言ってるか、どうか

暑い、ダルイ、どうせ家にいてもだらだらするばかり、今日は、便の調子がよかった、動けば勢いで何とかなるだろう、動けるうちに、国宝をできるだけ見たい。

桃太郎伝説のモデルになった、大吉備津彦大神さんを祭っている、吉備津神社にいった。ナビを設定、らしき屋根がみえる!。駐車場に、五・一五事件で殺害された、総理大臣 犬養毅さんの銅像があった、ここから3キロくらいの所に、生家があるそうだ。振り返り見上げると、立派な屋根だな。
らしき屋根 犬養毅 犬養毅 立派

神社に上がる階段まえに、謂われのありそうな岩があった、矢置岩。上がって行くと、重文 北隨神門。
階段まえに 矢置岩 北隨神門

門を通りあがっていくと。国宝 拝殿。参拝作法にしたがい、願いごとを !
門を通りあがっていくと 国宝 拝殿 参拝作法

フト、右をみると→が見える、ツイツイそちらへ、 重文 回廊を歩くと 。重文 南隨神門の前に、何故かシロ猫風鈴。
→ 重文 回廊 南隨神門の前に
南隨神門を通ると

長い回廊だな~ と、蝶が、言ってるか、どうか?
長い回廊

進んでいくと岩山社というのがあった。両側はアジサイ園だが、季節はずれ、咲いてる時は、キレイだろうな、上がってみる、祭神は、吉備国魂の建日方別神。参拝して降りる、見下ろすと意外と急だった。
岩山社 祭神は、吉備国魂の建日方別神 急だった

先に進み、回廊を右に回ると、目立つ神社があったので、行って見る。路をへだてた、宇賀神社。
先に進み 回廊を右に回ると 宇賀神社

意味は、なし。 宇賀神社は五穀豊穣と勉強の神様。ぐるっと回り、また吉備境内に
意味は、なし 勉強の神様 ぐるっと回り
続きます。
ーーー
古代城 鬼の城、東門址   吉備の風景  
鬼の城、東門
桃太郎の、鬼の岩屋など、鬼に係わる伝説があるよう。。
ーーー 

トマトは、終わりそう、茄子は、葉枝切り、秋茄子を待つ。シシトウ、沢山実ってる。
729茄子は、葉枝切り 729シシトウ 729 シロ

トマト、茄子、そろそろ終わりだな。ペーストでも作っておくか。冷凍し、小分けして保存。
729そろそろ終わりだな 729 ペースト 729 冷凍し、小分け

夕食。    マクワウリ。    白ゴーヤ。
729夕食  729マクワウリ 729 白ゴーヤ

夕食。家で採れた野菜、果物

スイカ、マクワウリ、ブルベリー。オクラ、トマト、茄子。 -
                   酢の物

 ー   ナンキン。    ゴーヤ。 
       煮     白味噌炒め

テーマ : 日記
ジャンル : 心と身体

ぼやかれていた。

裏畑に通じる扉を開くと、喜んで駆け出して行きます。何をするかというと暫く探索したあと、こんな感じ。
マクワウリ、オクラの葉陰で、こちらは表庭の灯篭したでの格好 笑
725マクワウリ 725オクラ、左はモロッコ豆 719 019

向かって左口の上が何だか変、原因は牙が無かった。。
左口の上 左口の上 牙が無かった

4個目の黒スイカ、ここの一角にスイカ4ヶがあるよ、白ゴーヤも大きくなりはじめた、
7284個目の黒スイカ 728白ゴーヤ

何を突っついてたか、青虫のデッカイの 笑、写真は撮りませんでした。
何を 718 突っついてたか


ーーーー
あの、鐘を鳴らしました。の、続きです。
尾道は、616年聖徳太子の開創と伝えられる浄土寺に行った。寺内に駐車場があるというのでいったが、道が狭く、行き交いに困った、軽四でも、難しいと思う、 汗 。古くても車が大きいので、切り替えし切り替えしし、こまったが、なんとか着いた。これは、後で住職さんが、内緒で別の所を教えてくれた。また、行くことがあれば、そこを利用しよう。

こんな狭い、重文 山門前の道を通る。 足利尊氏が九州平定や湊川の戦の時、浄土寺に戦勝祈願をしたので、供養塔があった、後方の景色は尾道水道。鐘楼で、後ろに見える山は、尾道水道に隔たる向島の山。
山門前の道 供養塔 鐘楼

南北朝時代にたてられた山門から出て、
重文 山門

山門を、正面から見た。28日は不動護摩供の日だそうで、参る人が多数おられた。重文 阿弥陀堂と多宝塔の右端にあるのは、自分の車。
山門 多数おられた 阿弥陀堂と多宝塔の右

国宝 浄土寺本堂
国宝 浄土寺本堂

重文 阿弥陀堂
重文 阿弥陀堂

国宝 多宝塔
国宝 多宝塔

国宝の本堂にあがり、本尊聖徳太子御作等身皆金色十一面観音像に祈願、足利尊氏が祈願した場所などをみる。
名勝(国指定) 庭園を見るため一人500円を支払うと、住職さんが、十三重石塔の後方にある、阿弥陀堂内部を案内してくださった、中にある仏像の謂われ、立つ場所によって、色や、形のの変る 格子など、面白おかしく説明してくださった。
国宝の本堂にあがり 十三重石塔 阿弥陀堂内部 

次に講堂に行き、写真の撮れる襖絵を見せて「撮れ撮れ」と、笑。そして説明、「狩野」と言われ、手を頬にあてる、たぶん狩野芳崖のことであろう、これは、本物かな?
次に講堂 襖絵 襖絵

