう、お願いした、イッパイある。日頃の不信人、願いがかなうか 汗。法堂 前面の板廊下。
延命菩薩像 おびんずる様 法堂 前面の板廊下

法堂には観音菩薩さん、前田利長さんの位牌がありましたが撮影禁止。法堂 書院・上段の間。「大茶堂」。お抹茶席。
書院・上段の間 「大茶堂」 お抹茶席。

法堂の裏口から「瑞龍寺 石廟」に行った
石廟は5つあり右から、前田利長さん、前田利家(加賀藩祖)さん、織田信長さん、織田信長側室さん、織田信忠(信長公の子息)さん、5人の方達が分骨されていた。前田利家(加賀藩祖)さん。
裏口から 瑞龍寺 石廟 前田利家(加賀藩祖)さん

禅堂側の回廊、禅堂へ。
禅堂側の回廊 禅堂へ 禅堂

ありがとう瑞龍寺
ありがとう

受けつけで、参道 八丁道(約870m)の先に加賀藩二代藩主前田利長さんの墓があると聞き、行って見た。石畳が、ず~っと続く、瑞龍寺といい、さすが加賀藩百二十万石。周囲に堀を構えた大きい墓所だった。
八丁道(約870m 前田利長墓所 周囲に堀 前田利長墓所

越中五箇山へ

テーマ : 病気と付き合いながらの生活
ジャンル : 心と身体

すっきりしている

猛暑で葉が落ち、数多くの実も焼けおちたキューイ、例年より実も小さく数少ないが、収穫時期がきたので採った。シロは喜んでるみたい。 笑
1217数少ないが 1217 採った 1217喜んで

今年はとにかく実が小さい、味はどうなのだろう、熟すようリンゴを入れる。
1217 、熟すようリンゴを入れる
           実、焼けてるのかなぁ~ 色具合が、
今年、雄木が枯れたし、来年は採れないだろう   汗
できわるいが、半分は、いつも世話になってる、裏隣りさんに

昼に、カブの葉のパスタを作ろうと畑にいくと、月がきれい、デジカメで下部にクレーターが見えた。はつか大根、夕食の白菜、カリフラワーも採る。白菜と牡蠣味噌炒め、カリフラワーと網エビ、モズク酢。
1217 カブの葉 1217 月がきれい 1217 白菜と牡蠣味噌炒め、カリフラワーと網エビ、モズク酢

カブの葉と鮭と、はーにゃさんに、いただいて小分け冷凍していたイクラのパスタ
1217カブの葉
                  ニンニク、ちぃと効かした。笑
ーーーーーー

北陸  輪島
白米 千枚田の続きです。
北陸の旅は、腹具合、便通はまぁ良かった。
朝、バイキングを食べ、朝市を見に行く。8時から始まるそうだが、買い物はするつもりないし、後の時間都合も分からないから、早いが出かけた。
朝 朝食バイキング 早いが出かけた 

輪島の朝市付近は、電柱が見当たらなかった、
すっきりしている。
電柱が見当たらなかった

朝市はまだ早いのだろう、人はまばら。朝市に、不釣合いな建物があった、イ〇チュウ美術館。
人はまばら イ〇チュウ美術館 不釣合い

輪島の朝市は、一千年以上も前から続き、「買うてくだぁー」の呼び声から始まり、値段は交渉しだい、買い手も売り手もこれを楽しむのだそうです。自分は、雰囲気だけ、楽しみました。地べた売りしているおばちゃんたち、たくましく感じました。
輪島の朝市 地べた売りしているおばちゃんたち たくましく

朝市での土産No1は輪島塗のお箸?
輪島塗のお箸

輪島は海に面しており、新鮮なカニ魚介類
新鮮な魚介類<br />

干物は安そう
干物は

アワビはウワッ
アワビ高いなぁ~


北陸で見たかった、二つの一つ千枚田のある輪島と別れ、
輪島と別れ

もう一つの
P1020172.jpg

瑞龍寺へ

ーーーーーー
Fc2さんから、メールが来てました。

ご利用のブログのファイル(ストレージ)容量が、
使用率 80% を超過している場合に、
容量追加を申請できるようになりました!
http://blog.fc2.com/click/?adid=3005
申請が許可されると、ファイル容量が5倍 の 5GB になります。
アカマイ設定時は 2GB なので、なんと 5倍で10GB に!
これで心配なく、たくさんのファイルをアップロードできますね。

画像縮小を遠慮なくできそう 笑
現在は、1GBで23%くらい、約2300枚。

テーマ : 病気と付き合いながらの生活
ジャンル : 心と身体

思い込み

1212扶養家族  日本年金機構から、
  年金受給者のための扶養親族等申告書がきていた、
  扶養家族のいない変更は無いが、
  一応、入ってた葉書に、
  必要なこと記入し郵送しておいた。
二日後、年金機構から三通の郵便がとどいた。繰上げによる年金額変更決定書、国民年金・厚生年金保険 初回支払額のお知らせ、年金振込通知書の葉書、年金生活が始まった。
個人年金の方は、来年から 汗

今年も、満月蝋梅が咲いてました。
猛暑のせいで、黄色になった葉が落ちるのが遅かったせいか、同じような色なので気づかなかった。去年と咲いた時期や状態が、こんなに違う、こんなところにも、猛暑の影響が出たのかも。
デジカメで。
1214満月蝋梅

デジイチで、ピント位置合わせの練習。
扶養家族の変更がないことを、チェックして郵送した、扶養親族等申告書の葉書が帰ってきた。50円切手が貼ってないと。てっきり、日本年金機構の料金後納郵便になるとばかり思ってた。全然、切っての貼るところ見ていない、汗。  
注意力がおちてる、ボケ始めか、 思い込み か。 汗
1215 チェックして 1215 50円 1215 貼るところ

シロの遊び   と、
1212シロの遊び 1214シロの遊び 1210と、

ーーーーーーー、
能登 輪島

なぎさドライブウェイからの続きですす。
能登を目指したのは、白米千枚田を見るためでした。
輪島の町に入ったのは夕方5時ごろ、暗くなりはじめていた、電柱が無いのに気づく。ホテルで一応、チェックイン。夕焼けの千枚田が見えるかと、いそいで、輪島から8キロほどのところにある、車が13台ほどとめられる
千枚田ポケットパークへついた。走る車、スモールライトを点け始めてる。写真、暗くなりはじめてるので、シャッター速度が遅くなり、焦ってたし手撮影なのでブレてる。 汗
輪島の町 スモールライトを点け 白米千枚田

あぜ道を散策した、
白米千枚田

白米の千枚田は、高洲山の山すそが海に落ち込む急斜面につくられた棚田、国指定部は1004枚、実数は2146枚だそう。棚田で初めて 国の名勝に指定されたところ。四季おりおり趣が素晴らしいところだと思う。
夕日は、位置的、雲の」状態からして、無理なようだった。稲ワラ干しは演出のためか、まだ残っていた。棚田は上からが撮るのが適してると思った。
夕日は 稲ワラ干しは 上から

