からの 瞳 どうしたら・・

どうなる どうでした?



ここは どうですか?

楽しい かも

田舎の、水面    街路灯

ーーーーー



チュン グゅ~ちゃぉン



前記事 からの 瞳 どうしたら  こ えっ~瞳

よくも 閉じ込めた にゃ~~
いえいえ  いい感じで  偶然の 出会い

まぁ ~ 時は 経ち  そのうち なんとか ・・・?

この日 は  3,4    9 採りました。

たちまち 採る日々 摂る 日々

幸せ 以外 なに ある ?

↑ ↓ マウスオン よろしく


花 冥加


地球は 滴 一滴  から・・・+=-

家敷地  片隅 の 滴  一滴

ホウズキ の 味は

裏隣り さん  梨の 味と 感じ られた 甘い!

テーマ : 病気と付き合いながらの生活
ジャンル : 心と身体

稗 と  蜜柑





雌も

♂ も 目立ち  たい

↑ ↓ マウスオン よろしく

朝  散策

ーーーーー

家の、 こと


そんな なか 2級 小型船舶  更新、
もう、乗る機会、ないだろうなぁ?
どうしよう?
 


夕食は   



ビタミン 大根  酢の物

豚足 食えん に、、  魚 目玉は、食う美味、 なんでか ?

テーマ : ひとりごと
ジャンル : 心と身体

こんなに、あるの

お誘いがあり、ひと月前に行き、爽やか←(ポチ)な気分を味わった、近くの農園に行った。
入ると、この価格、一般的なんだろう、知らなかった。案内所で、どう周るのが好いか道順を聞く。
ペチュニアの花たちを
この価格 ペチュニア ペチュニアの花たち<br />

ケイトウの花々を見ながら、
ケイトウ ケイトウ ケイトウ

園内を観回せる ケイトウの丘 ユリ園の展望台に上がる。
ケイトウの丘 ユリ園の展望台

白いラベンダーを見ながらコスモス畑へ、風になびくコスモスもまた好いものだ、
白いラベンダー コスモス畑 風になびくコスモス
ビニールハウスのユリ園に向かう

ーーーーー
場所 時間が変わって
10月15日、五箇所村でのコスモスと
五箇所村でのコスモス
白川郷でのコスモス、
何処が違うかって、場所かな~ 笑
白川郷でのコスモス
ーーーーーー
ラマンチャ。ユリ花も、もう終りかな、それでもユリの花はたくさん咲いていた、ほんの一部。カルーソ。
ラマンチャ ユリ花 ラマンチャ 

     ティアラ        マーロン      ココッサ
ティアラ P1020735.jpg ココッサ

世羅高原公園に行く、山向こうに先ほど行った、ケイトウの丘が見える。シャボン玉を不思議そうに、お利口パピヨンが見ていた。
世羅高原公園 シャボン玉 パピヨン

子供が涼しいのに、水煙の中で遊んでた。ワイナリーにいって産直でおかいもの、ヒラタケ、お土産に干しブドウなど、帰り原産国みると、チリ、南アフリカなどガッカリ、紛らわしいラベルを貼るな、てっきり世羅産と思ってた。笑
水煙の中 ワイナリー P1020780.jpg

カボチャの種類って こんなに あるの
カボチャの種類って

お昼は、みなさんそろって世羅ご膳、左上の菊のあんかけにピントを合わせてみました。
世羅ご膳
ーーーーーーー
山口の旅    秋吉台

サファリ2の続きです。
秋芳洞にむかっていると、とても素晴らしい風景が広がりました、地獄台です。
地獄台です 地獄台です 地獄台です

石灰岩の山はだは、趣がある。
石灰岩の山はだは

こんなくぼ地に、雨が降ると水が溢れ出るそうだ、帰り水。石灰岩の中には、サンゴの化石がはいってる。
帰り水 こんなくぼ地に 石灰岩の中には

来た道。緑、白い岩、空を見ながら何キロも走る。
来た道 緑 何キロも走る

展望台で カルスト台地を
カルスト台地を

カルスト台地を<br />

テーマ : 病気と付き合いながらの生活
ジャンル : 心と身体

子 ライオン

60才からもらえる
老齢基礎年金の繰上げ受給をすることにした。
自分の場合独身だし、75才以上いきたとしても、そんなに損はしないようだ。
繰上げ受給のデメリットの
 障害基礎年金を受けることができない(自分の場合、なったとしても差額が少し)
 寡婦年金の受給権を失う
 配偶者が死亡した時遺族厚生年金との併給はできない
も関係がないし。
それにしても、厚生年金を払ってた期間が280月くらいだと厚生年金報酬比例部分の金額が少ないな~ 汗
公的年金だけでは、生活が見込めなかった。
金利の高かった20年前に、終身個人年金2口入ってて良かったとつくづく思う。
切り崩し生活も卒業し、それなりに生活資金がはいるようになるだろう。
繰上げ受給は「薦められない」と言ってた金融Kさんも、個人年金にはいってるからと何とか納得し、手続きをしてくれた。何回も5年先取りで金額が、それなりに少なくなるのと、変更ができないのを説明しながら。
平均寿命が伸びた今は、繰上げされる方が少なくなったそう、こんなところにも流行、廃りがあるそうだ。
今は、司法書士?が、手続き中かな~
あと、書類を持って来てくださるだろう、
申告書類など書き込みが苦手、自分でしないといけないことだろうけど、とても助かった。


皆さんに、心配を、おかけした、シロの下あごの猫坐瘡がホボ治りました、
ありがとうございました。    ハナミズキの実
1022猫坐瘡

畑はホトトギスが咲き。はつか大根、紅白、紅丸が収穫できるように、紅白は、生でかじると、ピリッとからい、どう調理するか思案中。
1021 012 1021 ホトトギス 1021紅白、紅丸

ホトトギス
1021ホトトギス 

はつか大根、紅白、紅丸
1021紅白、紅丸

今年もいただいたクリでシブ皮煮を作り、冷凍保存した。沸騰して重曹を入れ、二回ほどアク抜きで湯がき、甘みを押さえて煮た、クリの本来の味が良く分かるようにしたつもりだが、今年のは、あまり美味しくなかった。 笑
1021重曹 1022 シブ皮煮 1022冷凍保存

ーーーー

山口の旅  サファリ 2

トラは、やはり迫力がある動物だ。トラゾーンをでると普通の遊園地にでた、せっかくなので動物コーナーだけ、車を降りて見学をする。
迫力がある トラ 普通の遊園地

    バーバリーシープ    ヤギ      ロバ
バーバリーシープ ヤギ ロバ<br />

  趣味 昼寝   ホワイトタイガー    おしっこ飛ばしボク、1番
趣味 昼寝 ホワイトタイガー おしっこ飛ばしボク、1番

ポケットモンキーはオリの中で、口いっぱいに頬張ってますが、一匹だけ外に出て活躍 笑
ポケットモンキーはオリの中で 口いっぱいに 一匹だけ

ミニカンガルー     ポニー       キリンは、いないと
ミニカンガルー ポニー  キリン

子 ライオン を抱かれるコーナーは、行列ができてました。
子供ライオン
ーーーーーー

若狭湾で
若狭湾で 

若狭湾で

若狭 三方

越前 蕎麦畑
蕎麦畑<br />

蕎麦の花
蕎麦の花

テーマ : 日記
ジャンル : 心と身体

車窓は開けられない

朝、シロに食事を用意する時、した唇が黒くなってた、ティシュを濡らし取ってたがどうも変だ、獣医さんにつれていくと猫坐瘡で皮膚炎だそうだ。抗生物質と塗り薬をいただいた。抗生物質の粉薬はマヨネーズと混ぜ、口周りに塗る、シロは嫌がり逃げ出そうとする、嫌われるかもしれないが、薬をつけなくては 汗
体重は4,7キロに、戻ってました。
普通のした唇 した唇がへん 1019薬をつけなくては 

畑は赤カブ赤大根。人参、青くび大根。メキャベツ、白菜、カリフラワーなどなど、何とかうまく育ってる。
1017赤カブ赤大根 1017人参、青くび大根 1017メキャベツ、白菜、カリフラワーなどなど

何時もの散歩道に、毬栗の実無しがたくさん転がってる、なんだかな~っといつも思ってたが、よく出会うオジサンさんが言うには、イノシシが実だけを食べてるのだそうだ、驚いた、自分の住んでる所から500メートルばかりの距離のところだ、山荒れを身近に感じた。畑の隅に小菊が咲き始めた。
シロを獣医さんに連れて行き、スーパーで買い物し帰ったら 
77777 達成、
なんのことはない ことなのだが、気持ちがいい、笑。
1019毬栗の実無しがたくさん 1019小菊 101977777

ようえんなイヌサフランが開花した。
1019イヌサフラン

昨日晩、某国系テレビの つるべえ、家族訪問で五箇所村を放送していた、富山から白川郷の一つ手前にあるICにあるところ、先日行ったばかり、なんだか嬉しくツイ見てしまう。 笑
五箇所村
ーーーーー
砂浜のハイウェイにて
砂浜のハイウェイにて<br />

ーーーー
山口の旅  サァファリ

萩城下町の続きです。この日は腹の調子がイマイチだった。秋芳洞に向かう途中さしこみがありトイレ休憩することに。遠い昔、動物園は此処サァファリパーク以来いったことがない、動物を見たってな~、迷ったが自動車で入るれることだし。鹿。 ゾウ。
トイレ休憩 鹿 ゾウ

    水牛         アメリカバイソン      シリウマ
水牛 バッファロー シリウマ<br />

シマウマ
シマウマ

   フタコブラクダ      ブラックバック       ダチョウ
フタコブラクダ ブラックバック ダチョウ

ロッキー湿原地域に入る アメリカクロクマの子供たち
ロッキー湿原地域 アメリカクロクマ 子供たち 

  アメリカクロクマ   背中は傷です
アメリカクロクマ

  チーター       危険の谷に入る       ライオンの群れ
ピューマー 危険の谷に入る ライオンの群れ

車窓は開けられない  
ライオン

P1060246~1

テーマ : 日記
ジャンル : 心と身体

7が

滋賀 彦根から瀬戸内に帰る途中に、神戸あたりで、あることに気がついた。ナビの家までの距離と車の走行距離を足すと、家に着いた時に7が五つ並ぶかもしれない。
家に到着すると、シロの世話を頼んでた方が、ちょうど食事を与えようとされていた、自分には、見向きもしない。笑  当然だろう、思いだしてくれるまで時間が、掛かるかな~。お礼を言い、お土産を、越前カニ味噌 白川郷で、富山瑞龍寺で。シロと遊んでると北陸 金沢城で咲いてた犬サフランが、瀬戸内の家では、まだなのに気づく。
お土産を 金沢城で咲いてた犬サフラン 瀬戸内の家では

この度のお出かけは、一時治まってた不定愁訴 さむけ が、また始まったようなので環境を変えれば治まるかと、調子のよい企てでしたが、むりがあったみたい、いずれまた治まることにしよう。
お金の使い過ぎ、自粛をしなくては、
白川郷では、いろんな花が咲いてました、P1020259.jpg