名勝(国指定) 庭園 にある茶室は国重文 露滴庵。国重文 庫裏及び客殿 は修繕中でした。屋根には千成瓢箪が、縁起がよいな!
国重文 露滴庵 庫裏及び客殿 は修繕中 縁起がよいな
住職さん、「観光客は、ロープーウェのある、千光寺ばかりに行く、こちらの方へは、来ない、由緒ある、いい寺なのに。。。」と

ぼやかれていた。

翌日、叔母さん、従弟は神奈川へ、帰られた。



テーマ : 日記
ジャンル : 心と身体

あの、鐘を鳴らしました

坂本竜馬に係わりのある、いろは丸は、紀伊藩の船と衝突し、鞆港にえい航される途中に、鞆沖で沈みました。

ーーーーーー

早朝散歩していると、近所のご婦人が、なにか雑草を摘まれてました、別に何も思わなかったのですが、「猫が、好んで食べるものでと」と、笑いながら話された。後で考えると、ふしんに思われたくなかったのかな。自分も取って帰り、シロに与えると、
喜んで食べること 喜んで食べること 喜んで食べること
喜んで食べること、家に植えてる猫草よりも

猫じゃらし草 エノコログサ(狗尾草)でした。
猫じゃらし草

網目のでるメロン苗は全部かれてしまい、自分でも育てられた、メロンの初収穫です。ジャム作り、黒スイカの3個目は、皮も薄くなったな~。ブルベリーはジャムへ、小分けして冷凍します、イチゴジャムも出して整理 笑。
723メロンの初収穫です 723 ジャム作り、薄く 723 小分けして

723 003
     食べれるホウズキ オレンジチェリーの、
      花が咲きました。
      早く、ジャムにできるほど、
      実がつかないかな~


ーーーーーーーー

岡山に行った次の日は、広島の鞆の浦へ、平成の、いろは丸は、鞆と仙酔島を、弁天島を見ながら約5分で、行き交いしています。ここで、叔母さんは、明日帰る、神奈川へのお土産に、デベラの一夜干しなどの、瀬戸内名産小魚の干し物を沢山買われ、郵送された。

弁天島 仙酔島と弁天島、いろは丸 デベラの一夜干しなどの

以前行き、感動した因島白滝山へ案内した。駐車場は、ふもとからの表参道を登ると40分かかり、辛そうなので、頂上まで歩いて10分とかからないフラワーライン駐車場にした。頂上への道を上がっているといたるところに。羅漢がおられます。頂上の展望台が見え始め、あがると最初に見るのは、石の多宝塔です。
10分と掛からないところにした 羅漢 頂上の展望台 石の多宝塔

まずは、観音堂にお参り、木の展望台から風景を満喫 、羅漢さん立ち並ぶ小路歩くと
観音堂 木の展望台 羅漢さん立ち並ぶ小路

釈迦三尊像 、左右の風景を写してみました。
釈迦三尊像 左右の風景 左右の風景

前に来たとき、鳴らし損ねた、”あの、鐘を鳴らしました。”
あの、鐘を鳴らしました

願いこめ鐘つくと、叶いそうな、風光明美!
風光明美

やはり、ここでは、700体におよぶ羅漢さんと、
700体におよぶ羅漢さん

阿弥陀三尊像、因島大橋の風景を写さなくては!
阿弥陀三尊像、因島大橋
また、あの、鐘を鳴らしにくるぞ!
最近、恋人たちの・・・に選らばれ、観光客が多くなるだろうな~!


P1040630.jpg   尾道に行く途中、大浜PAで、食事、
      しまなみ海道名物
      伯方の塩、アッサリ塩ラーメン
      麺細く、塩味味サッパリ
       上手かったな~、アっサリ


テーマ : 病気と付き合いながらの生活
ジャンル : 心と身体

本物、贋物、海上がりの壺

暑くなりました、上を見上げるとムクゲが満開、夏だ !
下枝にも咲いている。シロは、しぼんで落ちた花房であそんでいる。
719ムクゲが満開 719 ムクゲ 719落ちた花房

夏と云えばゴーヤ、こんなに茂るほど成長したのに、実のなる雌ばなが咲かないな、雄花ばかり。ツキヌキニンドウの実は赤くなりはじめた。
720こんなに茂る 720 雄花ばかり 720ツキヌキニンドウの実は赤く
  
二個目のスイカは普通サイズ、ナンキン、ブルベリだけ残しておいて、後は知り合いにお配り、配達。岡山の桃¥580円、ついつられて買ってしまう、スターフルーツ¥298円の食べ方、食べごろは?。シロは、何をやってんだ ! 笑
719ナンキン、ブルベリ 718 岡山の桃 720何をやってんだ 

 
ーーーーー

備前陶芸美術館の後、
備前は刀剣でも知られているので、備前おさふね刀剣の里 備前長船刀剣博物館に行った。展示品内容は、愛媛県にある、大山祇神社(おおやまずみ)の方がスゴイと思いましたが、こちらは、刀剣を作る作業を見ることが出来るのが、良かった。鍛刀場 
備前おさふね刀剣の里 刀剣を作る作業 鍛刀場

すごく若い塗師さん 白銀師さんが、仕事に集中されているので、声をかけることができなかった。
若い塗師さん  白銀師さん 仕事に集中


次に
竹久さんが、自らデザインし、東京に建てた洋風建築アトリエを、岡山県瀬戸内市に復元した、少年山荘に行った。
少年山荘 P1040567.jpg P1040568.jpg


少年山荘の展示品、写真を見ると、当時、女子の着物の着付けが、なんとなくだらしないのが、絵にも、雰囲気表現されてるのが、理解できた。
P1040550.jpg
この写真は、竹久夢二さんの生家納屋の展示品