海と棚田と稲わら
P1020044.jpg

車もライトUPし暗くなってきた、こ菊、焚き火を撮ってると、
ライトUP こ菊 焚き火

畑仕事されてた小母さんが、声をかけてきてくださった。
「焚き火が珍しいかい 笑」
「どこからきなはった、一人かい、奥さんは?」
汗 汗 汗
写真は、笑ながら恥ずかしがられてた。輪島の町は、暗くなり、ビジホから街に食事に出た。
笑ながら 輪島の町 街に

でっかい下駄、使ってるようにみえるのだが。夕食は、輪島の塩焼き定食を注文、鯛に少しガッカリ、鯛は見慣れてる、美味しかったけど、焼き魚、市場の状況によると書いてあった。いつもの外泊での逆流対策写真。ビジホ、シングルを予約しておいたけど、二人用の部屋になってた、胃酸逆流避けるに上半身を高くしてねるため、いつも毛布を一枚おねがいする、この日は、枕二つ使った 笑。ここのホテルはネットに繋がりにくかった、たまたまだろうけど、次の日のホテルの予約、ホテルの人に調べてもらい予約、同じ系列、彦根ルートに。
でっかい下駄 輪島の塩焼き定食 枕二つ

白米の千枚田
白米の千枚田

ーーーーーー

東名 富士見川SAにて 
富士見川SAにて

テーマ : 病気と付き合いながらの生活
ジャンル : 心と身体

なぎさドライブウェイ

味噌汁の具は、大根にしようと裏の畑に採りにいき、
引き抜くと、どこかを隠してるような形の大根が出てきた。
記事にしようか、しないか迷ったが写真を載せてみた。シロは見たくないのか、笑ってるのか。
反対側は載せないことにしょうか、
風呂へ入ると見える、山茶花は、今が満開。
1212 味噌汁の具は、大根 1212風呂庭 1212山茶花

赤大根も、緑と同じように「なます」にした。ブロッコリーは大きくなりすぎていた、紫は、採りごろか。
1212 赤大根 1212大きくなりすぎ 1212紫

今年も侘助が咲き始めた、モミジを添えてみる。ビナンカズラの実が目立つ。
1212侘助 1212侘助 1212ビナンカズラ

記事、まとまってないに。
1210 026

ーーーーーーーーー

北陸  千里浜なぎさドライブウェイ

金沢から輪島に向かい、能登有料道路を走行していると、なぎさドライブウェイの標識案内板が目に付くようになった、何かピンときた、確か砂浜を車で走れるところだ。千里浜なぎさドライブウェイは、ここ今浜ICで降りるの標識が目に付いた、

気持ちがよい、砂浜を走るぞ !
砂浜を走るぞ 

少し500メートルばかり、車で走ると露店が目に付いた、
露店が目に付いた

トイレ休憩もかねて、一休み。貝類は大好き、消化が悪いので腸閉塞を避けるため、良く噛みくだし食べる、おいすい、笑!。
一休み 貝類 良く噛みくだし
お店の人に、どこまで走れるのか聞いた。

千里浜なぎさドライブウェイは、能登有料道路と平行していて、8キロさきの千里浜ICで高速に戻ればよいとのことだった。
千里浜なぎさは、砂がとても細かいので、水分がしみこんで固くなってる、それで、大型バスでも走行ができる。
だが、波が高い時は、進入規制がおこなわれる。

夕方までには輪島につけるかなぁ~
夕方までには

車時速40~50キロで走る。
P1020003.jpg

気持ちよく砂浜8キロを走行し、
砂浜8キロを走行し

千里浜ICから高速へ、輪島への途中、別所岳サービスエリアで休息。展望台があったので、あがってみる。
天気の良い日は立山連峰が見えるそうだが、 七尾湾の景観もぼやけてる、ざんねん、能登島、七尾方面。
別所岳サービスエリア 展望台 能登島、七尾方面

                     輪島へ

テーマ : 病気と付き合いながらの生活
ジャンル : 心と身体

緑の部分は

またこれも網菜、何枚も網葉を取っていくと、とても小さくなる 笑。ハマチのアラ(カマド)4切れを安く売ってたので買った、この部分は、小骨がなく、しかも美味しいのでしばしば買い、焼いてレモンを添えて食べる。
1206 網菜 1206 小さくなる 1206 カマド

この度は、ビタミン大根の白い部分で、ブリ(ハマチ)大根。
緑の部分は、なます に、した。
1206 緑の部分は

じゃがいもは、よくチップにするのだが、ひょうたん南京もしてみた。チンして冷めると、パリパリしておいすい。
1209南京

白菜(網菜)は、鶏肉と炒めた。南京はチップに。最近、いつも一番美味しいのは、お味噌汁 笑。
味はともかく、持病のガン、逆流性には、好い食事だとおもう。
1209 006

柑橘類も、ちょっとだけ採れる、キンカン、今年は少量だが甘くておいしい。正月に飾りにしよう橙。柚子は毎年、叔父さんのところへ、柚子風呂にするそうだ、自分は、リンゴ、菖蒲など、~風呂は苦手。 
1206キンカン 1206橙 1206柚子風呂

ーーーーーー
北陸  金沢城

兼六園から、お堀通りに架かる石川橋をわたり、金沢城 重文 石川門を通る。
お堀通りに 石川橋 石川門

まず驚いたのは、石組みの緻密さ、隙間がない、切り込みはぎ というそうだ。今まで見た城でこれほどの物は無かった気がする。
石組みの緻密さ

石川門を通ると、平成22年に復元された、河北門が見えた、いつも花があると写真の対象物と一緒に写そうとする。
石川門を通ると 河北門 イヌサフラン

河北門から菱櫓を写した。
菱櫓

内部は、太い木組みが美しい。金沢城の壁構造。屋根は鉛で葺かれ、有事に鉄砲の弾を調達し易くしたそう、面白いと思った、他に例があったかなぁ~、屋根は、鉛の錆が白く輝くように見える。

木組 金沢城の壁構造 屋根

菱櫓に続く、五十間長屋を三の丸広場から見た。左端は、橋爪門続櫓。
五十間長屋

橋爪門続櫓と橋爪橋。それにしても なまこ壁も美しいなぁ!
橋爪門続櫓と橋爪橋

五十間長屋の白く輝く屋根。太い松の梁。木組み。再建も、コンクリートより嬉しい。
白く輝く屋根 太い松の梁 木組み
 
本丸跡に向かってると、軍の弾薬庫への通路があった、こんな所にも戦争跡があった。極楽橋(ごくらくばし)を渡っていくと重文 三十間長屋(さんじっけんながや)。
軍の弾薬庫 極楽橋 三十間長屋