 国宝 彦根城
国宝 彦根城

北陸を主にした、ひとりぶらり 徒然に紹介したいと思います。
よろしくどうぞ

家に帰ると、
1016 77770
                  あと、7キロで77777

調整すれば良かった 笑

テーマ : 日記
ジャンル : 心と身体

白川郷は

白川郷は、どぶろく祭りと、今、コスモスでした。
白川郷は、どぶろく祭り  コスモス

                   滋賀 彦根より、明日朝、瀬戸内へ

テーマ : 一人旅
ジャンル : 旅行

まだかに

10月にはいり、適度の日差し、雨で秋冬野菜の生長がよくなったようです。畑で、若芽を間引いたり、シロの写真を撮ってると、
1011秋冬野菜の生長 1011いたずら 1011何処へ

裏隣りの、お祖母さんが毎年くださってるクリを持ってきてくださった。「今年は、猛暑で、実生りが遅く出来も悪い」と仰ってたので、いただけないだろうな~と思ってた。
1011持ってきてくださった 1011? 1011行ったのかに

今年は、実が小さく、水につけると浮くのイッパイあっそうだ。今年はクリの価格も高く、買ってまではと思ってた。
1011今年は、実が小さく 1011へっ 1011待ち遠しいに

ありがとうございます、渋皮煮ができるぞ! 笑  早速、水に浸した。
1011ありがとうございます

食事は、まだかに <=`ヘ´=>
1011まだかに <=`ヘ´=>
夕方の散歩から帰るとき、塀の上で待っていてくれます。

間引き菜 の胡麻和え
1011胡麻和え
ーーーーーー

   山口の旅  萩城下町

江戸屋横町からの続きです。木戸孝允の通りをすぎると菊屋家住宅が目に入りました。藩の豪商 菊屋家です。間口がすごく長い、さすが本陣にもなる建物だ。表を過ぎると、横は真っ白い壁の
藩の豪商 菊屋家 間口がすごく長い 横は真っ白い壁の

なまこ壁 菊屋横丁
なまこ壁 菊屋横丁

菊屋横丁通っていくと、 内閣総理大臣 田中 義一家跡や、あの、高杉晋作 生家があった、生家に入る。
内閣総理大臣 田中 義一家跡 あの、高杉晋作 生家があった 生家に入る

産湯の井戸、ふたを取ろうとしたが固定してあった、笑。いろんな資料が展示。高杉晋作。
産湯の井戸 いろんな資料 高杉晋作

高杉晋作生家
高杉晋作生家

を後に、通りの角にあった趣ある萩焼の店など見(このお店、つるべえさんが、こし〇じゅんこさんと訪れてたな~)。ホテルに帰ろうとするが、方向が分からなくなった。地方裁判所を掃除されてた方がいたので聞いてみる。案外、自分は方向音痴なのかもしんない。笑
を後に、通りの 趣ある萩焼の店 地方裁判所

ホテル飲料、山県有朋さん、木戸孝允さん、伊藤博文さん、高杉晋作さん、吉田松陰さん、久坂玄瑞さんと別れ、次にへと向かう。
ホテル飲料 山県有朋さん、木戸孝允さん、伊藤博文さん 高杉晋作さん、吉田松陰さん、久坂玄瑞さんと

ーーーーーーー

10月7日  与島にて

光芒 かがやき 
 

テーマ : 日記
ジャンル : 心と身体

程よいメニュー

尾道は今、朝ドラの舞台になってるのですね、見ようかなという気になります。
千光寺から瀬戸田にある、耕三寺駐車まで、のっぽ187先生に運転していただきました、とても2年のブランクがあるとは思えない、スムーズなハンドルさばき されてました。
平岩郁夫美術館からの続きです。
耕三寺は、美術館の裏にあります、小さい私城が、洋館がの建物の隣りに、京都御所紫宸殿を真似た門が、入ります。寺内には日光の陽明門、奈良室生寺 五重の塔など各地のフェイクした建物が数多くあり、
京都御所紫宸殿を真似た門 日光の陽明門 奈良室生寺 五重の塔

寺は、テーマパークの様相しています。
P1010075~1

千仏洞地獄峡、地下15mに長さ350mというスケールの人工洞窟があり、このたび初めて入りました。
中は立体迷宮みたい、自分みたいな火の車の絵、何百という数多くの地蔵さん、高さの10m位の洞室が3つあり、など配置してあり、興深く見回った。

千仏洞地獄峡 立体迷宮 火の車 高さの10m位

未来心の丘 耕三寺頂上
光明の塔 仏教護法の西に沈む太陽に合掌
光明の塔 仏教護法の西に沈む太陽に合掌
なにをされてたのかな

白い大理石喫茶店の、ドア窓を写していたら、「写真を撮りましょうか?」と、店員さん。
白い大理石喫茶店 ドア窓 店員さん

なにも飲まずゴメンナサイ、汗。時間の都合が分かりませんでした。オリーブの木に別れ、向上寺 国宝 三重塔へ向かいました。
「写真を撮りましょうか?」 オリーブの木 向上寺 国宝 三重塔

向上寺 国宝 三重塔は、黄色い橋の手前、上の方にあります。
手前、上の方にあります

国宝向上寺で海と三重の塔を背景に写真を撮ったり、暫く散策したあと、最終目的地、因島 白滝山に向かった。白滝山は標高226,9mで、頂上には五百羅漢(実際は700体も)があり、景色がとてもよいところで、のっぽ187先生も「行って、見たい」と、仰ってたところです。
駐車場は山の八合目辺りにあり、坂、階段急ですが、歩いて10分も上がれば登れます。鐘楼はお一人、一回撞けます、鐘を撞けれるのは嬉しいことです、他ではなかなか、しかも、こんな高く風光明美なところで。これからは、朝ドラの影響で人も多くなり、撞けなくなるかも。先生は背が高いので、少し身体をかがめられてました。
10分も歩けば登れます 五百羅漢(実際は700体も) 一回撞けます

「小雨あがりの風景も、また情緒があり素晴らしいものです」、仰られてました。
P1010141.jpg

霞む島々、因島大橋をみながら、
霞む島々、因島大橋

夕まで散策してました。
夕まで

P1060861.jpg   福山駅構内の食堂街で、メニュー選び、
    さぁーと10店舗一通り歩いたところで
   「あの店の、煮魚定食ぐらいがよいのでは」と
    旅先では、胃の弱い自分、好みに合う 
    程よいメニュー 選びは悩むところです。
 素早い的確判断はさすがだな~、展示は別の煮魚になってましたが、今日の仕入れは、
 鯛の煮魚です。
 がん患者の食事についての、お話など拝聴し、とても勉強になりました。


しんどい治療中にお願し、来ていただき、とても 充実した一日を 過ごさせていただきました。
少しでも楽しんでいただけたよう、嬉しかったです。
また会え、旅行も楽しみにしています。
ありがとうございました。

ーーーーーーー

何をしてるのか
何をしてるのか

遊びになるようです、
遊びになるようです

水の流れ
水の流れ<br />

少し太ったかな、庭ウォーキング  タマスダレ
1006 庭ウォーキング  

テーマ : 病気と付き合いながらの生活
ジャンル : 心と身体

楽しからずやです

待ち合わせを、お約束した福山駅にのっぽ187先生は10時すぎの新幹線で到着されました。
尾道は、以前行ったことがあるので、案内をさせていただきました。
なんだかんだと、ためになるお話され、何気ない無い会話交えながらを、尾道までドライブ。
海沿いにある浄土寺に着きました。尾道は以前にも来たことがありますが、来るたびに新しい発見がある町です。ましてや先生と一緒、楽しからずやです。
以前、叔母さん達と来たとき、国宝 本堂前で鳩に餌やりされてる住職さんが、本堂、阿弥陀堂を案内してくださったが、今回は新米さん、その方はやっぱ不慣れでした。 笑
国宝 本堂    重文 阿弥陀堂    国宝 多宝塔
国宝 本堂  重文 阿弥陀堂  国宝 多宝塔
重文 阿弥陀堂は、表からの入り口が見えない、今度行くことがあったら何故か聞いてみよう。

尾道水道が見える 重文 山門  尾道らしいなぁ
重文 山門

千光寺山にはロープウェイで上がる。上から見る 重文 三重塔もいいものだ。
ロープウェイ 重文 三重塔 ロープウェイ

ロープウェイからの、千光寺   何回見てもいいな~!
ロープウェイからの、千光寺

頂上の展望台で食事をする予定にしてた、出先でアナゴ丼なら好いと思ってたのに、
休み 汗    旅行先では、食べ物に苦心する。仕方ないから、高速のPSで何かをと、
文学の小道を降りて千光寺にお参りに、下りて線路直ぐ下、国道2線わたると
文学の小道 千光寺に 下りて線路 

路地向こう尾道水道見える、尾道らしい。
P1010052.jpg

尾道三重の塔に別れ、
尾道三重の塔

のっぽ187先生の運転で、しまなみ海道の大浜PSへ
昼御飯、丁度良い食べ物がありました、 海鮮 鯛胡麻だれ丼
鯛、胡麻だれ丼
これ、けっこう美味しく、のっぽ187先生も満足され,「美味しい」と言ってくださいました。

因島大橋を渡り
因島大橋を渡り

瀬戸田にある平岩郁夫美術館へ
P1010062.jpg
ロビーの、唐三彩と仏教伝来です。

次に行く所は、耕三寺です。
記事が長くなるので、続きになります、しりきれトンボになりました。 汗
明日は、誘いがあり愛媛県にいかないといけないし。

ーーーーーー

日曜日の祭りは賑やかで、家の前を神輿が通り、太鼓など披露されてました(総代の家など)、もちろん終わり静かになった神社、後片付けに行きました。秋を実感します。
1003神輿が通り 1003総代の家など 1003静かになった神社、後片付けに

今頃になって食べるホウズキの花咲き、実らしきものが、食べれること、できるのかな? 
食べるホウズキ花 1003実らしきものが 1003 ジャマ

デジカメで撮ったキンモクセイです、前記事はデジイチ、香りたってそう。一年に4回咲く四季モクセイも咲いていました。
1006キンモクセ 1006四季モクセイ 1003掃除ジャマ

桜の落ち葉を掃除していると、枯れ葉の上に座り込みます。ホウキで動かそうとすると、必死で動かない、更に突っつくと、
真剣白刃取りならぬ、両手 ホウキ取り 笑
1003 076

もう動かないので、手で移動
1003 もう動かないので

終わりました。
1003もう動かないので
ーーーーーーーー
境が浜マリーナ
P1000172.jpg

テーマ : 日記
ジャンル : 心と身体

もうボロボロを

神社秋祭り日は、雨予報だが、準備は、しなければ、家の前は、しめ縄と紙垂(しで)を張り。
1003 010
自分の組の担当になってる、御神燈を組み立てに神社に向かう、長年使われ、もうボロボロを、工夫しながら組み立て。笑
1003工夫しながら 1003組み立て。 1003 016

不安定なので、補強して幟を立ててたら、秋の夕暮れ、雰囲気に。ハナミズキの実。秋茄子。
1003幟 1003ハナミズキの実 1003秋茄子

昼御飯は、生姜がを効かした、秋茄子にゅうめん
1003 074
大根まびき菜、秋茄子、シメジ、チリメン、トロロ昆布、ギンナン、アミ海老

ひょたん南京は、沢山採れそう、ひょたん南京の好きなところ、種を取るのが少なくて済む。笑
好い香りかな、獅子ゆず。
1003ひょたん南京 1003ひょたん南京 1003 獅子ゆず