夢二さんの生家は、少年山荘から、すぐ近くにあった。この周辺は、豊かな田園地帯でした。
 すぐ近くに 夢二さんの生家

竹久夢二さんの生家
竹久夢二さんの生家

なかは、撮影禁止になってた、夢二さんの部屋は出窓になってて、そこに座机あり、この路地が見ながら勉強されてたのだな。右側の当時納屋には、
出窓 路地 右側の納屋

版画ギャラリーにしてあった。ガラスに反射してるの、自分みたい。この写真は、帰りトイレ休憩SAの手洗い 笑
版画ギャラリー P1040552.jpg 手洗い


で、帰って早速、古備前焼が、どこにあるか教えてもらい、、書院下にあった古備前焼をだしてみる。なんでも、自分のお祖父さんが、手に入れたものらしい、叔母さんが嫁に行く前からあったので、もう50年以上も前からあったのだ。自分は、家の隅々までは無頓着なので。。汗
叔母さんの話しでは、なんでも、海あがりの壺だそうで、古備前焼の約束がそろってるそうだ。窯印は△。
書院下 書院 窯印は△。


シロも鑑定する。
にゃ重い、好い仕事してるかにゃ。中も丁寧かにゃ。 鑑定難しいにゃ。
718好い仕事してるかにゃ 中も丁寧かにゃ 718 鑑定難しいにゃ

ヘラの叩き痕はドンナかにゃ。模様入れは丁寧かにゃ。鑑定金額はいくらにしようかにゃ。
718ヘラの叩き痕はドンナかにゃ 718 模様入れは丁寧かにゃ 718鑑定金額はいくらにしようかにゃ

古備前焼き ?
古備前焼き ?
自分の見立ては、模様がわざとらしい、口がなにかキリッとしてない、底の白い牡蠣跡もわざとらしい。。
 
本物、贋物、?   海上がりの壺



メモ 7月20日・・・流

テーマ : 日記
ジャンル : 心と身体

光沢が、国宝

梅雨のあいまに、裏畑にいって野菜を採ったあと、一番最初に実って、そうとうに大きくなり、気になってた黒スイカを指先でハジク、ぽんぽんといい音!  ウッ 重い
採ったどう、デッカイどう
トマト、茄子、モロッコ豆を置いて、比較してみた。
大きくて、調理台を占領してしまう、
で、中は、皮が厚いが、種おち前のいい加減、味は、おいスイカ? 笑
715 一番最初に実って 715比較してみた 715種おち前のいい加減
これは、とても2~3日でも食べきれぬ、半分は、知りあいへ、

ナンキンの四分の一、130円で売ってた、買おうとおもったが、買わなくて良かった、これも、もう採れ頃だ。長雨で泥汚れしている。
木イチゴ、熟し始めチョイ試食、スッパイ 汗 ジャムに出来ないな
おまけに、小種がジャラジャラ、こんなだったかな?
パプリカ、どうして赤 黄色に色づかぬ ?去年は、一本ずつだったので、今年は各、3本にしたのに !
715 ナンキン 715木イチゴ 709 パプリカ


散歩路の雑草
715 散歩路の雑草

ーーー
  国宝 閑谷学校(しずたに) 2

講堂に上がらしていただく、小斎、藩主が学校を訪れた時に使われます。木目が美しい
講堂に上る 小斎 木目が美しい

講堂の窓から内部をみると、
講堂の窓

床の光沢に、生徒の勉強ぶり、歴史が感じられた。
この光沢が、国宝だな。。
P1040427.jpg

講堂奥の、飲室
重文 飲室 飲室内部

歩くと飲室門と 、重要文化財 文庫
飲室門 文庫 文庫 

重要文化財 文庫
重要文化財 文庫
後方の緑の丘は、火除山です、寮などあった学房が、もし火災を起こした時の、防護用。

火除山脇小路を上がると、学房跡に資料館がありました。学校に関係深い資料など展示してありますが、資料撮影禁止。
火除山脇小路 学房跡 資料館

なんだか懐かしい光景、大昔の小学校時代の匂いがした。
懐かしい 小学校時代 光景

外へでてからの、重文 校門(鶴鳴門) 石橋も重文。蒜山高原ニュージャジー牛乳アイス、少量なので。
重文 校門(鶴鳴門) 石橋 蒜山高原ニュージャジー牛乳アイス
 
備前焼 講堂屋根瓦
備前焼 講堂屋根瓦 備前焼 講堂屋根瓦 備前焼 講堂屋根瓦

また、いつの日にか、
いつの日にか

備前焼き瓦みたので、伊部駅前の、岡山県備前陶芸美術館にいくことに。
備前焼きは、伊部地区で盛んなので、伊部焼きとも云うそう。
叔母んさは、お茶をしてるので、多少、陶磁器が分かるようだ、
自分は美術館には、よく行く、でも、いろんな美術品を、みたことに満足するだけ、汗。焼き物は、特によく分からない、すごいなとか、これは良さそうだなくらい、サラ~っと見、して、流していると、
P1040526.jpg         叔母が、
        「あなたの家にも、鑑定団行きの、
            お宝 古備前焼きがあるのよ」
          エッ    ???
         帰ったら、見なくては、 笑


そんな物が、あるはずは、ナイ!と、思うのだけど

テーマ : 病気と付き合いながらの生活
ジャンル : 心と身体

驚ろかされた

岡山備前 国宝 閑谷学校に向けて、静かな山里を走ってると、奇妙な形の石柱が、2つ並んで地中に埋もれてるのが見えた、車を急遽止めて、案内版をみる、石柱は大部分が地中に埋もれ、上部が宝珠型にきざまれた、閑谷学校の門だった。
そこから約1キロばかりはしると、小さな渓流側に案内板と閑谷学校駐車場があり駐車する。
石柱 渓流 案内板