戌亥櫓跡(いぬいやぐらあと) 丑寅櫓跡(うしとらやぐらあと) 辰巳櫓跡(たつみらやぐらあと) の眺め。
丑寅櫓跡は昼飯を食べた、江戸町通りが見えた。
戌亥櫓跡 丑寅櫓跡 辰巳櫓跡

本丸跡は寂しく感じた。陸軍で使われた鶴丸倉庫を見て、
本丸跡 P1010971.jpg

見たいところがある能登へと、向かう。

ーーーーーーーー

11月24日横浜

テーマ : 病気と付き合いながらの生活
ジャンル : 心と身体

ゆだん

今日12月7日瀬戸内は、天気がどんより肌寒く。昼から雨になりそうだ。
外科診察の記事で、しばらく咽喉まで胃酸が、逆流することもなくと書き込んだ翌朝、逆流をおこしてしまった、そして今日朝も、起きる前の、朦朧とした状態のときに、うつ伏せになり、引き起こす。、
しばらく無いと書き込んだことで、心のどこかに油断をおこし、朝の寝るときの姿勢に影響したのかも。
自分の場合、胃と食道のあいだ噴門部がイレウスにより常時開いてる状態なので、常時、上半身を起した状態にしてないとつらくなる。
胃酸が、逆流した日は、記事の終わりに、メモとして〇を記入している、プログの検索フォームに〇を書き込み検索したら、前記事の前は、8月4日に起してた、3ヶ月なかったのに、油断大敵。

季節を勘違いしてるのかな、
ツキヌキニンドウ。       ボケ。        スミレ。
1203ツキヌキニンドウ 1203ボケ 1203 スミレ

なにか面白い様子だったので マウスオン


今年の キチジョウソウ 「吉祥草」
この花が咲くとその家に吉事がある、ないけど 笑


結局、これだけ採れた、ひょうたん南京


食べれるホウズキ、オレンジチェリーは、たくさん実がついてるのだが、ズ~ッとサッパリと色が着かない、時期がズレタノダロウ、一口食べてみたが、種がザラザラ、これは食べれるようになったとしても、期待薄 笑
1205色が着かない 1205 一口食べてみたが 1205種がザラザラ

ーーーーーー
北陸 
安宅の関の続きです、
金沢城の石垣が見え始め、駐車場を探す。兼六園の駐車場は調べてなかったので、石川県立美術館近くに停めることになった。あとでわかったことだが、大きい駐車場があった。駐車場の小父さん言うには、歩いて5分くらい、まぁ良いか。石川県立美術館の前を通り、兼六園にむかう。重文の成巽閣(せいそんかく)があったか、なんだか入りにくい感じ、なかをチラッとみてあきらめた。
金沢城の石垣 石川県立美術館 成巽閣(せいそんかく)

石川県立美術館、
石川県立美術館
レンガの美術館も、趣がありいいな~、姫路城のとは、また雰囲気が違うな

兼六園には左上、随身坂口から入った。花見橋。
兼六園には左上 随身坂口 花見橋

5月には、花見橋から見るカキツバタはきれいだろうな、日本で最初に建てられた銅像という日本武尊像。七福神山(しちふくじんやま)。
花見橋から見るカキツバタ 日本武尊像 七福神山(しちふくじんやま)

兼六園のほぼ中心部に位置する霞ヶ池
霞ヶ池

唐崎松。         眺望台。         茶店。
唐崎松 眺望台 茶店。 

兼六園を代表する景観だそう 徽軫灯籠(ことじとうろう)
徽軫灯籠(ことじとうろう)

いったん兼六園の外にでて、江戸町通りの茶店で、食事、金沢定食を注文するが、「忙しくて今は時間が掛かると」いう、一番早くできる、キツネ蕎麦、笑。この後、金沢城に行くのだが、まとまりが悪くなるので、金沢城を見終わり、桂坂口から再び兼六園に、はいったところから、
江戸町通りの茶店 キツネ蕎麦 桂坂口

日本で最古の噴水?。    黄門橋。    ご苦労さまです落ち葉の清掃。
日本で最古の噴水 黄門橋 落ち葉の清掃

内橋亭。    榮螺山(さざえやま)。    船型の休息所。
内橋亭 榮螺山(さざえやま) 船型の休息所

岡山後楽園水戸の偕楽園 に行ってるので、日本三名園に行ったことになる。\(=^・^=)/v 
金沢城へ

ーーーーーー
先日、用があり兵庫県に行った、ついでに前から気になってた、竹田城にいった。
また、記事にします。
竹田城

メモ 12月7日 〇

テーマ : 病気と付き合いながらの生活
ジャンル : 心と身体

ことぶき

シロは人の、病気、ガンを克服、撲滅をしたときを思い、心こめ書に。

あんぱん父さん さんが、モミジ掃き?してるところを、編集しなおして送ってくださいました。
ありがとう ございます。

写真サイズが違うので、上の方に マウスオン してください。

寿な実たちが、庭で色着いてます。
万両。ここのモミジは今が紅葉さかり。 千両。 こちらは皇居のです、黄色の千両もあるのですね、やはり見事だな!。
1203万両 1203 千両 黄色の千両

寿な黄金をバックに 和気清麻呂像 皇居 お札の方と間違えた。笑
でもこの方も、戦前お札になったこともある。
和気清麻呂像
                   11月24日のです
                 

モミジ掃きが終わり?笑、やはり寿な南天のところで一寝入りに。 ンッに。
1203 掃きが終わり 1203一寝入り  1203ンっ

畑の見周り、忘れてたに、
1203 忘れてたに

網キャベツ 笑。  ビタミン大根。  大きくなったエベレスト。
1203網キャベツ 1203ビタミン大根 1203大きくなった

赤大根。  壬生菜、高菜、べんり菜。 虫に食われた紫芽キャベツの葉。
1201赤大根 1201壬生菜、高菜、べんり菜 1201 紫芽キャベツ

ーーーーーーーーーー
北陸旅行  
東尋坊から金沢に行く途中に風力発電を見かけた、風力発電は、黒字になってるところは少ないと聞く、エコのため精確調査をして建て、頑張ってもらいたいものだ。
東尋坊 風力発電 精確調査をして建て

風力発電
風力発電

安宅の関によってみました。
義経が奥州平泉の藤原氏の元へ落ちのびる時に通ったと聞いてたので、自分は、東北の山深くにあると思ってました、ちょっと恥ずかしい 汗
北陸旅行の下調べしてると安宅の関は、福井県の海岸側にあったので、よらなくては、関所を通ると、松林の中に義経を祀った関の宮があった。
海岸側にあったので 関所を通ると 関の宮