ーーーーーー
山口の旅  萩城下町

千円札の人 の続きになります。ホテルに帰り履き替えて、チェックアウト時間までの予定で、自転車をかりて、城下町へ。目指すは萩城跡のある指月山方面。指月山萩城跡の見える菊ヶ浜海水浴場。情緒ある土塀そば通り
指月山方面 P1060145.jpg 土塀

武家屋敷家並みへ江戸屋横町
江戸屋横町

木戸孝允(桂小五郎)の生家
桂小五郎

日本屈指の蘭学医、青木周弼の生家
青木周弼の生家

武家屋敷 野田家に入ってみた、これ以上ダメってか。
武家屋敷 野田家 これ以上ダメ

江戸屋横町を出たところにお土産屋さんがあった、こちらのほうが千円札の人のときより、同じ萩焼¥500円で、売れると思った。
P1060161.jpg
ーーーーーー

庭のアチコチで満開 タマスダレ
siro.タマスダレ
ーーーーーー
おまけ、 そんなに急いで何処行くの
900馬力

テーマ : 日記
ジャンル : 心と身体

有意義な一日

30日は積極的精神で生きるの、のっぽ187先生と、広島県の、尾道や生口島の平山郁夫美術館に、ご一緒させていただき、とても、楽しく 有意義な一日 をすごさせていただきました。
のっぽ187先生 平岩郁夫美術館 のっぽ187先生
平山郁夫美術館    と、白いマンジュシャゲ
生口島の平岩郁夫美術館
ありがとうございました。
小雨の、しまなみ海道風景も、好いものです、また記事にさせていただきたいと思います。
よろしくお願いします。

シロにお願いして、ビタミン大根の若芽を間引いてもらった。
1001シロにお願いして 1001ビタミン大根 1001間引いてもらった

昼御飯は、間引き菜、ギンナン、チリメン、たらこのパスタ
生若芽、2~3枚、上に飾りつけすればよかったな~
1001間引き菜、ギンナン、チリメン、たらこのパスタ

ーーーーーーー
国宝 投入堂、愛染堂

三徳山三仏寺(さんぶつじ)の続きです。
前記の根っこを持ちあがった所に、修験道者さんがいて、「あまいな~」と、笑ってるように見えました。
土は柔かく滑りやすく足元を確認しながら一歩ずつ、降りてくる人がいたら、待たなくては登れません。
、「あまいな~」 一歩ずつ 待たなくては

十一面観音堂横を登り、一息つき、上の方を見上げると、更に、 カズラ坂、登山に来た訳でないのに半端ではなかった。
十一面観音堂横 上の方 見上げると

70歳過ぎ80歳前後の団体の人たち見かけたが、どう対処されたのだろう?、スゴイ
見下ろしたところ
P1000849.jpg

桃山時代の建立だという、重文 文殊堂が見えてきた、足元の不安定な、この坂も登るのですよ。きついと聞いてたクサリ坂、少し拍子抜け、そうは言っても危ない所、一緒に登ることになった若者も心配そうに見上げてる。ここだけ一方通行になっていた。
重文 文殊堂 クサリ坂 危ない所

↑クサリ坂の左側、降りるときの写真。下りる時の一方通行こちら側も危険でした、チェック柄の人、滑ると勢いで下まで落ちますよ。転落死された場所があるから一方通行になったと思われる。
降りるときの写真 勢いで下まで 転落死された場所

文殊堂の縁側です、外側に下がる少し斜が入ってます。若者は。はーにゃさんも挑戦されるだろうな~、自分は怖くて、とてもとても。
少し斜 若者は 文殊堂の縁側

文殊堂より
文殊堂より

文殊堂を後に、ここもとても危険でした、岩の突端 牛の背 を歩きます。下りの一方通行を降りられる人たち。草鞋は不安定な気もするけど。
岩の突端 下りの一方通行 草鞋

重文 地蔵堂 室町時代末期の建立だとか、
重文 地蔵堂 地蔵堂よりの風景 地蔵堂よりの風景<br />

若者のシルエット
若者のシルエット

鐘楼が見えてきた、馬の背を行くと
鐘楼 鐘楼 馬の背を行くと

重文 納経堂 鎌倉時代 、観音堂 江戸初期、が見えてきた。
重文 納経堂 鎌倉時代 、観音堂  重文 納経堂 観音堂

観音堂の裏を行くと、元結掛堂 江戸初期。振り返って通った山道。岩肌を周ると、
観音堂の裏を行くと 元結掛堂 振り返って通った山道

国宝 投入堂、愛染堂
国宝 投入堂、愛染堂

国宝 投入堂   国宝 愛染堂
国宝 投入堂 国宝 愛染堂 ?

上がるときと同様に、注意下り、清流で手を洗い、修験道門を出。お疲れさまでした、どくだみ茶。
時間記入で確認すると、往復、約2時間でした。
清流で手を洗い 修験道門 お疲れさまでした、どくだみ茶

国宝 投入堂
国宝 投入堂
日本一、危険な処にある 国宝 だと思います。

テーマ : 病気と付き合いながらの生活
ジャンル : 心と身体

ここまでとは、

秋空の月を、眺めてる場合ではない、大根など種物を撒かないと。
927秋空の月 927眺めてる場合 927種物を撒かないと

日曜日の朝は、町掃除の日、自分の組は溝が少なく早めに終わる。
今年は、秋祭り神社の準備担当になっている、打ち合わせし、しめ縄と紙垂(しで)配り、
町掃除 しめ縄と紙垂(しで) しめ縄と紙垂(しで)配り

溝掃除の雑談の中、一人の方Aさんと、秋祭り打ち合わせ後、きつい所ががあると聞く、二人で鳥取 三徳山三佛寺に行くことに。履きなれたウォーキングシューズに履き替え、国宝 投入堂を目指し、イザ高速へ、
秋雲、飛行機雲もVサイン、三佛寺の到着は昼前、
空もVサイン 三佛寺 三佛寺

まずは腹ごしらえ 笑
地産地消の名物、三徳山の水で作られた三徳豆腐等の精進料理。
真ん中は豆腐の味噌漬けだそう、上に畑のキャビア トンブリが、
腹ごしらえ 
煮付けは、ほど良い味付け。刺身風の蒟蒻イカ、トマト鮪は恥ずかしいながら、食感といい味といい精進料理を、ど忘れウッカリと本物と勘違い、上にトッピングはクリの千切り。
天ぷらは、イチジク、ミョウガ が美味しかった、飲み物はシオデという名で、名物山菜ジュースだそう、酢が微かに効いて、これまた美味しかった。精進料理。よく出来ていて美味しく、料理で久しぶりに満足しました。
¥1500-
P1000802.jpg 刺身風の 天ぷらは  

階段は、足で磨り減ったのだろう歴史を感じさせる。参拝料金所で、履物などの説明を受けて、入寺。
足で磨り減ったのだろう 参拝料金所 入寺

三徳山三佛寺は天台宗修験道の古刹で、宿坊三院(正善、皆城、輪光)があり、精進料理もだしてくれる、水琴窟の音色を聴き、宿坊の一つ輪光院に入ってみた。
正善 水琴窟 輪光院

P1000819.jpg

P1000823~1

現在地にある参拝受付で、履物のチッェク、わざわざ、履きなれた慣れた靴にしたのだが危うくセーフ、少し溝が減り気味、汗。ダメだったら草鞋に履き替え。入山時間を書き、梵字と六根清浄の書かれた輪袈裟を受け取り、行こうとすると、一人で来た若者を連れにと願いされ、快く承諾。(一人では許可されない)。午前中は250人ほどだそう。
現在地 履物のチッェク たすき

真言を憶え、中間地点だろう地蔵堂を目指して、修験道入口へ
真言 地蔵堂 修験道(行者道)入口

降りて手を洗う人たち。えぇーこんな所!!!。楽そうな方向へ行くと行き止まり、上がれる場所がない縄止め、みんな思うのだろう、跡がある。
手を洗う人たち P1000839.jpg P1000840.jpg

きついところと、云われてたところ、此処とは違うし
修験道とは言え、寺参りに

ここまでとは、

P1000841.jpg
思わなかった。女子さん草鞋を履かれてるみたいだね。」

自分はデジイチは背負いバックに入れ、デジカメに交代。


                  山口の旅は、チョッとばかり間があきます。

テーマ : 日記
ジャンル : 心と身体

あぁ 爽やか 

彼岸の参りに、朝早く、しっかり者の妹たちが、お菓子と、手作りおはぎを持って来てくれた。
朝早くきたのは、テレビで彼岸花の群生が咲き始めてるの放送してたので、一緒に見に行こうと思ったからだった、高速にのりドライブ。
手作りおはぎ お菓子 お菓子
餡いりおはぎ食べたので、四つだけ、

コレはと思われる小さい写真は、プチしてくださいね、けっこう綺麗に撮れてると思います。

山里にはいり、目的の場所に。
空き地で、幼稚園の子供達だろうか、先生と戯れていた。クロアゲハは彼岸花と。自分は栗と。
P1000629.jpg クロアゲハ 栗と

木漏れ日、彼岸花の群生
木漏れ日 

彼岸花の群生
彼岸花の群生
群生していても、なにげに寂しい、マンジュシャゲ。

昼御飯は静かな環境のこんなとこ。
静かな環境 静かな環境 静かな環境

自分はドリアライス、妹たちは、パスタや海老フライ
ドリアライス パスタ 海老フライ

この盛り付け方、ん~好ましいのか?
盛り付け方

食後は、世良にあるダリア園に、約四百種、2万5000株、ハサミは持ち込み禁止 笑
ダリア園 約四百種、2万5000株 ハサミは持ち込み禁止

ダリア園、全景の半部。各筋道を散策。
半部 各筋道 散策

なにせ全部、撮りきれませんでした。
ダリア ダリア ダリア

ダリア満喫
ダリア満喫 ダリア満喫 ダリア満喫

ダリア満腹
ダリア満腹

撮ったダリア写真、全部載せれません 汗

別、空間、ここは?
別、空間、ここは

あの、ラベンダーを見れるとは。ダリアとラベンダーの組み合わせ 笑。赤い花はサルビア?。
P1000717.jpg ダリアとラベンダーの組み合わせ 赤い花は?。

カフェで、妹たちはバジルのソフト。白樺の木も見て
カフェで バジルのソフト 白樺の木も見て

あぁ爽やか 夏の、北海道を訪れ気分
北海道を訪れ気分

5分ほど車で走り、コスモスの丘へ
コスモスの丘へ コスモスの丘 コスモス

あぁ 爽やか コスモス秋便り
コスモス秋便り

926 ?