ーー
自分も初経験の、長い梅雨と大雨でしたが、幸いに自分の住んでる地域は、特には被害はありませんでした。
少し怖かった。

雨上がりの一時、裏畑に行って見ると、2株だけ植えてた黒スイカ葉が畑からはみだし、畑外に黒スイカが、あちこちに、
714畑からはみだし 714あちこ 714こちに、


別場所のメロン、マクワメロンが、意外なほど成長していた。それにしても蚊が、まとわりつく。
シロには寝床に24時間蚊取りと、昼寝時場所には、蚊取り線香を焚いている。 笑
714 714マクワメロン 704

畑にくるトンボ、どこでも、よく見かけますね
オニヤンマ    シオカラトンボ  赤トンボ
オニヤンマ シオカラトンボ 赤トンボ

今時期、庭で咲いてるのは、ムクゲと、アカパンサスくらい、
小さい花を見つけました、縁起のよい、万両と千両です。
宝くじ、買いにいこうかな。。
713万両 713千両



ーーー


6月27日 叔母さん達と、日帰り旅行したときの記事です。

岡山藩主池田光政が、1670年に開設された、日本最古の庶民学校。
庶民学校
国宝 閑谷学校は、日本最古の庶民学校と云うふれこみだったので、寂れた閑静さをイメージしてましたが、実際に眺めると、明るさと、清潔感があり、意外だった。

泮池(はんち)に架かる橋は国の重文 を過ぎると、なにか、気になる椿山門があったので入ってみる。なにか寂しげ、
泮池(はんち)に架かる橋は国の重文 椿山という門 寂しげ
 
右端の方には、がっしりとした石塀がある、学校の見える左にも行ってみた、どうやら、この上部の丸まってる立派な石塀は、閑谷学校全体を囲ってるようだ。最奥に池田光政さんの髪、ひげ、爪、歯を納めている御納所があった。
石塀 閑谷学校全体 御納所

通用門から入ると、国宝 講堂 、井戸越しに重要文化財 閑谷神社が見える、
通用門 国宝 講堂 重要文化財 閑谷神社

閑谷神社の拝殿と本殿
閑谷神社 拝殿 本殿

重要文化財 聖廟(せいびょう) 
儒学をはじめた孔子を祀ってある、孔子廟または西御堂の屋根がみえました。聖廟まえにある楷の木、東京の湯島聖堂にある楷の木と兄弟みたいな木だそう、紅葉時には、見応えあるだろうな~。重要文化財 校門 鶴鳴門を校内から、
孔子廟または西御堂の屋根 聖廟まえにある楷の木 重要文化財 校門 鶴鳴門

国宝 講堂にあがる。 
国宝 講堂
江戸時代に、日本最古のこんな立派な、庶民学校を開設する、岡山藩主池田光政さんの名君ぶり、先見せい、に驚き!!!

カマボコ型の石組みの塀で、幅、高さとも約2メートル、長さ765メートルで、隙間無く組み合わされ、草が生えない構築技術には、本当に驚ろかされた。
カマボコ型の石組みの塀で

テーマ : 日記
ジャンル : 心と身体

あっという間に時間がたち

南禅寺 2

法堂から、奥へと進むと、見てみたかった、疎水橋。
琵琶湖疎水の水を引く煉瓦造りのアーチが、現れました。
古刹の寺内にヨーロッパ風建造物が、違和感なく存在し、溶け込んでいました。
疎水橋

でも、建設された当時は色彩まだ艶やかであわなかったかな、そして、反対意見も相当あっただろうな~と、思った。のっぽ187先生に写していただいた、視点が高いので、背が低そうにみえるかな、笑 低いまでには、いかないよ。
水道橋は、いい雰囲気を醸しだしていた、今では、南禅寺に無くてはならないものになってると、思う !
右写真2枚は、プチされると拡大します。
背が低そうに 水道橋 いい雰囲気を醸しだしていた

階段を、上がって行くと、琵琶湖からの水が、北向きに、とうとうと流れてた、振り返り仰ぐと南禅寺鐘楼が。
琵琶湖からの水 北向きに 南禅寺鐘楼

寺散策の流れにそって、南禅寺塔頭 南禅院に入る、院の方丈を見さしていただきながら歩くと 亀山法皇のご遺言により御分骨を埋葬した御廟。池泉回遊式の庭をまわり院の方丈をみる。
南禅院に入る、院の方丈 御廟 池泉回遊式の庭

趣は、当麻寺 西南院同じような感覚を覚えた。
趣は

南禅寺の本坊、玄関をズーム、絵は日の射しこむ場所なので模写だろうな、国宝 方丈の屋根を拡大、防火用の放水口だと思う。今、調べながら記事をかいてると、気づいた、方丈には、入れて砂庭の写真を撮れたのでわないかと、たぶん、あの土産建物みたいなのが、入り口では、なかったかと、惜しいことしてたな。
南禅寺の本坊 日の射しこむ場所なので模写だろうな? 防火用

国宝 南禅寺 方丈   の屋根 汗
国宝 南禅寺 方丈  


感じの悪い塔頭寺院、もう少し書き方があるだろうに、南禅寺の門前には、高級で高そうな料理屋さんが、並んでいる、湯豆腐懐石膳なんて、メニューがでてた。自分たちは、駐車してるホテルでランチ昼御飯予定。ホテルへ行く途中に、気になる路線があったので、撮っていた。インクライン、琵琶湖の船を引っ張り上げるための線路の跡だった。京都の街が見渡せる中華料理屋さんへ
感じの悪い塔頭寺院 インクライン 京都の街が見渡せる