ちょうど今、なにかと話題になってる人の得意場面ですね、歌舞伎十八番「勧進帳」」
歌舞伎十八番「勧進帳」

安宅住吉神社にも参拝した。勧進帳の弁慶さん。
安宅住吉神社 安宅住吉神社 勧進帳の弁慶さん

神社参道前に、気になるものがあった、国歌「君が代」に詠まれている「さざれ石」。
さざれ石が、どんなものか知らなかった。
さざれ石

金沢へ

ーーーーーー
寿な錦だし、
記事が、来年になりそうなので、
錦帯橋   
錦帯橋
           
岩国城六角亭モミジ
六角亭モミジ<br />
                         11月12日

メモ11月30日 〇

テーマ : 病気と付き合いながらの生活
ジャンル : 心と身体

当たりまえか

1130 ゴミ当番の鍵   勝手口に、ゴミ当番の鍵が置いてあった。
   今回は、燃えるゴミの日にあたってた、ホッ。
   燃えるゴミの時は、よく、選別されて、
   皆さんだされるのか、
   清掃さんが残して帰られることは、少ない。
残ったゴミは、当番になった者が処分することになってる。
ナイロン、ビニールの日は、困ることが多い、何故だか、ゴミ袋に名前をかかなかったり、選別されてない時が多く、清掃さんが残して帰る。<`ヘ´>

紅葉狩り旅行から帰ると、シロも負けじと、庭で、モミジ狩りをしていた 笑。
1129 モミジ狩りをしていた 

気がつけば、シロの水飲み場、庭の「つくばい」は、落ちモミジがたくさん、掃除しなくては、
1129 シロの水飲み場 1129 落ちモミジがたくさん 1129掃除

それにしても、犬山城の東にある庭園、有楽苑、国宝茶室如庵にあった「つくばい」とは、ずいぶんと、趣、風格が違うなぁ~ モミジの落ち方も、国宝茶室如庵には、品がある、 当たり前か 笑
国宝茶室如庵

ーーーーーーー
北陸  重文 現存天守 丸岡城からの続きです。

便通がよかったので、8時ごろには、朝食をすまし、ホテルをでた。
越前 蕎麦畑を眺めながら運転し、8時30分には東尋坊に着く。タワーは、まだ営業をしてなかった。ずらっ~と並ぶお土産店、まだ早いので観光客はまばらだが、食堂は、もう営業してる、美味しそうな ウニ カニ イクラ
タワー ずらっ~と並ぶお土産店 ウニ カニ イクラ 

などの海鮮丼、朝飯を食べてなければー 笑。誰かににてるなぁ。トウモロコシは、北海道がうまいんだろうな。
海鮮丼 誰かににてるなぁ トウモロコシ


東尋坊はへんぴな処にあり、駐車場は困るだろうと思ってたが、別に難所でもなく、駐車場もたくさんあり、難なく停められた。土産を買うと駐車代は無しが多く、ずいぶんと観光ずれしてるところだと思った。
東尋坊は、波などにより、海岸の岩肌が削られ、高さ約25メートルの輝石安山岩の柱状節理岩壁が、続いてる。
遠くに、雄島という島に赤い橋が架かってるのが見えた。
雄島

輝石安山岩 東尋坊 続いてる
 

高さ約25メートルの
高さ約25メートル
                     迫力あり、これ以上淵によれない、

輝石安山岩の柱状節理岩壁
輝石安山岩の柱状節理岩壁

散策、海面近くまで降りてみた。
降りてみた 海面近くまで 海面近くまで
                        風景に満足

弁慶の隠れ家の、
弁慶の隠れ家

上方を通り、雄島にも行ってみた。東尋坊方を望む。
弁慶の隠れ家 雄島 東尋坊方

金沢へ、

テーマ : 一人旅
ジャンル : 旅行

慣れれば

たまに視界に、もやっとしたものが動くことがあるし、トイレなどで、白っぽい壁などみると、煙みたいな浮遊物が動いてるようなのが気になりはじめた。以前、眼科に行った時に、半年後くらいに検査をと言われたが、ついつい先延ばししていた。
眼科に行くと、まず、視力、目に瞬間的に風を当てるなど、いろいろの検査。
午後から、目がかすんだり、光を強く感じたりする薬を二回点眼して、診察することに。
「車を運転してこないように」と言われたが、幸いなことに家から歩いて5分のところにある。
飛蚊症(ひぶんしょう)
真ん中の写真右上のように、硝子体に濁りが、
少々は、みんなにある生理的なもの。自分の場合も同じだが、つよく感じるのは、加齢によるものだそうだ、病気の場合もあるので、目に光りを当てて、目を動かし検査した。
慣れれば 特に問題なし、老化現象か あぁ~ 汗
目薬 ヒアレイン点眼液を、処方
 眼科 飛蚊症 老化現象か
じわじわと訪れる、身体の老化現象、自然に慣れていかなければ

庭に落ちる、モクレン、垂れモミジの枯れ葉、キレイに掃除し、つかれたに 笑
1120モクレン 1120 垂れモミジ 1120掃除 1120つかれたに

風呂庭に、山茶花が咲いていた。花びらの、先っぽが丸まってる小菊 デジイチ。庭に直径2ミリくらいの花ツゲ(黄楊)、見逃すところだった、デジカメで。
1120 山茶花 1120 先っぽが丸まってる 1118直径2ミリ

赤カブ、小さいですが、今時期、葉っぱが柔かいし、噛み切りやすく、美味しいので採った。
1120 赤カブ
 
ーーーーーー

丸岡城

永平寺から車で30分だろうか、街中にある丸岡城に、行く。駐車場は、すんなり見つかった。丸岡城は日本に12城ある、現存天守では一番古い、必ずいつかは訪れようと思ってたところ。城は天守だけ残ってた。
歴史民族資料館のところから登城する。
丸岡城 歴史民族資料館 登城

逆光になった。
丸岡城(霞ヶ城)は福井県坂井市丸岡町霞にある。
柴田勝家の甥、柴田勝豊が1576年(天正4年)に築城
丸岡城(霞ヶ城)

天守の土台周りは、雨水流入を防ぐ板庇 がしてあった、他の城では、見なかったな~。石落し。連子窓。
板庇 石落し 連子窓

二階に上がるには、垂直に近い急勾配なのでロープが付けられてた、「私は、あがれないっ!」って、どこかの小母さんの声がしてた 笑。天守二層目、入母屋の明かり窓。差し込む陽の影が好いデザインをだしてるなとおもう。
垂直に近い急勾配 P1010757.jpg 陽の影