テーマ : 日記
ジャンル : 心と身体

風流なんぞ

昨日は、蒸し暑く雨が降り、今日は肌寒く、温度差が激しすぎる、それでなくても、体温調節が出来難い身体になってる自分、また、さむ気に悩む身体の引き鉄にならなければ良いのだが、服装に注意しなければ。

一日遅れだけど、ゆんこ さんの真似をして、中秋の名月の 風流なんぞ してみた。
日が沈み、
924 夕焼け

シロと、中秋の名月の風流
シロと

三脚にデジカメ固定し16倍で撮影、どうもな~
924中秋の名月

デジイチ200mmで、
924 中秋の名月
雰囲気としてデジカメで充分な気がする。

白、黒見てたら、目がマジマジしてきた。
瀬戸内の海で目治し。
航海の安全、子授け・安産の祈願所、阿伏兎観音 (あぶとかんのん)より
航海の安全

阿伏兎観音 さん近くでの昼食 鯛ソーメン
鯛ソーメン

一人だけ、美味しいもの食べて <=`ヘ´=>
918 017

ーーーーー

山口の旅  千円札の人

松陰神社から歩いて5分弱のところにある、伊藤博文旧宅に行った。お父さん林十蔵さんが、ここ伊藤家さんの養子になられたので、明治元年まで本拠とされた所。
伊藤博文さん 伊藤博文旧宅 明治元年まで本拠

国の史跡に指定されている、木造茅葺き平屋建てで、小さかったが、典型的な武士の建物だそう。小さい頃、記憶があるかまど、皆さんは小さい頃、見たことないでしょうなぁ。
小さかったが 林十蔵さん伊藤博文さん かまど

隣りには、東京に建てられた広大な別邸の一部を解体し、ここに移築した伊藤博文別邸があった。庭には、天皇家から賜れた燈籠があった、紋は五七桐だろうな。
伊藤博文別邸 広大な別邸の一部 賜れた燈籠

照明器具を撮ってみた。
照明器具 照明器具 照明器具

階段のところの、照明が点いてたの。
照明が点いてたの

階段のところ。地図の左上が萩、中ほどが山口市、下方が光市で伊藤博文さんの生家と、千円札の最初番号A-1が展示してあるそう、伊藤博文記念館。近くにあった土産屋さんの萩焼、なんだかな~。
階段のところ 下方が光市で伊藤博文さんの生家 萩焼

S字結腸や痔の手術いらい極たまにある、朝、便通が落ちつかない内に出かけたせいもあるだろう、気づかぬうちに、車に乗るとき、ホンのチィッとだけ。
ホテルに帰るタイミングでよかった!

テーマ : 病気と付き合いながらの生活
ジャンル : 心と身体

キチッと整備

920 車検        連休中の日曜日、
        税金を払いに行った。
        どうか、払った税金
        無駄遣いしないで、
        上手く、やり繰りして欲しいと、
        思う、今日この頃。

車の調整はいつも定期的に、メーカーのデーラーにお願いしている、昔からの友人がいるからだ。キチッと整備 してくれてるから、いつも安心して遠出も出来る。この車は乗りつぶすつもり、いつまで運転できるできるかな~。
先のことは、必要以上考えないことにしよう。

毎日、朝6時の散歩、今日はグランドの中、車が走ってる、少年野球前の、土均し。今年も秋を感じる影をうつしてみた。
記事を書いてると、久しぶりの雨、今年の少雨、枯れたリュウノヒゲが物語ってる、今までこんなに枯れたことがない。
土均し 秋を感じる影 920リュウノヒゲ

今までこんなこともなかった、今年はサフランモドキが期間置いて三回も咲いた、シロも不思議がっているみたい異常気象。
920 三回も 920サフランモドキ  912不思議がっているみたい

今年のタマスダレ。
920今年のタマスダレ 920今年のタマスダレ 912 015

名前分からぬ小さい花の茶花、デジカメでズームマクロしてみた。上の一眼と変らない気がする。
920小さい花 920デジカメで 7

ーーーーーーー

山口の旅  松陰神社

ホテルの部屋壁には、萩所縁の書籍がラックしてあったが読む時間がとれなかった。朝早く目覚めた、便意が気になるが、質素な朝食を済ませ、7時30分ごろ、近くにある松陰神社に車でいく。松陰神社に行ってホテルに帰り、チェックアウトまでに、自転車で萩城下町を散策する予定。
萩所縁の書籍 ホントに質素 松陰神社
松陰神社境内に入ると直ぐに
吉田松陰が、身分や階級にとらわれずに門下生として受け入れた
松下村塾 があった。
高杉晋作、伊藤博文、山県有朋、山田顕義、久坂玄端、品川弥二郎ら、明治維新で活躍された人が2年くらい勉強したところ。松下村塾 

松下村塾 松下村塾 松下村塾

松陰神社に礼節を尽くして参拝 !
松陰神社 礼節を尽くして 松陰神社

松陰神社には、吉田松陰幽囚ノ旧宅もあった。
吉田松陰幽囚ノ旧宅 吉田松陰幽囚ノ旧宅 吉田松陰幽囚ノ旧宅

ーーーーーーー
瀬戸内の風景
9月13日の

  

テーマ : 病気と付き合いながらの生活
ジャンル : 心と身体

思案のしどころ

「60歳になると 特別支給の老齢厚生年金 を受け取る権利が発生します。」の、お知らせが日本年金機構からきているので、誕生日がきたら自分で、老齢基礎年金の繰上げ支給の手続きもしようと思ってた。
今日、個人年金を掛けてたA金融機関のBさんが来て、「特別支給の老齢厚生年金」の受け取りをAにしてくれと頼みに来た、むろん自分としては、個人年金を掛けてた金融機関だし、その心算でいたので快くひき受けた。そのBさんが言うには、老齢基礎年金の繰上げ支給の手続きは、個人的意見だが「しないほうが良いのでわ」と、言われた、自分の病歴とか、健康状態など知っておられる筈はない。基本的に老齢基礎年金の繰上げ支給すると、色々不利になるし、75才以上生きてると損をするのは知っているが、まだ他に金利とか、まだ他にもあるらしい。繰上げ支給の手続きは、もう少し考え、自分をしってる人の意見も聞いてみよう。
健康な人と、老齢基礎年金の繰上げ支給について、考えに差があるだろうな~。
一つの、賭け  
ここは、思案のしどころ だ!
思案のしどころ 
                        9月13日の 瀬戸内の海

秋茄子の花、といっても同じだが。桔梗。大きさは画面と同じくらいかな、ビナンカズラ。
914秋茄子の花 913桔梗 917ビナンカズラ

秋冬野菜の苗や種とか、買ってきた。
917冬野菜の苗や種

シロは苗を植えてくれてる
917植えてくれてる

のか、踏み倒してるのか
917踏み倒してるのか




ーーーーーー

山口の旅 

萩城跡から、予約していたホテルにいった。夕食とるには早すぎるので、次の日に観光する予定の萩城城下町を下見することにした。萩の街中になるので、車では駐車にこまるだろうと、ホテルのレンタサイクル借る。曲がるところ間違ったらしい、道に迷ってしまった。浜崎の町家 田山村家住宅。商家の藤井家、アッ懐かしいポストがある。魚仲買の斉藤家。道に迷っても萩の町は見所があるものだな。
田山村家住宅 商家の藤井家 魚仲買の斉藤家

そろそろレンタサイクル返す時間になる、道を聞いて、浜崎萩魚市場、萩漁港、松本川沿い、自転車をはしらせる。あんがい自分は、方向音痴かもしれない。
浜崎萩魚市場 萩漁港 自転車

ダーツがあった、一回目の結果。枕の下にPCバックを置いたが、まだ低い、毛布を借りて高くしなければ。夕食は、萩の新鮮ノドクロノ焼き¥850と御飯セット¥500、量的には自分にはこのくらいが丁度いい、天ぷら、刺身など付いた定食は食べきれぬ、ノドクロノ塩焼き、美味しかった !。
ダーツ まだ低い ノドクロノ塩焼き

萩の夕焼け
P1060073.jpg
松本川と、萩城跡のある指月山。

918 002

  

テーマ : 病気と付き合いながらの生活
ジャンル : 心と身体

早くだして

912板ウニ   また、板ウニの安いのを見つけた。
    大好きなウニだ。
    安いだろう、不味いの恐れがあるが、
    前のは美味かった
    買わなくてわ。


シロは、よく一猫遊びをしてる、勝手口前にクレマチスの種が垂れ下がってた。爪研ぎ。
912クレマチスの種 912 一猫遊び 912爪研ぎ

急に秋らしくなってきた、急いで、
914 急いで

秋冬野菜の準備しなくては、畑の目が粗い、
912 秋冬野菜の準備

耕さなければにゃ~
912 032

疲れたにゃ !
912 疲れたにゃ !


耕運機あるなら、早くだして にゃ~ !
914 012


ーーーーーーーー

山口の旅  萩城跡

萩城跡の内堀には、亀が驚くほど、たくさんいた、外来種も混ざってるだろうか、そんな雰囲気、困りものだね。石垣を見るのが好きな自分、ツイツイ撮ってしまう。 笑
萩城跡 亀がたくさんいた 石垣

アチコチの石垣に上がる、これはこれで面白い。
アチコチの石垣 アチコチの石垣 アチコチの石垣

天守閣跡からの眺め
天守閣跡 天守閣跡からの 天守閣跡からの

記事を書いてて気がついた、城門跡方向に見える石垣の丸模様、意味があるのか。
丸模様

城内に花江茶亭があった、13代藩主毛利敬親の別邸茶室を移築したもの、静かな佇まい、土日祝は抹茶の営業されてるそう。井戸のふたを開けようとしたが、固定してあった。
花江茶亭 静かな佇まい 別邸茶室を移築

萩藩の永代家老福原家の書院が移築してあったが、ほぼ、1800年頃の建物だそう。藩校明倫館の遺構、万歳橋を渡り、毛利輝元を主祭、元就、敬親二公を配祀とした志都岐山神社(しづきやまじんじゃ)を参拝。
福原家の書院 万歳橋 志都岐山神社

萩八景遊覧船から見た日本海がわ城壁を見にいった、城模型の右になる。
日本海がわ 城壁 城模型

駐車場の処に、国の重要文化財 旧厚狭毛利家萩屋敷長屋があった、せっかくなので入って見る。毛利元就の三本の矢、今の時代、忘れられてる気がする。
旧厚狭毛利家萩屋敷長屋 三本の矢 旧厚狭毛利家萩屋敷長屋
 
くさび     いつも何だろうと見ていた
     石垣の切り痕
      大きい石を割る時に
      小さい穴をあけ
      楔を打ち込んだ痕だった。

ーーーーーー

9月13日 瀬戸内の海
9月13日 瀬戸内の海

テーマ : 日記
ジャンル : 心と身体

それは、突然にやってきた。

9日の、朝5時頃
911 レントゲン    目覚めると、
     ウっ動けない
     夢現のなかでトイレに行ってたが
     何か不自然な格好でもしてたのか。
     痛くて起き上がらない。

それは、突然にやってきた。3年ぶりかな、3回目のギックリ腰だろう、暫くじっとしていた。
何とか、昔のロボット(今のはスムーズに動く)歩きし、五十肩で服用していた薬を飲み、湿布した。
7時ごろになると、シロが庭で食事をねだってるのだろ、にゃぁ~にゃぁ~鳴いてたが動けない。
9時ごろなんとか動くことができ、整形にいく。
911ロキソニンとムコスタ   たぶんギックリ腰だろう、
   ロキソニンとムコスタを処方していただき
   ようすみ。
   治らないようだったらMRIとのこと。
   11日、今日は、ほぼ大丈夫になった。