ランチ、鴨のなんとか、かんとかは、先生と同じ、黄色いズッキーニのマリネ、添えてある野菜は、アイスとかコールとか冷たそうな名前の南国の野菜、歯応えシャリシャリと美味かった。干しホタテのなんとかチャーハン。ココナッツミルクなんとか。
鴨のなんとか、かんとか 干しホタテのなんとかチャーハン ココナッツミルクなんとか
先生はなんとかビーフンとミルクは合わないので、なんとか杏仁豆腐を注文され、きれいに完食されました。
自分は、美味しかったのですが、少食なので、なんとかチャーハン完食できませんでした。
食後は、知恩院に行く予定にしていましたが、楽しく会話させていただき、会話が弾み、あっという間に時間がたち、帰路にすることに。
先生を、送る車の中では、補助抗がん剤は、新たにおこるかもしれないガンに対し、予防にはならないだろうという、ためになるお話など、いろいろ、されてくださいました。
またの、オフ会をお願いし、瀬戸内へ高速に。。。

のっぽ187先生、
ありがとうございました。
感動の一日を、過ごさせていただきました。

    ーーーーーーーー

シロに、肝臓の薬を与えるの、キャットフードの上に載せておくと、食べていた。薬は食べないものとの思い込みだったな~。食べない時は、口を開けて飲まさないといけないが、そんな可愛そうなこと、しなくて済みそう !
ゆんこさん、お教え、ありがとうございます。まだネット切れてないと良いのだけど!
はーにゃさん、シロの背中見て、少し痩せてると思うのだけど、どんなかな 汗
710 003 710 004 710 008


7月9日、「踊る大捜査線 THE MOVIE3ヤツらを解放せよ!」を見に行った。トラとホタルのサタデーナイト フィー・・以来だ、映画を見に行こう、行こうと思いながら、
709 009       おお久しぶり映画は、
         大音響に ビックラ
         大画面 目の焦点、合い難い
         齢をとったな~笑

感想は、今までのより、いまいち迫力がないような、室井さんとの葛藤、ヤリトリがもっと欲しかった。
でも、良かったー!


今年も、ムクゲが咲き始めました。オクラ、黒スイカは、もう少しで収穫できそう。
709ムクゲ 710 オクラ 710黒スイカ


次記事の、石垣です。
P1040447.jpg




テーマ : 病気と付き合いながらの生活
ジャンル : 心と身体

行きたかったところ

  南禅寺 1 

南禅寺での駐車場は、のっぽ187先生の情報で、食事をすると2時間無料になるとのことで、ウェスティン都ホテルに駐車した。南禅寺に行く途中に、大きな、何とかセンターがあり人気もないのに、室内ではこうこうと明かりが点いてた、こんなところも、天下り、税金の無駄使いがあるのだな~と、勝手に解釈した。古い洋風の建物があったので写した、あとでレストランから見える景色パンフレットを見たら、日本最初の水力発電所だった。参道は、両サイドに高級料亭らしき、建物がならんでいて、観光客も銀閣寺ほどいない、土産店もなさそうで、観光地ズレしてないな~と思った、先生も「真面目にみえる」とおっしゃってた。重文 勅使門と先生。
日本最初の水力発電所 観光客も.jpg 勅使門と先生

三門(重要文化財)
三門(重要文化財)

の門前右に巨大な石灯籠があった、高さは6メートルほどあり東洋一だそう。三門に上がれるので早速あがる、階段登る途中、少し低いところあり、うっかりゴツン、先生は背が高いので、かえって注意されてる。 笑
巨大な石灯籠 三門 三門に上がれるので

右上の方に車を駐車してるホテルが見え、発電所も見えた。石川五右衛門が「絶景かな、絶景かな!」と言ったのはこの景色かな ? 実際は五右衛門が、釜茹での刑にされてから30年後に、三門は建てられたそう、
車を駐車してるホテル 発電所 「絶景かな、絶景かな!」

三門の柱など見ると、高さ、大きさ、古さでは東大寺南大門には、敵わないが重厚さでは、勝るとも劣らない、と思った。赤いモミジがあった、秋になると鮮やかだろうな~法堂です。
高さ、大きさ、古さではjpg 三門の柱 法堂です.jpg

先生、自分も、法堂でお祈りしました、
   オン バサラ ダルマ キリ ソワカ
オン バサラ ダルマ キリ ソワカ

法堂の前にあった、南禅寺法堂外陣屋根付大香炉屋や、飾りが、面白いと思ったので写してみた
法堂の前 南禅寺法堂外陣屋根 竜飾り

行きたかったところ に、なった理由の一つの場所が見えてきました。
理由の一つの場所
写真を沢山、ツイ載せたくなります、長くなりそうなので
続きに、
 
     ーーーーーーー

前記事でも書いたが、シロはワクチン接種して、食欲がなくなり食べなくなった、動作も緩慢、獣医さんに電話すると、ワクチンは関係ないそうだが、翌日、連れて行く。血液検査をすることに、まつこと約20分、肝臓が弱ってるとのこと、肝臓の薬を注射していただき、飲み薬も処方していただく。猫エイズ発症の心配もあるな。体重は、1月前、紫外線アレルギーで来た時は5キロだったのに、ワクチン日4,6キロ、そして4,5キロに減っていいる、先生は、これくらいなら、記事書いてる今日8日は、食事は、少なめだが食べるようになり、時々、走りまわる元気も出てきた。口をあけ、飲み薬を与えるのに慣れてないせいか難しい、そのうち慣れるだろう、性格おとなしく、咬むことがないので、助かる。
707 009