天守最上部三層にあがる、階段、天井は骨組みがよく見える。
三層にあがる 天守最上部 天井は骨組

天守からの眺め、福井平野が一望、日本有数の稲作穀倉地帯
天守からの眺め 福井平野が一望 日本有数の稲作穀倉地帯<br />

外にでて、天守を見上げてみた。
天守を見上げてみた 天守を見上げてみた 天守を見上げてみた

秋の雲
P1010779.jpg
丸岡城で現存天守に行ったところが、6箇所になる、カレゴリー城にに追記した。

5時前には、予約しておいたビジホに
ホテルはPCで、ビジネスホテル、朝食付き¥6000~¥7000、ネット接続、検索し予約をするのだが、
この度のココ、地下駐車からエレベーターに乗ると、なかの案内などなんか変、降りてフロント周り、内装艶やか、コスプレの衣装などが 汗  受付にだれもいない、呼び出すとでてきた。
今、ビジネスホテルに移行中だと、
ネット接続は無線ランと説明書を持ち出してきた、汗、こんなのしてたら頭痛くなるし、自分は2~3時間は掛かる。<`ヘ´> 
キャンセル料かかるだろうし、面倒くさい、仕方ないから泊ることにした。
広いし、夕食は部屋にもってくるし、ジェットバスがついてたから、まぁよいことにしよう 汗

テーマ : 日記
ジャンル : 心と身体

手作りPC

先日、都会に住まわれていて、野菜を作られてないと思うし、風邪予防になるかと、ひょうたん南京が採れ始めたので、
あんぱん父さん さんに、贈らせていただいたら、なななんと、手作りPCを届けてくださった。

↑(マウスオン)
だが、自分にとってはPCは手に負えない代物、ネット接続、配線、設定などは全~部、業者でしてもらってる。OS,ソフトの取り込みなど???
気持ちだけ、いただくことに

数日たつと、埼玉の岩槻名物 時の鐘最中 が、
あんこ たっぷり、はみ出している、
シロも喜び、走りまわってる \=^_^=/
あんぱん父さん さん ありがとうございました。

↑(マウスオン)ひょうたん南京は、少し味は薄いかなと思うが、食感なめらか、種部分が少なく調理しやすい、分かりやすいように、縦に切ってみた。

早速、裏隣りさんと、シロの天敵 笑 裏隣りさんの曾孫が遊びにこられたたので、みんなでいただいた。
1118 シロの天敵 シロの天敵 シロの天敵

毎日毎日、庭に枯れ葉が落ちる、モクレン。裏畑に行く階段モミジは、まだ青い。白いマユミ。
毎日毎日、枯れ葉が落ちる 1116 裏畑に行く階段 1116 白いマユミ

毎日ウォーキングしている道、デジカメで16倍ズームして、撮ってみた。
1116 022

ーーーーーーー

福井県 永平寺

三方五湖を後にして、永平寺にむかった。予約しておいたホテルに着くには、観光する時間的に、一乗谷朝倉氏遺跡と、どちらか選ばないといけなくなり、ただ単に有名な方を選んだ。
永平寺は、道元さんが、開いた曹洞宗の大本山。200名以上の禅僧が修行されるところだそうだ。
永平寺と少し離れた、駐車場に車をとめ、参道を進む、ダンゴを食べようかと思ったが、止めた、笑。永平寺の境内にはいると、
参道を進む ダンゴ P1010693.jpg

新しい立派な建物に威圧される。通用門からはいり、
新しい立派な建物 通用門 通用門からはいり
 
吉祥閣でスリッパに履き替える、今まで寺を散策するのに靴を脱ぐのは、少しだけだから、奇妙に感じた。寺内を見るには、伝道部の勧化(かんき)室という広間で、若い僧侶から、参拝中の注意や心得を聞いてからのようだが、長そうだったので、ソッと退席した、汗。それにしても大きな建物、寺の中、迷子になりそう。傘松閣の2階大広間の天井絵は、川合玉堂、伊東深水さん、など名前を聞いたことのある、画家さんの花鳥彩色画230枚が並んでいた。
吉祥閣 大きな建物の中 P1010699.jpg

外へ出て写真を撮られないので、七堂伽藍と呼ばれる仏殿など建物の全体が撮れない 汗。
仏殿

こんな感じで、寺内、廻廊をまわり、参拝、祈願した。床が掃除、ピカピカ 
寺内、廻廊 参拝、祈願した P1010717.jpg

何か感じ、撮った景
何か感じ

何か感じ

何か感じ

山門の、天王さんら
山門 天王さんら 天王さんら

広~~い境内、歩いて5分のところにある寂光苑の滝
寂光苑の滝
                         次に行く

テーマ : 国内旅行
ジャンル : 旅行

わらしべ長者に

秋が深まり、わが家のフェイジョアも終わりに近づき、いっきに実をおとします。
先日、きっと珍しいだろうと思い、はーにゃさんに、送らせていただきました。
なな、なんと 変身、

    手作りイクラ生姜浸け、手作り味噌などなど
わらしべ長者になりました。 ははは

プチプチイクラ、 今まで自分が食べてたイクラってナンだったのか !
目から鱗
さすが北海道、本物の味いただきました。

教えていただいたとおり、辛くならないよう汁気を取り、小分けして冷凍保存、徒然に楽しみ。
今日は、いくら丼、手前味噌、大根汁にしてみよう 笑
シロもお礼の挨拶をします。
漬物レシピもいただき、家で採れたカブ、大根、面白い漬物を作ります、
美味しくできればよいな~ 笑
はーにゃさん ありがとうございました。

みかんさん のところでされてたマウスオンをまねてみました。
↑写真にマウスポイントを重ねてみてくださいね。

うちの庭にも秋が訪れました。
グズです、シロではないですよ、笑。門前のオタフクナンテンとマンサク落ち葉。垂れモミジ。
1115 グズ 1115 オタフクナンテンとマンサク落ち葉 1115垂れモミジ

シロは元気。
1115 シロは元気

ーーーーーーーー

10月13日   

福井県の若狭湾にはいり、海岸通りを車で走っていると、感じのよい風景に、空き地に車を止めて写してみました。
棚田


三方五湖に向かう途中は、梅林が随所にあり、梅干売る露店が多数ありました、昔、梅を運ぶ船を停泊させる小屋だったでしょうか撮ってみた。
船小屋

三方五湖展望台にはリフトであがります、どちらの方向になるのだろうか
P1010685.jpg P1060967.jpg どちらの方向

これから行く金沢の方向だと思うのだが
P1010661.jpg

周りにある、あちらこちらの柵に、無数の鍵がに掛けてあった。反対側には「恋人の聖地」とある、ふ~ん こんな所だ、自分には関係ない。三方五湖方面。
無数の鍵 恋人の聖地 三方五湖方面