骨の並びはきれいなほうだそうだが、今、見ると下から2段目が変な気がする。まぁ他の角度も撮ってるし整形先生を信じよう。
レントゲンでは椎間板が映らない、以前MRIは椎骨から椎間板が出てた。

910 007

910 008

最近、庭で咲く花がないのでクレマチスの種を撮ってみた。今日の昼御飯は、はーにゃさんにいただいた、北の大地芋に、あんかけ。前々記事の赤、黄、白パプリカを茹で、冷凍保存してたのと小分け冷凍している海鮮をつかった。彩りをねらったのだけど。
910クレマチスの種 911 海鮮中華あんかけ 911 海鮮中華あんかけ

北の大地の恵み 海鮮中華あんかけ(勝手に命名)
イチジク、キューイ セット   ¥・・・。
911 022

ニャァ~~~あアァ~~味は?
910 010

ーーーーーー

山口の旅    萩八景遊覧船

青海島から、萩城跡駐車場を目指した。萩城の疎水に萩八景遊覧船の看板が目に付き、青海島では遊覧船に乗らなかったのを、少し反省していたので、乗ることに。萩城跡近く指月橋から出航、疎水から橋本川にでるとき、でかい鳥、アオサギがいた。
指月橋から出航 橋本川にでるとき アオサギ

夕立が降りそうなか、穏やかに流れる橋本川を遊覧しつつ、橋本川から入る外堀の話しや、釣りバカ日誌でこの辺りがロケ地になったとかの案内聞き、第26代内閣総理大臣の田中義一さんの別邸のところから折り返すと、萩城跡がある指月山がみえた。
橋本川 田中義一さんの別邸 指月山

外堀でもある疎水の遊覧船乗り場に戻り、日本海側にむかう。ギギギッと音がした、何の音かと思ったら、萩城門跡に架かる橋の下を通るため、船の屋根を低くしていたのだ。石積の修繕していた、小指くらいの小さな石にも番号が記入してある、精確に修復しているようだ。
屋根を低く 修復 日本海側

萩城指月山の海側、ず~と石垣が続いている。 萩市沖の羽島 。萩市方面、菊ヶ浜。
石垣が続いている 萩市沖の羽島 菊ヶ浜

萩城跡にむかうと、築城した毛利輝元像が迎えてくれ、さらに歩くと
萩城跡にむかうと 毛利輝元 さらに歩くと

萩焼資料館まえでニャンコも迎えてくれた。
ニャンコも迎えてくれた 萩焼資料館 萩焼資料館

萩焼きってこんな感じなのだ。
萩焼き

ーーーーーーーー

ンにゃー、
へんなところばっかり、写すさニャァーいで <=`ヘ´=>

910写すニャァーいで

テーマ : 病気と付き合いながらの生活
ジャンル : 心と身体

よいのかい

お~い、お家の庭だからって、
そんな格好して、
904寝ていて

寝ていて よいのかい 笑
904好いのかい 

今頃になって、赤、黄パプリカが色づくようになったが、とてもチッコイ 汗
白ピーマンは少しピリ辛だ、色合いは見事なのだけどナ~と初秋茄子 
904色づくようになったが 904白ピーマン 905色合いは
秋茄子の為、剪定してた。

歯医者へブリッジを取り付けにいった、助手さんに歯ぐきが弱ってると云われた、取り付け、微調整は火曜日に、歯磨きすると、歯茎がチッと痛い。

ーーーーーー

山口の旅    青海島
      
赤間神社から青海島に行く途中、トイレ休憩場所捜してたら、山口で有名な湯田温泉街手前で、手ごろそうな寺駐車場を見つけ駐車。そこは戦国時代、九州の大友氏や中国地方の覇者 毛利元就と戦い、また、フランシスコ・ザビエルと接見したりした周防、長門など6カ国の守護大名 大内義隆が謀反にあい、自害した大寧寺という寺だった。すこし散策、由緒ありそうな山門跡、大寧寺は、開創六百年を迎えるそうで山門復興をしようと総額6億円の見積もりで、浄信におすがりしておられるそうだ。大内義隆主従の墓。
大寧寺 山門復興 大内義隆主従の墓

奥へ行くと千本のぼりと長門豊川稲荷があり春には桜、秋にはもみじで賑わうと。
千本のぼりと 長門豊川稲荷 長門豊川稲荷

山陰に出、仙崎港わきの道路を通り青島に、もう近くだ。仙崎港は蒲鉾で有名、岸壁の母の舞鶴港と同じ、引き揚げ港に指定された港でもある。当時の建物の様だ、すごく哀愁とか喜びを感じた。
仙崎港 引き揚げ 当時の建物

青海島の海岸に着く、海水浴を楽しむ人たちがいる。逆光になる海岸、切り立った眺めは素晴らしい。下関方面になる。
青海島の海岸 切り立った 下関方面

順光になると青い海の特徴を引き出してくれる、少し歩くと案内板
青い海の特徴 青い海と岩 案内板

透きとおったブルー、まさに 青海島
青海島

左 カモメ岩 と
カモメ岩

右 十六羅漢 の
十六羅漢
間を、仙崎港から出てる高速観光船がいく、海上から説明つき眺めはいいだろうな~

象の鼻(手前の岩群 変装行列) にまで、遊歩道を歩いていきたかったが、
P1050931.jpg

夕方までには、萩の街を下見したかった !
萩へ、とむかう

テーマ : 日記
ジャンル : 心と身体

こんな格好で

朝夕は、涼しく、夜になると虫たちが騒がしく鳴くようになり、秋が近づく気配はあるのだが、日中は暑い、雨が降らない瀬戸内だ。おかげで、ブルベリが10本あった半分が枯れてしまった、幸い実のつきのよくない木だったので、まずはホッと、夕方、水を散水することに。
シロは最近まで夏バテしてたのか、少食になり夏痩せ心配してましたが、朝夕が涼しくなり始めると食事量も増えはじめ、多少なりとも活発になり、朝には急に木に駆け上ることも。まぁ昼間はこんな格好で、石灯篭に少しでも影大きくしようと日除けをしたら伸びきって、
902木に駆け上る 901こんな格好 901日除けを

木を枕に、
901木を枕に
こんな格好も
901 006

イチジクの下に、妖艶な色のアマリリス?だろうか咲いている、おそらくユリ科だろうニャンコ(=^・^=)には好くない植物だが、花粉が着くこともないし、放っておこう。
901アマリリス

花単体の雰囲気としては、前記載サフランモドキと似ているが、大きさ、咲き方が全然違うな。ジャムを作ろうと、フルーツほおずき(オレンジチェリー)を植えてたのだが、花らしきものが6月ごろ一つだけ咲いて後は、ほおずきらしきものが一向にできない、どうなってるのだるう残念だ。オクラの花をまた撮ってみた。
901 サフランモドキ 902フルーツほおずき 902オクラの花

ーーーーーーーー

山口の旅   赤間神社

みもすそ川公園から関門海峡大橋下を通り、すぐ近くにある、平家一門さんと、ともに入水崩御された、当時八歳の幼帝安徳天皇を祀る、赤間神宮にいきました。建久2年(1191)に朝廷が長門国に命じて御陵上に御影堂を建立し、勅願寺として天皇のご冥福を祈られた神社です。
太鼓楼と水天門
太鼓楼と水天門

今年は寅年の厄払いでしたね、祈願しましょう。龍宮城みたいな雰囲気のある水天門をくぐると社殿が見えました。
寅年の厄払い 水天門 社殿

境内に平家一門之墓、七盛塚 があり、その前隣りには、耳なし芳一堂がありました。
平家一門之墓 七盛塚 耳なし芳一堂

耳なし芳一のお話しは此処がモデルになってたのですね、島根県の松江にある小泉八雲邸に行った時は、怪談に関連ある此処の神社に来ることになるとは思ってもみなかった。お堂の前で、父親さんが娘さんに怪談の荒筋を話されてたようです、怪談のおはなしに真剣になってる目が可愛かったのでUPさせていただきました、許してくださるでしょう。感じのよいすてきな光景でした。
真剣になってる目

下関は、もう一箇所、行きたいところ、国宝 住吉神社があるのですが、10月末まで屋根を修復中なのでやめました、またの機会をつくり是非に訪れようと思ってます。動ける状態でいたいな~!。
社殿に参拝し、関門海峡や九州を眺めて、
関門海峡や九州
山陰側になる青海島にむかう。


メモ9月2日 胃噴門部○

テーマ : 病気と付き合いながらの生活
ジャンル : 心と身体

忙しいなか

またまた、プログ友さんからいただきものしました。
831銘菓の詰め合わせ

あんぱん父さん さんが、忙しいなか、埼玉から瀬戸内へ銘菓の詰め合わせを送ってくださいました。
     831銘菓
   左からふっくら小豆餡
       もつっと口どけの良い求肥餅
       さつまほんわか芋あん
    ありがとう、あんぱん父さん さん
           あんぱん母さん さん
旅行中、シロの世話をしてくださってる方に、お裾分けし、喜んでいただきました。

6月にも咲いてた、サフランモドキと同じ気がするのだけど、花弁が多いな。
異常気象かまた咲いた。
831サフランモドキと同じ気がするのだけど

被せが取れて、どうなることかと思ってたら、ただ、外れただけだった、セメントで固定して終わり、土曜日にはブリッジの取り付けと調整。

シロの昼寝中、近づくと気配で感じるのだろう、チッとばかしの反応が 笑
831チッとばかしの反応 831チッとばかしの反応 831チッとばかしの反応

ーーーーー
山口の旅

関門海峡大橋。 
壇ノ浦PA、対岸にある、めかりPAからの関門海峡大橋眺めはプチしてください。
関門海峡大橋
の下方にある、みもすそ川公園に行きました。
みもすそ川
壇ノ浦古戦場跡です。まず目についたのが長州砲でした。
長州砲
ここは幕末の長州が外国船に砲撃した砲台跡でもあり、長州砲のレプリカが5門設置されていました。
後ろの山は、火の山でロープウェイで上がれ、宮本武蔵の巌流島など望めます。
5門設置
懐かしい紙芝居をされてました。
紙芝居
数名でも人が集まればすぐに源平の合戦の紙芝居が上演されてくださるそうです。
源平の合戦
安徳天皇さんの御入水や
安徳天皇さんの御入水所
義経さんの「八艘飛び」、平知盛さんの「碇潜(いかりかづき)」の位地関係などを、面白、可笑しく、興味を深めるようにはなされました。
位地関係 義経さんの「八艘飛び」 平知盛さんの「碇潜(いかりかづき)」
大きい船が関門海峡大橋の下を航海するな~
大きい船
道を隔てたところにある、関門海峡トンネル人道入口見ながら、次の安徳天皇さんを祀る神社に行く。
トンネル人道入口