スーパーで、大好きなカワハギの肝だけを、売っていた、早速、煮詰めた。美味しい、残りは、冷凍 笑
707 肝だけ 707 煮詰めた 707カワハギの肝

シロの「御座」(たかみくら)笑 と、でのようす。頭を打ったのを聞いて、喜んでるのだろうか。
708「御座」 706聞いて 708喜んでる

木イチゴは、なかなか熟さない。モロッコ豆の初収穫、まずは、お浸しにしようかな。一株のミニトマト、スゴイ数の実が、生るもんだ。! 汗
708木イチゴ 708お浸しにしようかな 707一株のミニトマト


テーマ : 病気と付き合いながらの生活
ジャンル : 心と身体

感慨深い

のっぽ187先生が備忘録のために、今、ご自身でクロノテラピー試行や、しんどい化学治療経過をプログに書かれてる、それを拝読させていただくと、調子が良いとき、悪いときに一喜一憂する、実際にお目にかかり、お話しさせていただきながら、寺社を一緒に散策させていただいてる、人事でなく、早く副作用が少なく、効果があり終わることを願うばかりです!
6月25日は、のっぽ187先生の化学治療XELOX2回目が終わり、体調のよく都合のよい日なので京都寺社散策にお付き合いしていただいた。
ご自宅にお迎えに行き、会うと、顔見知り、話し下手な自分、舞い上がってしまい、とんちんかんな受け応えの一日になってたとおもう。車で銀閣寺に向かう、先生のお仕事や、ガンの話はしまいと思ってたがツイツイ話題がそちらにいく、勤務医先生の忙しさ、医療過誤のこと、自分の通う病院、ガン治療の話しなど。

銀閣寺は、自分は初めてでした、まえから行きたかったところの一つです。、この近辺、先生は何度かこられた所で、わざわざお付き合いしていただいたようです。平日ですが参道は賑わい、人力車屋さんもいました。総門です、意外と小さかったな、防御的な意味合いのある銀閣寺垣を通り
人力車屋.jpg 総門.jpg 銀閣寺垣.jpg

寺門くぐると受付があり参拝料を払おうとすると、先生が身体障害者手帳を出され、「私と大人一人」と言われた、付き添いに一人は無料になります、とても 感慨深い ものがありました。。。
すぐに銀沙灘(ぎんしゃだん)と錦鏡池(きんきょうち)が目にはいる
寺門くぐると受付.jpg 銀沙灘(ぎんしゃだん).jpg 錦鏡池(きんきょうち).jpg

国宝 銀閣(観音殿)
銀閣(観音殿).jpg
銀沙灘(ぎんしゃだん)と向月台と銀閣。国宝 東求堂。銀沙灘より本堂を望む
銀沙灘(ぎんしゃだん)と向月台と銀閣.jpg 国宝 東求堂.jpg 本堂.jpg

国宝 東求堂を見て、東山をあがる路、両脇の苔が美しい、銀閣寺庭園が見渡せる。
国宝 東求堂.jpg 苔.jpg 銀閣寺庭園.jpg

名前らしい雰囲気だ、なと思った
名前らしい雰囲気.jpg

一番綺麗に見える場所かな。東面する鳳凰。東司に入りました 笑
一番綺麗に見える.jpg 鳳凰.jpg 東司.jpg

売店に入ると、ある商品の価格に目がとまった、先生も笑われていた。銀閣寺を後にして、南禅寺に向かう、のっぽ187先生の南禅寺にての、お写真です。
価格.jpg 銀閣寺を後.jpg 南禅寺にての.jpg

続きます。

   ーーーーーーー

(=^・^=)ワクチンして一年経ったので、7月3日に接種に行きました、ついでにノミ、ダニ予防の薬を背中に。最近、食欲が落ちてましたが、4日は朝、夕と食べません、身体もだるそうにしています。獣医さんに電話すると、ワクチンは関係ないそう、暑さ湿気に参ったかな、明日5日、診てもらいに行きます。
704 (=^・^=)ワクチン 704だるそう

畑、気がつけばナンキン、実がつき、オクラ蕾み膨らみ、メロンは、蜜蜂が交配をしてくれてる
704 ナンキン 704 704 蜜蜂


戒め、
ここ暫く、目覚めに咽喉まで刺激のある苦味がでる逆流性食道炎を起してない、それに甘えたのか、ツイうっかり寝る前に好きなピスタチオを一つ摘み、二つ三つと。。。いつも逆流性食道炎対策として、就寝前には物を食べないようにしている。
鼻奥の異様な刺激でウトウトから目が覚めた、直ぐにウガイをするが当然治まらない、2時間は我慢しないと、いつもは咽喉までだが、今回は鼻奥、出してもだしても鼻水が咽喉にたまる、下手をすると気管にはいる恐れあり、
就寝前は、自分の場合、絶対に食さないように !

テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

暑い時は、暑く

蒸し暑い、少し動くと汗がでる、おまけに、蚊がいる。 うんざり

去年の今頃は、暑いのだが汗も出にくく、寒気(1年くらい)で悩んでいた、主治医に甲状腺ホルモンなど調べていただいたが、原因が分からず、スルーされていた。男の更年期障害だろうと解釈し、仕方がないと諦めと、自分の身体状態を認め始めたら、いつのまにか、あまり気にならなくなっていた。

暑い時は、暑く感じるのがいい、でも、あぁ蒸し暑い、蚊もいる、イヤだ !