三方五湖
三方五湖
逆光になるので 汗

もう一つの展望台に行くと 和合神社があった。鍵を売る販売機があり、周りの柵は鍵鍵々・・ビックリ
和合神社 鍵を売る販売機 鍵鍵々・

上の展望台も、下も、周囲  ビックリ、驚き
P1010679.jpg
このうちどれだけ、別れがあったのだろうとフト、思った。汗

駐車場に降りて、面白いもの見つけた。多肉の亀。 若狭の海と別れて、次へ
面白いもの 多肉 若狭の海
  ボツボツ更新してるので 10月のが、いまごろになりました。

テーマ : 一人旅
ジャンル : 旅行

燃える 葉

食後は、UFTなどを服用してるのだが、たまに少しグッと堪えることがある、しばらくすると治まるのでよいのだが、とみに朝食のパンを食べたときが多くなった、胃のイレウス部分で、すこし痞えるのだろうか、朝食にパンを食べるのが好きなのだが、試しに暫くの間、ご飯に替えてみよう。加齢とともに食道の動きが衰えたのかな~。


さぁ 今日も      とは言うものの      やはり
1111 さぁ 今日も 1111 とは言うものの 1111やはり眠たい

キューイ棚下のナンキンは小菊は元気だ。春の実生りでヘイワードキューイも豊作だと思っていたが、猛暑で葉が実が焼け落ち、わずかに残っただけ、残ったの食べれるだろうか。普通店頭で売ってるヘイワード種、もうそろそろ寿命終わりだろうと、替わりしようと春先に植えたゴールドキューイも水やりせず枯れたので、
1109 キューイ棚下のナンキンは小菊は元気だ 1111ヘイワードキューイ 1111 枯れたので

新しくメス2オス1苗を買った、植えなくては、丈夫な苗かな、注意書きは。。
1111植えなくては  1111丈夫な苗かな  1111 注意書きは

ーーーー
琴弾山(ことひき)からの眺め
マイントピア別子から、観音寺市に向かった。
観音寺は四国八十八箇所の69番目の札所である、同じ境内に68番札所である神恵院がある。
神恵院と観音寺の山門。阿吽像のどちらか、神恵院の本堂は白い真四角なたてものだったので、関係ないと思い写さなかった。
神恵院と観音寺の山門 阿吽像のどちらか 神恵院の本堂は

まずは神恵院の大師堂で、ご本尊真言 おん あみりた ていぜい からうん。観音寺の大師堂で本尊真言 おん あろりきゃ そわか。観音寺の本堂は、国の重要文化財。
神恵院の大師堂 観音寺の大師堂 観音寺の本堂は、国の重要文化財

ここ観音寺に来たのは、御参りすることもあるのだが、観音寺のある琴弾山山頂からの眺めを楽しむことがあった、山頂に歩いてむかう。後で知ったことだが、山頂にあがるには、観音寺の裏側にある琴弾公園から車であがることができた、眺めの写真は後にして。

琴弾公園は、日本庭園や砂浜がきれいで広い有明浜、松林など瀬戸内海国立公園に含まれ、国の名勝に指定されてます。松林の中に進むと、多量の砂がある場所があります。
砂浜がきれいで広い有明浜 松林など 松林の中に進むと

立ち入り禁止の砂絵。全体はまるく。琴弾山山頂方面。
立ち入り禁止の砂絵 全体はまるく 琴弾山山頂方面

銭形砂絵 寛永通宝  燧灘に浮かぶ伊吹島
銭形砂絵 寛永通宝 銭形砂絵 寛永通宝 P1010520.jpg

琴弾山展望台より
琴弾山展望台より

帰り瀬戸中央道SA 与島より四国方面
与島より四国方面
ーーーーー
昨日、11月12日 燃える葉 岩国城
燃える葉
   
イチョウ 岩国城
P1030238.jpg

黄砂がすごかった山口県
旬の色なのでUPしました。岩国城 また記事にしたいとおもいます。

テーマ : 病気と付き合いながらの生活
ジャンル : 心と身体

取りすぎた

瀬戸内も風が強く、わが家のフェイジョアは、実たくさん落ちた。前から落ちてたのを合わせ、小さめのを、スプーンでくりぬきジャムを作る。
1109実たくさん落ちた 1109スプーンでくりぬき 1109ジャムを作る

ブランデーと、グラニュー糖を入れアクを取りながら煮詰めたが、なんだか今年は不味い、酸っぱくて苦味がある。まだ熟してないのも入れたからかな~、たくさん作ろうと皮を 取りすぎた のかも。スグに冷凍した。
1109 ブランデーと、グラニュー糖を 1109 スグに冷凍した

ピラカンサスの実、黄色、赤が入り交ざってる、なぜだろうと良く見たら、木が2本あった。
1109 ピラカンサスの実、黄色

シャリンバイ車輪梅の実。食べれるホウズキは実がたくさん生ってるが、季節が外れたのだろう、熟さない。シロは芽キャベツの出来具合を調べてるとは思えないが 笑
1105車輪梅の実 1109 ホウズキは実 1109 芽キャベツ

味噌汁の具に、まだ若いがカブと大根の合いの子エベレストを取ってきた。
エベレスト

寒くなると、シロは、ホットカーペットが敷いてある小屋からあまり出ようとはしなくなった。

ーーーーーーー

東洋のマチュピチュ 別子銅山 2

東平から、20~30分かけ、別子銅山の施設跡などを利用したテーマパーク、道の駅マイントピア別子まで降りた、温泉などもあり、駐車場は車がおおかった。昼御飯食は早くできるのは、うな重だった。
20~30分かけ マイントピア別子 うな重

幅1,5メーターぐらいだろうか、金鉱石があった1000万円 笑。銅山で使われてたのかな、消防車。使われていた鉱山鉄道で、
金鉱石 消防車 鉱山鉄道

鉱山鉄道 別子1号に乗り
別子1号

約5分かけ、長さ333メートルの旧火薬庫を利用して作られた、江戸時代から近代までの別子銅山を観に行く。
中尾トンネル 約5分かけ 旧火薬庫

江戸時代。女子さん、小銭をたくさんいただいてるのに、男子少ない 笑。近代削岩機を動かしてみる。
女子さん、小銭をたくさん 男子少ない 近代削岩機

第四通洞 長さ4600メートルもある坑道前の橋。なぜだか、こんな雰囲気がいいと思う。
第四通洞

旧水力発電所跡 明治45年完成
旧水力発電所跡 

当時としては東洋一の落差、596メートルを利用して発電が行われた。
旧水力発電所跡 旧水力発電所跡 旧水力発電所跡

ーーーー
 平成の、いろは丸
  
平成の咸臨丸
        筝曲が奏でられてた       広島県 鞆の浦11月8日

テーマ : 日記
ジャンル : 心と身体

 眩しい 

リンクしている猫と畑の写真 の、みかんさんに、実の大きいギンナン、サクサクお菓子、煮込みきしめんをいただいた。
大好きなのだが、ことしは高かったので、買わないことにしてた。
早速、みかんさんのプログで薄皮取りされてたのを真似て、杓で軽く押さえつけながら混ぜ取ってみる。数個は、レンジでチンして食べてみた、美味しい。食べ急いだため また、初物、笑ってから食べるの忘れてた 汗
1106 実の大きいギンナン 1106 レンジでチンして食べてみた 1106 レンジでチンして食べてみた