香川県屋島源平壇ノ浦古戦場と混んがらがうナ~

メモ8月29日 胃噴門部○

テーマ : 日記
ジャンル : 心と身体

続くものだな

昼ごはんは、はーにゃさん にいただいた、じゃがいも の、以前つくった、トマトピューレーをつかった海鮮ソースかけ。
海鮮ソース

夕食は、じゃが煮
830じゃが煮

前記事イチジクはジャムにし、冷凍、まだイチゴ、ブルベリがある。イッパイ入れすぎたな。
829 イチジク 829 ジャムにし 829 冷凍

久しぶりに夕立があった、暑い暑いといいながら、朝夕涼しくなり虫も鳴き始めた。翌日は葉っぱが散乱、水音に興味あるのかな、シロ。
829夕立があった 829葉っぱが散乱 829興味あるのかな

今まで、暑かったのと雨が降らなかったのか、豊作のはずのキューイがあぶなさそう、10月までは例年、葉が緑豊かなのに今はもう僅か枯れたのかな、ゼンメツかな、ジャムができないぞ。春に植えた3本のキューイ苗も、全部、枯れちまった。フェイジョアは、豊作が期待できそう!
829あぶなさそう 829枯れちまった 829 豊作が期待

右奥歯の虫歯を治療し、ブリッジを造り直し、来週の土曜日まではでプラスチックで代理、あまり噛むと割れるので、出来るだけ左を使うように、と、土曜日午後、左奥歯の被せが取れたー! あぁ、痛くはないけど。ただ今、不安定なはめ込み中、 汗。829被せが 829 被せが
続くものだな

ーーーーーーー
山口の旅

国宝 功山寺②
国宝の仏殿の隣りに法堂があり、その前に鐘楼と、高杉晋作像があります。高杉晋作は、このお寺で都落ちされた三条実美ら尊皇派の七卿のうち、五卿のかたと謁見後,わずか80人程度で挙兵しました。
法堂 鐘楼と、高杉晋作像 高杉晋作像

端整な顔立ちの仏さんがおられました。住職さん、スナップ写真なら良いとのことで、鎌倉時代で木像、韋駄天立像を撮らさせていただきました、護法鎮火の仏で、足の早いことで知られ韋駄天さんです。いかにも。素早さそうです。
P1050846.jpg

七卿が潜居されてた法堂内部と書院を見学させていただきました。書院の内部です。
法堂内部 書院 書院の内部

五卿潜居の間には桂小五郎(木戸孝允)、坂本竜馬の書簡等が展示してありました。
五卿潜居の間 桂小五郎、坂本竜馬 坂本竜馬

仏殿の鬼瓦さんと、隣りにある下関市立長府博物館に、別れを告げ
仏殿の鬼瓦さん 関市立長府博物館 下関市立長府博物館

近くにある、長府毛利邸へ、表門。  玄関。
長府毛利邸 表門 玄関

玄関前の、オオバジャノヒゲが群生
オオバジャノヒゲが群生

庭園は、池泉回遊式で、邸は当然ながら数多くの部屋、明治天皇さんが行在所(あんざいしょ)として使われた部屋があり、常陸宮とも所縁ある長府毛利邸でした。
庭園は、池泉回遊式 数多くの部屋 明治天皇さんが行在所


次は、関門海峡、壇ノ浦古戦場、まわりです。

テーマ : 病気と付き合いながらの生活
ジャンル : 心と身体

北の大地の恵み

北海道新聞に、先日に行った備中付近が特集で記事にされてました。造山古墳、日本で4番目に大きい古墳があったのですね。知りませんでした、宮内庁の関係でないので、見ることも出来るようです。知っていれば行ったのにな、また、機会あれば。

ピンポンとチャイムが鳴る、シロが出てみると玄関に、北海道新聞とジャガイモが、瀬戸内の我が家に届いてた。シロが、新聞記事を読んだ後に、
825新聞とジャガイモが届いてた 825 新聞記事 825 読んだ

北海道 札幌に住まわれて、リンクさせていただいてる、
「うっかりねこやなぎのつぶやき 」 はーにゃさん から、
プレゼントが届いていると知らせてくれた。
825 知らせてくれた


自宅で、義母さんが作られてのを送ってくださったのだ。
旬の、北の大地の恵みが味わえる、やったー!

    こころ優しい はーにゃさん ありがとうございます。

825 耐熱ガラスに皮ごと   で、早速、耐熱ガラスに皮ごと一個入れ、
      レンジでチン。
     二つに割り塩コショウ、
   バターは避けてるので、
      マーガリンを添え、


スプーンで一口、二口と、  幸せだー!
825 幸せだー!
やっぱ、ジャガイモ、これが最高 \(=^o^=)/


827水きりしてナフキンに   薄く輪切りにし、サッと水洗い
       軽く、塩コショウ
       ナフキン敷いて5分ほどチン
       裏返し  チン
   コンソメ粉など、ふりかけても、面白い


パリ パリ  油使わないチップ  美味しいぞ !
827 冷めてカリカリ
プログでのお付きあいって、オフとか、こんな嬉しいことがあるのですね、
とても 嬉しかったです。
はーにゃさん、これからも、よろしくおねがいします。

裏畑イチジクの実が熟し始めた。柚子は、家のは何故か種が多い、使うのに面倒。柿も熟し始めたが、腸閉塞になった前日にたべた、原因とまでは、言えないだろうが、腸の動きを抑えるそう食べないことにしている。
826 イチジク 826柚子 826柿

腸の運動を促すというイチジク、家ではチョッとしか実らない、地場スーパー¥680円で売っていた、安い、得意のジャムにするぞ、笑。頂いた観葉植物。風呂に入ろうと、まだ、いた、害虫たべる・・・早く出て行ってくれないかな~。
827 家ではチョッとしか実らない 826 観葉植物 826 ・・・

ーーーーー

山口の旅

 国宝 功山寺①

朝、便意の感じが良くなり出かけた、朝食はSAで焼き魚定食。下関長府の功山寺付近の駐車場にとめる。静寂な雰囲気の土塀が続く、ふと上を見上げると、電線がなんか変、近くに変電所らしきものが無い、まぁ良いけど。
焼き魚定食 土塀が続く 電線がなんか変

旧山陽道に面してる功山寺総門です。功山寺は1327年に創建され、長府藩祖毛利氏の菩提寺で、毛利氏に自害さされた大内義長や、高杉晋作が、討幕の挙兵した寺で知られてるそうです。総門をくぐると静寂ななかに、山門へ上がる階段がみえた。モミジのなかに山門がみえた。
総門 階段がみえた モミジのなかに

風格ある山門だな。
風格ある山門

P1050829.jpg    今度の、旅行目的の一つに
    国宝 功山寺仏殿 を見ることでした。
     山門から
     桧皮葺反りが美しく
    気品ある仏殿で見え始めた。


国宝 功山寺 仏殿
国宝 功山寺仏殿

桧皮葺なのに瓦があるのは、禅寺だからなと思った。仏殿の裏には毛利家の墓所や大内義長さんの墓がありました。
カノンさんに教わった、オン バサラ タラマ キリク ソワカ 千手観音菩薩さんに祈願する真言の言葉がありました。寺内はスナップ写真なら写してよいと住職さん仰ってたので、
瓦 毛利家の墓所 オン バサラ タラマ キリク ソワカ 

千手観音菩薩さんを撮らさせていただき、祈りました。
   だいじな人たち
       生きとし生けるものの幸せのために 。
千手観音菩薩


長くなりそうなので、続きに。。。

 

テーマ : 病気と付き合いながらの生活
ジャンル : 心と身体

徒然にUP

旅行から帰る途中に、シロが敷地内に居ないと電話がありました。また脱走したようです、時々するので心配いらないですよ、と伝えました。敷地から出ないよネットはしているのですが、その気になれば、簡単ですよね。笑
家の駐車場に車をいれると、早速、シロがむかえてくれた、やはり敷地外にでてる。外へでるならこっちの、車が通る表はさけて、裏畑の方がいいのだが。不機嫌そうな顔をしてるな。 笑
旅行、車のクーラーと、車外への出入り温度差、つかれたかも。
山口旅行、徒然にUPしたい!
今、畑で採れる野菜は少なくなったな~、オクラと白ピーマン
不機嫌そうな顔 824 オクラ 824 白ピーマン

風呂に入るとき、天井の隅に小さいヤモリがいた右上隅、換気扇から入ったのだ、そのうちに出て行くだろう、放っといて風呂にはいった。先日に神奈川の叔母さんから、手作りクッキー、銀座水羊羹、甘露煮を贈っていただいた、銀座の名前に、なぜか弱い、クッキーは美味いいな~!。シロの怒りの顔。
825 右上 820手作りクッキー、銀座水羊羹、甘露煮 820怒りの顔

庭笹を切っておいたら、シロが遊んでた。
820遊んでた 820遊んでた 820遊んでた

ーーーーーーー


備中松山城の続きです。
二の丸から重文 現存天守閣を写しました。小じんまりとした現存天守ですが、絵になりますね。
左から、六の平櫓、五の平櫓、天守閣です。
左から、六の平櫓、五の平櫓、天守閣

本丸に上がる前に右の方に行ってみました。モミジの木が多そうです、紅葉時には趣がますだろうな !。埋門形の搦手門跡です、急な山道にあるな、登るのにこれは、大変だ。少し歩いて、天守閣の後方にある、重文 本丸二重櫓 北東面(現存)を下からみた。
モミジの木 搦手門跡 本丸二重櫓 北東面(現存)を下からみた。

弱そうな天然の岩盤の上に建ってるな、これでよく本丸二重櫓を何百年も守ったものだと思った。すぐ前の方には石垣崩壊するような場所もあるのに。
弱そうな天然の岩盤 本丸二重櫓 崩壊

鬼百合が石垣の上に咲いていた、手を伸ばし不自然な体勢で適当に画面みず撮影したので、全体が映ってなかった。汗
鬼百合

本丸に上がるところに、注意書きがあった高圧電流、電線に注意、本丸周りにお猿さん防止に張ってあるのだ、正面受付で300円払い、大手口の南御門(復元)入り本丸見物と、思わぬサービスが嬉しい !
注意書 南御門 思わぬサービス
本格銘茶 備中宇治茶

観光客さんが写してといわれたので写してあげた、ついでに自分も写してもらった。ズボンがズレて脚が短く見える、もっと長いよ 笑。天守閣に入ると、なんて大雑把な石組みが。
もっと長いよ 天守閣 大雑把な石組みが

天守閣の一階の雰囲気、やっぱ小さくても現存天守は好いや。天守閣に囲炉裏(いろり)があるの、珍しいな~。

城の守護神を祀った御社壇。
天守閣の一階 囲炉裏 城の守護神を祀った御社壇

武者窓、四角い木材の角を外に内に向け、遠い外からは中が見え難いようにしてあり、内からは広角に見えると、説明書きあり、これは勉強になったな。天守からみた本丸二重櫓。二重櫓側から見た天守閣。
武者窓 本丸二重櫓 二重櫓側から見た天守閣 


天守からみた表門方向、高梁市が望めた、なるほど、広角に見える。中央の茶色い2枚、前記事、城の略図案内板。
表門方向、高梁市

ちぃちゃい棚田を見下ろしながら、急な坂道下城していると、城主さんからのお言葉が。
ちぃちゃい棚田 坂道 城主さんからのお言葉が

さっき上から見た棚田、いいな~、作られてるかた、ご苦労さまです。
棚田、いいな~

テーマ : 日記
ジャンル : 心と身体

できる時にしとかないと!