夏も近づき、大好きなモロッコ豆の、収穫も近づいた。イチジクたくさん実るとよいな、ゴーヤの花も咲き始めたな
701モロッコ豆 701イチジク 701ゴーヤの花

今年のギボシの花です。最初は普通の桑の実でしたが、今時期は大きい、何故だろう、比較するため、サクランボを入れました。今日のシロは、ご機嫌/ななめ\みたい 笑
701ギボシの花 702 大きい 701ご機嫌



山陰 松江 その3

天守閣をでて、天守閣裏から小泉八雲邸跡に向かってると、松江城を取り囲むお堀を、約50分かけて周遊する堀川遊覧船が行き帰りしてた。
天守閣裏.jpg 小泉八雲邸跡.jpg 堀川遊覧船.jpg

小泉八雲のことは、遠い昔、怪談 耳なし芳一を読んで、作者が外国人だったことぐらいしか知らない。
本名はラフカディオ・ハーン
明治23年(1890年)雑誌特派員として来日し、英語教師として松江中学に赴任し、そして武家の娘セツさんと結婚し武家屋敷に住んだそう。
P1030990.jpg P1030991.jpg P1030996.jpg
この屋敷に住まわれ、日本に馴染まわれたのだな。。。


武家屋敷跡にも入ってみた、外回りを見て何だか懐かしい気がした。屋敷に住む中老に、指示を仰いでるようす。
武家屋敷跡.jpg 懐かしい.jpg 指示を仰いでる.jpg

裏へまわる、駒や羽子板といった玩具、どの部屋も、小さいな
.裏へjpg 駒や羽子板.jpg 小さいな.jpg

井戸、風呂が懐かしい、田舎の井戸がこんなだった。配膳所、昔の奥方はたいへんだったろうな。
井戸.jpg 風呂.jpg 配膳所.jpg

遅くなった昼御飯、しじみセット 美味かった!、さらば、堀川遊覧船、松江城。
しじみセット.jpg 堀川遊覧船.jpg 松江城.jpg

ーーーーーー

おまけ  石垣
閑谷学校.jpg

テーマ : 病気と付き合いながらの生活
ジャンル : 心と身体

行けるときに、行かないと

七夕.jpg
  見舞いで、
  病院に行くと受付ロビーに、
  七夕が飾ってあった。
  願い事短冊の一つに、素敵なのがあった !


もう直ぐ、七夕か~。。。

しつこく、大きい黄色のズッキーニです。自身の重さに耐えかねて、もっと大きくなったのに、花も咲かせずに折れた、その時に茎も少々傷をつけ、一部枯れ始めた。
花も咲かせずに.jpg 大きい黄色.jpg 一部枯れ.jpg

採るのが少し早いのだが、切ってみると美味しそう 笑。二日ほど、叔母さんたちと、日帰り旅行などしてたので畑に行かなかった。行ってみると、これまたドデカイズッキーニ、左が普通。シラーの花が咲き始めてた。
美味しそう.jpg 629 ドデカイズッキーニ 629シラーの花


山陰 松江 その2

松江城
松江城.jpg
6月11日松江城 現存天守
1611年に築城され、国宝を目指してるようです。自分は現存天守でもあるし、国宝の価値はあると思った。鯱は木造。
内部は写真を撮って良いとのこと、籠城用生活物資の貯蔵倉庫。
1611年に築城.jpg 鯱は木造.jpg 貯蔵倉庫.jpg


深さ24メートルの井戸があり、やはりのぞいてみる。柱は、寄木柱になっていて、普通の柱より力学的に強いそうだ。なかにある貴重品を写せるのが嬉しい。
井戸.jpg P1030952.jpg .寄木柱jpg

石落としなど興味深いものを見ながら、珍しい桐の階段を上がり、天守につくとテレビ放送だろう、レポートしてた。
石落とし.jpg 階段.jpg テレビ放送.jpg

嫁ヶ島が望めるので、夕日がきれいだそう西方向
西方向.jpg

どの方向か、南?   ?   ?
南.jpg P1030964.jpg ?.jpg
続きます。

      ーーーーーーーー

26日に神奈川の叔母さんが、同窓会があったので従弟と一緒に来られてた。27日28日と、一緒にいろんな所、日帰り旅行し、今日帰られた。また静かになったな~寂しい。
27日、岡山 備前焼瓦屋根で国宝 閑谷学校など
P1040402.jpg

28日、尾道 国宝 浄土寺など、
P1040655.jpg
便通を整え、行きました。
何処でも
行けるときに、行かないと!

テーマ : 病気と付き合いながらの生活
ジャンル : 心と身体

充実した一日を

某テレビ局で、京都 南禅寺の特集をしていた。
実際に行って見たくなり、
リンクさせて頂てる「積極的精神で生きる。」の、のっぽ187先生をお誘いしたところ、「化学治療中の合間で、体調の良いときなら」と、心好い御返事を受け、6月25日喜びいさんで京都へと出かけた。
のっぽ187先生は、俳優の加藤剛さんを、30歳代の若さで小顔にし、スタイルが抜群で、目鼻立ち、とても穏やか、もうハンサム、今でいう理知的なイケメンで、心優しい若々しい方です。南禅寺等、散策しながら、いろいろ、勉強になる、お話しをしていただき、とても 充実した一日を 過ごさせていただきました。しんどい治療中に、ありがとうございました。
南禅寺写真の整理ができたら、UPしようと思います。

若者たちと、年輩 ご夫婦    南禅寺にて
若者たちと、年輩夫婦.jpg


まだ、大きくなりそう黄色ズッキーニ、右が普通の大きさ、左は、まだ花が咲いてないので、さらに大きくなりそう、網の中で、今年、初トマトを採ってたら、シロが偵察にきた。
626大きくなりそう 626 花が咲いてないので トマト.jpg