昼御飯は、牡蠣とギンナン、ヒラタケ、のビーフン油炒め。
1106ビーフン油炒め
ビーフンは柔かく茹でるため、細かくきれている。
味は、ギンナンが、美味、
明日は、きし麺にしよう。
みかんさん 
どうも、ありがとうございました。

シロの首輪が古くなった、新しいのと替えるかどちらにするか、シロに選んでもらう。
1106 シロの首輪が古くなった 1106 どちらにするか 1106選んでもらう

つくばい(蹲踞、蹲)のところに咲いている、ツワブキの花
1106ツワブキ


おニュー 眩しい にゃ~
1106 眩しいにゃ~

ーーーーーー

東洋のマチュピチュ 別子銅山 東平  1

朝早く家を出、しまなみ海道(7つの大橋の一つ多々良大橋)を渡り、来島海峡SAで、来島海峡大橋を見ながら、しらす丼を摂った、魚くさく無く、おいすい 笑。
多々良大橋 来島海峡大橋 しらす丼

来島海峡は潮流が早く、船がなかなか進まないように見えた。クレーンで吊り上げてるのでは、ないです 笑。愛媛県新居浜市の山麓にある東洋のマチュ ピチュに向かう途中に面白いループが
進まないように 面白いループ 東洋のマチュ ピチュ
   
ダムの前に、あったので撮ってみる
P1010282.jpg
道路は、左に進める道があるので、道幅さえ広げれば、ループにしないほうが安上がりだと思った、キレイだけど。

案内板のところから、 標高750メートルの山中にある東平を目指し、車の行き交いが難しい細い道にはいる。4キロばかり走行し、自然の家近くにある見晴らしの良い駐車場に着いた。
細い道 自然の家 駐車場

駐車場から直ぐに、東洋のマチュ ピチュが見渡せた。
東洋のマチュ ピチュ

遠くに新居浜市の街が望める。P1010306.jpg

東平の歴史資料館でみてみると、模型の場所は駐車場あたりだろう。資料館を出て、小マンプ(坑道)に展示してトロッコなど見ながら、
模型の場所は駐車場 マンプ(坑道) トロッコなど

第3変電所遺構を目指し、住宅跡石垣のある狭い山道を10分ほど歩く、なんの遺構だろうか。東平炭鉱本部跡に
住宅跡石垣 なんの遺構 東平炭鉱本部跡

第3変電所遺構があった。
第3変電所遺構

危なかっしい(マムシ)小道をあがり遺構にはいる、違空間、今は、こんなところが人気らしい 笑
危なかっしい小道 違空間 違空間

東平炭鉱本部跡にある、大マンプの中を撮ってみた、寒げな空気が頬にあたる。駐車場に戻り、
大マンプ 大マンプの中を 駐車場に戻り

下方に見える貯鉱庫跡に行く。
貯鉱庫跡

インクライン跡は、ただの階段に思えた。貯鉱庫跡。
インクライン跡 ただの階段 貯鉱庫跡

自分は、もちろんペルーにあるマチュ ピチュへは行ったことがない、写真は見たことがあるが、
以前ここは、四国のインカと呼ばれてたが、名前を東洋のマチュ ピチュに変えたら観光客が格段に増えたそうだ。
東洋のマチュ ピチュ

娯楽場跡、保育園跡、病院跡など、など今は、深い森の中、時の流れを感じた。
娯楽場跡 保育園跡 病院跡

東平マイン工房でニュートンのリンゴ(関係ないな~笑)銅細工を見たり、お土産を買い、深い四国の山を降り、来る途中にあった、道の駅 マイントピア別子に行く。
東平マイン工房 ニュートンのリンゴ 深い山

テーマ : 日記
ジャンル : 心と身体

効きそう

寒くなりました。ホカホカ陽気の昼間に、少し雲がでるとはだ寒く感じます。朝、シロに湯タンポを用意することにしたら、嬉しく待ち遠しいのか、布の上から動こうとしません、ジャマになるのですが、笑。右の方軒下に隙板でカバーしたところに設置すると、 
1029湯タンポ 1029 待ち遠しいのか 1029 軒下に隙板

ほぼ昼間は、此処でゴロゴロしています。
1029 019

獅子ゆず 皮がとても厚いですね、繊維がイッパイありそう、緑の皮のところにも、何かガンに 効きそう な栄養素がふんだんにありそう。
獅子ゆず

スポンジ部分を茹でてフードカッターで細かくし、砂糖、ブランデー入れ煮ました、小分けして冷凍に。ジャムにしました。
獅子ゆず 砂糖、ブランデー入れ煮ます ジャムにしました

「チョッと待ったにー!」
1022 011     「味は、どうにゃのー」
       ほろ苦ゆず味
       砂糖が少なめなので、
       美味しくないかも
       好みは、好き好き 笑

健康には、良さそう。

紅白のピラカンサス 、鮮やかなサンシュ、まだ青い万両と小さく可愛いヤブコウジの実。
1027 紅白のピラカンサス 1027サンシュ 1027青い万両と小さく可愛いヤブコウジ

今年も斑入りツワブキの花が咲き始めた。
1030 斑入りツワブキの花
ーーーーーーーー
瀬戸中央道 与島 SA
P1010550.jpg
                        10月7日
ーーーーーーーー
山口の旅  国宝 瑠璃光寺五重塔

サファリ2の続きになります。
瑠璃光寺の、駐車場らしい所へ車を止め、公園のなかを通り寺があるだろう方向へ歩く、露山堂という茶室があっった。長州13代藩主 毛利敬親が今の県庁近くに建てた茶室を移築したものだ。この茶室に木戸孝允 大村益次郎さんたちが頻繁に訪れ、討幕の計画をしたと案内板に書いてあった。露山堂の額は三条実朝の揮毫だそう。高い垣根で隔てられた、隣りの建物 沈流亭の案内板には、沈流亭で大久保利通、西郷隆盛、坂本龍馬等が長州で倒幕の密談をするためによく利用した町家離れだと書いてあった、ヘンチクリンな建物だ。旅行の一つの目的、国宝 瑠璃光寺五重塔を見に来たのだが意外なところで、幕末の歴史を勉強させていただいた。
茶室 露山堂 案内板

この変な建物で、日本の歴史が動いてた時があったのだな~。
ヘンチクリンな建物
記事を書いていて、ふと毛利敬親さんて、どんな人だろう思い調べてみた、懐の深い人だ、この人がいなかったら時代の変わりはずーっと遅れてたと思った。