またまた思い立ち、一泊予定で、出かけました。
でたら、なんとかなる。
旅行、できる時にしとかないと!
山陰 長門の青海島です。
P1050938.jpg
涼しげですね !

訪問、コメントが遅れます、
よろしくどうぞおねがいします。

テーマ : 国内旅行
ジャンル : 旅行

感激の

奥歯の歯茎に膿が溜まり除去していただいた翌日、ブリッジをとり、虫歯治療、薬がキチンと埋め込んであるかどうかの確認レントゲン写真、見たくない方、スルーしてください。最初の写真は前に記載したデタデタの写真。確認といままでに撮ってたの、左下のが治療中。
デタデタの写真 819ブリッジを  819 いままで
さぁ ブリッジを作りに行かなくては、

玄関脇の観葉植物に、見慣れない蜂が巣を作ってたのに気が付いた。触らぬ蜂にタタリなし。シロ、なんでも、あまり突っついたり、触らぬほうが、良いと思うよ。
816蜂が巣を 816突っつかないほうが 816 突っつかないほうが

ヤブラン(薮蘭)が咲いていた。今は、庭、畑で咲いてる花は少ない、ニラの花。
817 ヤブラン(薮蘭) 810 008 817ニラ

ヤブラン(薮蘭)
820 ヤブラン(薮蘭)
畑の隅、竹やぶの前で撮ってたら、蚊がドバッとやってきた、
痩せてて、がんあるかもしれないし美味しくないのに

ゴーヤはジャムにし難いけれど、今年も、キューイが豊作かな。羽がスゴク透明なトンボ。
820 ゴーヤ 820 キューイが豊作 816羽がスゴク透明な


ーーーーーーー

屋敷を警固するため、外の様子をうかがう武者窓のある狭い坂道を、車で登っていくと、
武者窓

さらに狭い山道、車の行き交いの困難な道になる、ここまできたら、引き返すに返せない気分、対向車が無いことを願うばかり、10分ほど運転すると、車が10台ばかり停められるだろうか、車が三台ほど駐車してる小さい駐車場があった。ここが終点らしい。此処にくるには、後で調べて分かったことだが、土日祝日は1合目駐車場よりバスのみだった。当然だろう、平日でも、車での来城者が集ったら身動きできなくなるだろう。
宝福寺から、およそ40キロはあるだろうか、岡山県高梁市にある、海抜約430メートルの臥牛山 8合めあたりにある、備中松山城の駐車場についた。ここから歩いて20分位かな、天守閣まで急な階段、坂道を上がる。
車の行き交いの困難 階段 坂道

石垣が見え始めるると、ちょうど中間地点だとの案内板があった。「登城心得、この辺りが、ちょうど中間地点である、しばし休まれよ、城主」と、ある。中太鼓の丸跡(太鼓で知らせる)石垣の先端に行って観ると、
石垣が見え始めるると 登城心得、この辺りが、ちょうど中間地点 石垣の先端に行って観ると


中央に高梁川の流れる山間の市、高梁市が望めた。さらに、サルに注意の看板を見ながら上がって行くと、城主から迎えの挨拶があった、大手門跡が少し見える。
高梁市 サルに注意 迎えの挨拶


大手門跡
大手門跡

  土塀
土塀

石垣マニア感激の、高石垣と大手門跡
追手門

重文の土塀を見ながらあがる、どの、櫓跡、丸跡、門跡も狭く険しい山、とても敷地が小さい。
重文の土塀 櫓跡 丸跡、門跡

二の丸が近づいたのだろう、空が広がり始め、天守が見えた。歴代城主。
空が広がり始め 天守が見えた 歴代城主

現存天守12ある内の一つ、備中松山城の復古図です。感激の 高石垣は左下部分です。
備中松山城の復古図

同じ名前の伊予松山城愛媛県も現存天守です。その他、今まで行った現存天守は姫路城兵庫県、丸亀城香川県、松江城A 松江城B島根県になり、これで5つ、先は長そう。

備中松山城、続きます。


テーマ : 病気と付き合いながらの生活
ジャンル : 心と身体

勝るとも劣らない

白熊や、ホワイトタイガーの肉球に、人気が集まって、動物園の入園者が増えたそうだ。白熊はテレビで、アクリルガラス越しに、お子さんたちとハイタッチなんぞしてた。白い動物の足裏なら、家のシロだって、勝るとも劣らない、笑 。それに何時だって、気兼ね無しに見、触らしてくれる。
816 肉球 816 勝るとも 816 劣らない

勝手に、見せるにゃ <=`ヘ´=> !
816 勝手に、見せるにゃ <=`ヘ´=> !


お盆の夜、ドンドンと太鼓の音が聞こえる、盆踊り会場と50メートルとは離れてないので行ってみる。会場のコミュニティ広場まえは通行止めになってる、この雰囲気懐かしいな。
813通行止めになってる  813雰囲気懐かしいな 813 太鼓 

子供達、きまってるぞ!
813きまってるぞ

ミョウガの花が咲いていた。オオバジャノヒゲ(大葉蛇の髭)の花と、空蝉
816ミョウガの花 816オオバジャノヒゲ 816 空蝉

葉がスッカリ枯れた、カラスが突いていない、スイカが食えるものかどうか、切ってみた、大丈夫、美味しそう。シロは見飽きてサッサと立ち去る。弟家族に、無理やり4ヶほど持って帰ってもらう、 汗。シロは、暑くてダルイのだろう、甥が遊ぼうとしても愛想がない。夏ばて防止料理、少しだけ採れた白、赤、黄パプリカとレバーのニンニク味噌炒め。家で採ったピーマン入れるの忘れてたので、後、添えた。
816切ってみた 816甥が 811白、赤、黄パプリカとレバーのニンニク味噌炒め


ーーーーーー

備中国分寺から、宝福寺に行った。由緒ある寺の雰囲気が溢れてた。内閣総理大臣を務められた橋本龍伍、龍太郎さん父子の墓があるそうです。山門を入る。
宝福寺 由緒ある寺 山門を入る 


現存する作品のうち6点が国宝に指定されてる絵を描いた、雪舟、所縁の寺です。
雪舟

御本尊虚空蔵菩薩を安置してある、仏殿(法堂)です。天井には龍の絵が描いてあり、夜な夜な出歩くので、村民が眼に釘を打ち付けたという伝説があるそうです。龍はこの池の水を飲んでたのかな。鐘楼、立ち入り禁止が多いな。
仏殿(法堂) 飲んでたのかな 鐘楼

壁と柱の調和がキレイだなと思った、庫裡、庫裡は、僧侶さんが居住する場所をいうことが多いそうだ、鬼瓦の卍は仏教の吉祥を紋。方丈の入り口前に、銀閣寺と同じ、銀沙灘だろうか、庭に清潔感が添えられる。雪舟が縛られた方丈、柱は、戦乱で焼けてます、現在のは復興されたもの。
庫裡 方丈 清潔感

宝福寺はモミジの名所、微かの色付きが、その雰囲気を感じさせてくれる。仏殿の丸い窓が、面白い。雪舟の碑があった、漢文が、薄く掘り書かれてる、読める訳がない、多分、要約すると案内板に書かれてることだろう。
仏殿の丸い窓 案内板 読める訳がない

雪舟の碑から、重要文化財  南北朝時代建立 三重塔が、
重要文化財  南北朝時代建立 三重塔

一隅、三重塔、趣があるな~。  
一隅 三重塔 三重塔 

あっ 足で描いたネズミが動いてる !
あっ ネズミが動いてる !

  

テーマ : 日記
ジャンル : 心と身体

美味しく

鬼の城からの続きです、
鬼が島の山から下りると、歩きながら冷たいドリンクを飲んだせいか、トイレが。昼時だし、以前行った、都合の良い場所を思い出し、行くことに。
そこは、田園の中に五重塔が映える備中国分寺まえの、吉備路風土記の丘。
吉備路風土記の丘

で、食べたのは、もてなし定食 750円
P1050448.jpg
  千切りキャベツ     
   カボチャコロッケ
   人参天ぷら
   高野天ぷら

   春雨 酢の物

   茄子
   野菜巾着 
   ジャガ  煮

   手作り豆腐

   混ぜ御飯

   ソーメン汁

  自分好みの定食

   美味しく
    いただいた。




名前知らない花に、アゲハチョウが戯れているように見える。
つい、何枚も撮ってしまう。
何枚も 何枚も 何枚も 何枚も

         一眼レフと、腕があったらな~
P1050457.jpg
 露出がわるいのかな~ 何か暗い。まぁ 当分は、このデジカメで

備中国分寺は、天平時代に建てられましたが、中世に廃寺となり、江戸時代中期に再興された寺です。今の建物は再興後のものです。以前きてますが、入って見ました。
備中国分寺 再興された寺 入って

鐘楼      客殿      表書院
鐘楼 客殿 表書院

重文 備中国分寺 五重塔
重文 備中国分寺 五重塔

百日紅     グラジオラス      花 (笑)
百日紅 グラジオラス ?

追記
みかんさんに、コメントで、花の名前を教えていただきました、ありがとうございます。
アゲハチョウが蜜を吸ってる紫の花は、バーベナ で
花 (笑)は、ルドベキア  でした。

ーーーー


8月11日 午後から行った
811 015


常夜灯が来た。神社の、お参りを欠かさぬ為、町の住民が毎日、順番で御参りする。
ノウゼンカズラ(凌霄花) 小さい頃、よくもまぁ、こんな急な階段で遊んでたものだな~
810常夜灯 810ノウゼンカズラ  810 急な階段

シロは、裏畑で、何 やってんだか 笑。  後ろは、ゴーヤのグリーンカーテン
811何 やってんだか 811何 やってんだか 811何 やってんだか

お盆だし、墓にお供えするコーヤマキを買いに行き、店内で撮った写真。名札も入れて撮ったのがあるのだが、ボケて名前が分からなくなった花。懐かしいオジギソウ。
812コーヤマキ 812分からなくなった 812オジギソウ。<br />

テーマ : 病気と付き合いながらの生活
ジャンル : 心と身体

レントゲンを撮ると、でたでた。

虫歯のレントゲン写真歯医者で、PCに取り込まれた虫歯のレントゲン写真を、携帯で撮り、メールに添付し自分のPC送信したのをUPしてみた。
右下奥歯がしみる、早めに歯医者にいくと、助手さんが右上奥歯が虫歯になってるという、下の方は見た目は分からないようだ。レントゲンを撮ると、でたでた。

先生に診てもらうと、上の方はまだ浅い、こちらの方から処置、麻酔し、ギー、ガリガリ、型をとり、来週の中頃に取り付けることに。下の方は、ブリッジが架かってるので、それを取り、治療することに、ちょっと大変なので盆明けにするという、あぁ~。
虫歯治療は最近したばかり、何時したかと、プログカテゴリーの、左下にある検索フォーム で”虫歯”を入力、検索すると、3月10日に記事をUPしてる。毎日、歯の手入れはしてるのに、早いな、加齢にも原因があるのだろうか。

スイカの葉に勢いがなくなり、葉も枯れ始めたのでスイカが、よく見えるようになった、シロに数えてもらうと熟し具合は別にして大小とりあわせ30ヶはあるという、如何処分するか思案中。左側の裏隣りさんとの境に実ってる、石垣のナンキンはソロソロ採らないと。柚子は、もう少しかな。
80630ヶ 806ナンキン 806柚子

パプリカは如何な訳か、色着かない、本来は、黄色のはず。赤は少し、みすぼらしい、ピーマンだって取り忘れると同じ色になる。白はパプリカと云うより白シシトウみたいだな~
806 黄色のはず 806 みすぼらしい 806 白は

キンカンの花。ゴーヤの花と蝶々たち。シロは灯篭下で、一寝入り。
806キンカンの花 806 ゴーヤの花と蝶々 807

ーーーー
桃太郎の伝説、鬼ヶ島に行く。
狭い山道を上がって行くと、道脇に鬼 温羅が生贄を茹でたという鬼の釜があった。
実際は、偉い坊さんが庶民のために、湯浴みつかったとか、炊き出しにしたとか。。
鬼の釜 鬼の釜 鬼の釜

ビジターセンターに車をとめ、案内板をみると、鬼の城全体を見るには、3キロほど歩かないといけないようだ、自販機でスポーツドリンクを買う、ドリンク片手に、標高約400メートルを3キロのウォーキンだ。。中央下部の黒い点線が濃いあたり。鬼の城に向かい山道をあがっていくと、鬼の城を見る展望台があった。
ビジターセンター 点線が濃いあたり 展望台

当時を再現した、角楼と鬼の城の西門
角楼と鬼の城の西門
古代朝鮮式山城、5~7世紀頃に築城された城で、大和朝廷が唐・新羅(しらぎ)の侵略からの防備のために造った、土塁や石塁が3キロにも及ぶ、城だと。

再現された、角楼跡見ながら上がって行くと、西門が見え始める。西門跡。
角楼跡 西門 西門跡

内側列石、西門、
内側列石、西門

西門外側、版築(はんちく)土塁からの吉備眺望。山頂からの眺めは、前記事の高松城跡、吉備津神社、遠くは小豆島、四国は屋島が望めます。北門に向かい山道を
版築(はんちく) 山頂からの眺めは 山道を

山頂とはいえ、汗がでる。ドリンクを飲みながら 北門跡へ
北門跡 北門跡 北門跡の外から

散策路は、かなり上下あり、見分けにくい史跡が点在している。シダの葉がかなり大きい。
かなり上下 史跡 シダの葉

見晴らしのよい所にでた、舌状に構築されてる屏風折れの石垣のうえになる。
見晴らしのよい 屏風折れの石垣 屏風折れの石垣

屏風折れの石垣
屏風折れの石垣

史跡が連続し始める。東門跡。水路跡。敷石 通路。
東門跡 水路跡 敷石 通路 

南門跡。さらに土塁や石塁跡を進むと、敷石をはりめぐらした西門へと帰ってきた。
南門跡 土塁や石塁跡 敷石をはりめぐらした

版築(はんちく)土塁から見る西門
土塁から見る西門
約3キロ、鬼ヶ島 鬼の城 の散策でした。

備中の旅、続きます。



メモ8月7日 ○

テーマ : 病気と付き合いながらの生活
ジャンル : 心と身体

後始末は、キチンと

前記事のトマトピューレーを、冷凍し、小分けてラップにくるんで、再冷凍します。その時に2かけらで、お昼の、しろ風海鮮パスタを作ってみました。うっ 旨いことにしとこ 笑
材料、小海老、貝柱、シャコ、玉葱、ピーマン、トマトピューレー、ニンニク、オリーブオイル、塩コショウです。ピューレー自体に味がついてるので、味付けは、気持ちだけ。
804冷凍し、小分けて 804 2かけらで 804しろ風海鮮パスタ


カヤツリグサは、シロのお気に入りみたい、食事の前に、よく舐める。昼は木陰でだらけてるが、夕方、涼しくなると、キリリとしている。
804 カヤツリグサ 803木陰 803キリリ

夕暮れ時、蝉が3尾いた、アブラゼミとクマゼミ。自分の子供の頃は、小さいニイニイゼミが沢山鳴いてたが、自分の地域では全然見なくなった、温暖化のせいだろうか。
802 蝉が3尾 802 アブラゼミ 803クマゼミ

シロのトイレに、河川敷で採ってもよい砂を入れた、コレで、ウ〇チも処分しやすくなり、清潔になるだろう。
早速、喜んでいるようだ いつも「後始末は、キチンと」しているな~!笑。見習わなくては、
後で掘り出し、畑に埋めている 汗

803 早速 803喜んでいるようだ  803後始末は
 
ーーーー

豊臣秀吉が3万の大軍で攻めた、備中高松城跡を見に行こうと、車を走らせていると、デカイ鳥居があった。自称、日本三大稲荷と下にある案内板に書いてあった。備中高松城跡を見た後に行ってみよう。
高松城は、秀吉が水攻め中に、信長が本能寺の変で殺され「中国の大返し」をした城です。城主 清水宗治は、城兵の命と引き換えに切腹しました。
デカイ鳥居 備中高松城跡 水攻め中 

備中高松城跡は、自分の想像してたのとは、大きく違ってました、石垣が見当たりませんでした。石垣は築かれず土塁によって築城されていたそうです。城跡周りには、蓮池があり、ハスの花の蕾みはたくさん、
土塁 蕾 蕾

蓮花は、
P1050121.jpg
中央の黄色の部分は、花床(かしょう)花托(かたく)頭花の、小花をつけるところ

咲き誇っていたよ。
咲き誇っていた


蕾みの写真に、ボンヤリと写ってる、小さな橋を渡ると

「浮世をば 今こそ渡れ もののふの 名を高松の 苔に残して」

の、辞世の句を残し、3000名あまりの城兵の命と引き換えに自害した、高松城の城主、清水宗治の首塚があった。城跡をでると、遠くに最上稲荷鳥居がみえる。蓮池には花床の残骸がたくさん。
清水宗治の首塚 最上稲荷大鳥居 花床

備中高松城跡から
備中高松城跡
   同名 四国の高松城(玉藻公園) に、行ったことあります。


車で5分位かな、最上稲荷に着いた。駐車場は広いのがアチコチにあるが、がらがらだった月曜日だからだろうか。ここは日本三大稲荷だそうだが、後で、ウィキペディア調べたら三大稲荷は、たくさんあった、地方地方で決めてるからだ。 でも、此処は岡山で一番参拝者が多く、初詣では、駐車待ちが数時間かかるそうだ。参道に入ると、両側に、プレハブのお土産屋さんが並んでるが、営業してるようすが殆んど無し、ごく一部だけ、初詣など特定の時だけ営業してるのだろうか。参道を10分くらい歩いただろうか、石造りの仁王門がある、どうも自分には、馴染まない、寺か神社らしい門が自分的には好み、階段上がると直ぐに、御本殿(霊光殿)が、参拝する。
のお土産屋さんが 石造りの仁王門 御本殿(霊光殿)

近代的だ、何か物足りない、旧御本殿があるのに気がついた、こうでなくては、七十七末社の始まりを上がって行く。千二百余年前に報恩大師によって開かれた旧御本殿を参拝。本殿周りの七十七末社に参拝。
七十七末社の始まりを 旧御本殿 七十七末社

七十七末社、あったのかな~
P1050153.jpg P1050154.jpg P1050156.jpg

お土産屋さんの稲荷さん、ミッキーさんが何故かいる。
稲荷さん
 備中の旅 続きます。

メモ8月3日、4日と〇

テーマ : 日記
ジャンル : 心と身体

水車が やわらげてくれる

桃太郎伝説のモデルになった、大吉備津彦大神さんの続きです。
吉備津神社境内に入ると、あおぞら39さんがコメントしてくださった、鳴釜神事 釜の鳴る音で占う、お釜殿が目に付いた。鳴釜は、鬼退治の伝説や、怪談 上田秋成の雨月物語にもでているそうだ。
竃殿 鳴釜神事 御釜殿

百日紅 (さるすべり)の花が、夏を感じさせ、暑さを感を、水車が和らげてくれる。
百日紅 水車 水車

回廊の右方面には、興味を引きそうな物がないので、国宝 本殿に 国宝 拝殿に戻ることにする、年配者さん散策疲れされたよう。
回廊の右方面 年配者さん  国宝 拝殿
手前が 国宝 拝殿。

国宝 本殿     神木のイチョウと    国宝 本殿
国宝 本殿 神木のイチョウ 国宝 本殿

前写真の左に、白猫風鈴がぶらさがってた 重文 南隨神門の屋根がみえる、本殿の全景を見ながら、行ってみた。リュウノヒゲごしに南隨神門の屋根を撮ってみた。
南隨神門の屋根 本殿の全景 リュウノヒゲ

比翼の入母屋が美しい 感動ものだ!
比翼

屋根マニアになりそう 笑
P1050102.jpg

  桐            菊            巴
P1050103.jpg P1050104.jpg P1050105.jpg

入母屋造の二棟を連結は、初めてみました
入母屋造の二棟

素晴らしいと思った!
P1050107.jpg

宝鐸が人の笑顔のように見えた。吉備津神社をあとに、次へ、と
宝鐸 宝鐸 吉備津神社をあとに


ーーーー
妹が、仏さん参りに来ると言うので、野菜を採っていたら、裏畑さんがミョウガを沢山持ってきてくださった、自分には、ほんの少しだけ取っておく。オクラなども持って帰らそう。シロの頭のあたりの丸いのは、クレマチスの種
731ミョウガを沢山 731 持って帰らそう 731 014

クレマチスの種が綿みたいになり始めた。分からないところにあった、ゴーヤが色づき落ちてた、笑
802 種が綿 802 ゴーヤ 802 色づき落ちてた

妹が持ってきたお菓子、皮はカステラみたい、中はクリーム、以前、問題のあったメーカーだと思うが、美味しかった。前にUPしたスターフルーツ、食べ方調べ、切ってみた、味はジンジャーエールみたいだった、栄養分に腎臓を害するものが含まれてるようだ、もう買うのは止そう。
802 皮はカステラ 802 スターフルーツ 802 腎臓を害するものが

ブルーベリーが終わりになった、冷凍してたのと合わせ、今年最後のジャム、とトマトピューレー作り、ピューレーは、胡椒と玉葱、コンソメ、ローリエ(中央にある葉っぱ)、酒を入れ煮詰めてる。トマトは湯煎して皮取り、
ローリエは、前記事にも使ってる、ベイリーフともいい、月桂樹の葉を乾燥させたもの、仄かに甘い香りし、食欲を増進させてくれる。裏隣りさんが、自宅に植えてるの乾燥させて、くださってたものです。
731 冷凍してたのと 731ローリエ(中央にある葉っぱ) シロ

  

 

テーマ : 日記
ジャンル : 心と身体

検索フォーム
プロフィール

しろ

Author:しろ
67歳 
凡そ30数年前 X1になった 男子
なりゆきで、
白い猫(ノラシロ)を飼うことに、、
原発三個、経験の
”重複癌”患者でした。
今のところ サバイバー・・・

ノラシロ逝ったので
ノラシロと重複ガン から
ブログタイトル、変更しました。
引き続き よろしくお願いします。
しろの、
ボケ防止は、ブログに写真

最新記事
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
FC2カウンター
最新コメント
カテゴリ
リンク
月別アーカイブ