木の合い間に、見たかった瑠璃光寺 国宝 五重塔が見えた、噂に違わなくキレイだと思った。大内弘世さんの銅像を見た、弘世さんは山口を、京都に倣った市街整備を行ったそうだ。五重塔の正面をみる。宝輪、風鐸に歴史を感じる。
木の合い間に 大内弘世 瑠璃光寺 国宝 五重塔 宝輪 風鐸

作家 司馬遼太郎さんが訪れ、ザビエルのことや、五重塔のことの印象を残してた。塔の一番上の屋根に、裏の木からムササビが飛んできて、桧皮葺に巣を作ったこと新聞記事にあったが、何処だか分からなかった。塔の案内板。
司馬遼太郎さん 桧皮葺に巣 案内板。<br />

国宝 瑠璃光寺 五重塔
国宝 瑠璃光寺 五重塔<br />

曹洞宗。山号は保寧山 瑠璃光寺山門前の、休み処で先客さんが美味しそうに、冷やし甘酒を飲まれていた、暑いし自分も注文、一口、うまい ウッ酒が強いぞ、運転ができなくなる、あきらめて、冷水に替えた。甘酒って、けっこうアルコールが強かったのだ。回廊越しにみえる五重塔、優しく見える。
曹洞宗。山号は保寧山 瑠璃光寺山門 冷やし甘酒 優しく見える

本堂に参拝祈願、記事にしていて気づいた、大本山に福井の永平寺がある、この前、北陸旅行で行ったばかりの寺だ、この時は、名前は聞いたことがあると思ってただけだったなぁ~!。保寧山瑠璃光寺には国の史跡毛利家墓地があるむかってると、遠くからパンパンと手を叩くような音がする。
大本山に福井の永平寺 国の史跡 遠くからパンパンと手

うぐいす張りの石畳、自分も手を叩いてみたが、笑。 家に帰ると家の庭から脱走していたと聞いてたシロが、ガレージ扉のところに来ていた。
うぐいす張りの石畳 うぐいす張りの石畳 脱走していたと聞いてたシロ

テーマ : 日記
ジャンル : 心と身体

豊作みたい

国民年金機構から、郵便はがきがきていた。
この知らせは、もう国民年金を修める必要が無くなったことと、国民年金の納付状況を知らせる内容だった。
納付しなくて良いのは嬉しいが、チッと寂しい気もする。
はがきの中に、気になることが書いてあった。
国民年金を掛けてない期間があると、60才から任意加入ができるという箇所、
自分には、払ってた心算だったが、ある人がはいり掛けてない期間が1年半ほどある。それでその期間を一括納付すれば、年金を増えるかなと思い、手続きしようと思ったが、すでに繰り上げ支給の手続きは済んでいた。もう一括納付はできないということ。増えたとしても、納付と支給の差が僅かだし、まぁ良いか。汗。しかたがない。

春菊若芽を間引いた、前記事で買ったヒラタケ、干しブドウ、家で出来た、はつか大根、ひょうたん南京で
間引いた ヒラタケ、干しブドウ ひょうたん南京

昼御飯、南京 干しブドウ はつか大根のサラダ。春菊 ヒラタケ、沖アミのパスタに、はつか大根マヨネーズ味噌付け。
1025 020

美味しいのか にゃー
美味しいのか にゃー
寒くなったので、シロの寝床に犬猫用ホットカーペットを敷きました。

ネリネ。 季節はずれで咲きました、クレマチス
ネリネ ネリネ クレマチス<br />

写真はデジイチで写したのや、デジカメで写したのがゴチャ混ぜになってます。自分の腕、機材では、画面も小さいし、あまり変らない 汗
ラッキョウの花。猛暑だったのに 豊作みたい フェイジョア、獅子柚子、今年もジャムにしようかな。
ラッキョウの花 1026 豊作みたいフェイジョア 1026 獅子柚子

ーーーーーー
山口の旅   秋芳洞

秋芳洞前の、ズラ~っと並ぶお土産店の空き地で草で作る昆虫を、製作売りをされていた、けっこう高いな~って思った¥500。夏に行った涼しい鍾乳洞、マイペースで記事を更新していたら、寒くなっての記事になりました。汗。流れる水も冷たい、鍾乳洞の溝。
草で作る昆虫を 製作売りをされていた 流れる水も冷たい

入り口まえ200~300メートルから涼しい風が感じられました、入り口です。川の水は白っぽいコバルトブルーです、石灰を含んでるからでしょうか。
涼しい風 入り口です 入り口です

高感度の低いデジカメですが、フラッシュ無しで写しました。
見学できる約1キロの洞内にはいる
入り口を振り返ってみました、。中はすごく広く、寒く感じた。青天井、カメラでは写せてなかった。
入り口を振り返っ 中はすごく広く、寒く 青天井

中は、平日なのに、避暑にこられた観光客がたくさんおられた。いろんな形の鍾乳石があります。レンズに温度差で水滴が着いた、カメラには良くない環境ですね。
避暑にこられた ナンキン 水滴が着いた

百枚皿
百枚皿

外で汗をかいてのが冷たくなり、寒く感じる。上がりにはいると次々に面白い造形美、大松茸。
寒く感じる 上がりにはいると 大松茸

すぼ柿        ちりめん岩      千町田
すほ柿 ちりめん岩 千町田

千町田
千町田

天井の鍾乳石がよくみえるようになる。鍾乳石と石筍がくっついた大黒柱。空滝。
鍾乳石 大黒柱 空滝

     幽霊滝       岩屋観音      大仏岩
幽霊滝 岩屋観音 大仏岩

    黄金柱
黄金柱
   
 猿すべり  岩窟王  龍の抜け穴   頭がぶつかる処もあるようになりました。
猿すべり 岩窟王 龍の抜け穴<br /> 頭がぶつかる処

マリア観音像   石柱ができる前、1センチ、あと300~400年かかるそう。入り口付近にある、上にある洞、ちっと危険な場所、昔は上がりましたが、この度は先を急ぎました。
マリア観音像 石柱ができる前 ちっと危険な場所
ーーーーーー
暗い場所の写真ばかりでしたので、明るい写真も

10月15日
越前での風景
越前での風景

テーマ : 日記
ジャンル : 心と身体

検索フォーム
プロフィール

しろ

Author:しろ
66歳 
凡そ30数年前 X1になった 男子
なりゆきで、
白い猫(ノラシロ)を飼うことに、、
原発三個、経験の
”重複癌”患者でした。
今のところ サバイバー・・・

ノラシロ逝ったので
ノラシロと重複ガン から
ブログタイトル、変更しました。
引き続き よろしくお願いします。
しろの、
ボケ防止は、ブログに写真

最新記事
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
FC2カウンター
最新コメント
カテゴリ
リンク
月別アーカイブ