奈良・京都 国宝の終12 国宝 三十三間堂

5月8日、宇治平等院で、お土産を買い、3泊4日奈良・京都 国宝一人旅、最終目的地、カノンさんが何回か訪れられたという国宝 三十三間堂に行った。ナビは運転者にとって、都合の好い道ばかりを選んでくれない、京都の街特有の細く長い、一方通行道路を通るはめになった。 三十三間堂駐車場へ着き、入ろうと思ったら、進入禁止のマークがあった。仕方ないので付近をウロチョロし、やっとパーキングを探し当てた。後で分かったことだが、出口から駐車場にはいろうとしてたのだ、入り口は反対側にあった、汗。 
お土産.jpg 一方通行道路.jpg 駐車場.jpg

入り口から左に、三十三間堂を一まわりしてみる。南池泉庭 。回廊。
三十三間堂.jpg 南池泉庭.jpg 回廊.jpg

若者達の記念撮影。再現された回廊門と三十三間堂の正面になるのかな?。奥がわ
若者達の記念撮影.jpg 再現された回廊門と三十三間堂の正面.jpg 奥がわ.jpg

奥から
P1030045.jpg P1030046.jpg P1030049.jpg

一まわりして
一まわりして.jpg

本堂に入ると、もうこれは驚き、!
薄暗いお堂の中、整然と並ぶ重要文化財 人物大の1.001躯木造千手観音立像、その前には、国宝 木造風神・雷神像と 木造二十八部衆立像、中央には 本尊千手観音像(湛慶作)が、自然と手が合わさります。

本堂をで、こんな距離を通し矢するのかな。通し矢射場門。京都タワーみながら、駐車場へ、瀬戸内へ。
通し矢.jpg 通し矢射場門.jpg 京都タワー.jpg

テーマ : 病気と付き合いながらの生活
ジャンル : 心と身体

楽しいお付き合い

日中は、とても暑くなったので、軒下に椅子を高く積み上げ、シロの休息場所を作ったら、気に入ったようで、そこで昼寝をするようになった。ところが、今日はいないのです、時々隠れることがあるので、
623高く積み 623シロの休息場所 623隠れることがあるので

探してみましたがいません。あちらこちら捜しやっと見つけました、ナ、ナなんとはーにゃさんが住まわれてる北海道にいたのです。、瀬戸内から札幌へ行き、シロはアノ気持ちよい素晴らしいキルトの上で、イケメンはるさんと毛づくろいしてるではありませんか、もう帰ってこないのでは。。。  汗
明日25日金曜日は、また、お出かけするから、 汗 ゆっくりね、
あさっては、神奈川から叔母さん、こられるよ、
それまでには帰ってきてね、お願いだから。。

プログ友って好いですね、こんな、楽しいお付き合い ができるなんて、
あんぱん父さん はーにゃさん ありがと !
         ーーーーーーーー

高さ10センチほどのヤブコウジの花です、秋には赤い実をつけます。リュウノヒゲは紫の実をつけます。
623ヤブコウジの 623リュウノヒゲ

裏隣りさんが作られた、しかもわざわざ皮をとった無臭ニンニクを頂だき、イカと一緒に甘辛く煮た。美味かった~!。キューイの摘果、今年もたくさん実りそう。
623無臭ニンニク 621キューイ 621摘果

       ーーーーーー

   山陰 松江 その1

6月11日 山陰の国宝 神魂神社の続き、
宍道湖湖畔を散策していると、野鳥が迎えてくれました、美しい夕日と、悲しい伝説の嫁ヶ島です。
宍道湖湖畔.jpg 野鳥.jpg 嫁ヶ島.jpg

嫁ヶ島は、若い嫁が姑にいじめられ、実家に帰るときに通った、湖の氷が割れ、溺れ死んだそうで、それを、哀れんだ湖の神様が、若い嫁の身がらとともに浮かびあがらせた島だそうです。遠い昔から嫁、姑問題があったのですね、知らないっと。。。
P1030905.jpg

この日は、テレビが松江城を取材しようと訪づれたようです。この辺り城石がキチンと石塁してありましたが、城したはズボラ?
取材しようと.jpg キチンと石塁.jpg ズボラ?.jpg

太鼓櫓。井戸をみると本物か、深さは、水はあるのだろうかと覗き込みたくなります、
太鼓櫓.jpg 井戸.jpg 本物か、深さは、水はあるの.jpg

城内には、不釣合いな建物が、目にはいりました。興雲閣 こううんかくです。内部は撮影しても良いとのこと、貴重な郷土資料など、展示されてます。興雲閣は明治天皇さまを、お招きしようと建てられたのですが、実現できませんでした。のちに皇太子の大正天皇さまの迎賓館として使用されたそうです。
城内には、不釣合いな.jpg 興雲閣.jpg 郷土資料など、展示.jpg

ロシア宮殿風になってますが、天井など何処かしら不釣合いなところがあるな、と思いました。変った椅子もみつけた。
ロシア風.jpg 不釣合いな.jpg 変った椅子.jpg

2階の回廊。
2階の回廊.jpg 2階の回廊.jpg 2階の回廊.jpg

貴賓室(御座の間) 大正天皇さまの使用になった手箱、手桶など見、興雲閣を出、本丸一ノ門正面を通ると、天守閣が見え
貴賓室(御座の間).jpg 本丸一ノ門正面.jpg 天守閣.jpg
  
小学生が天守閣を写生してた。
天守閣を写生.jpg

テーマ : 日記
ジャンル : 心と身体

さらに寂しい

あんぱん父さん さんが、もっと御利益あるようにと前記事 阿弥陀如来坐像さまをハッキリと映しだされた。
阿弥陀如来坐像さま.jpg 合成
すごい匠、驚くばかり! ありがとう ございます。

     -------------

    山陰の国宝 神魂神社

松江城に行く時、奥出雲おろちループを通りました、標高727メートルにあり、中国地方では、高いところに架かってる橋の、上位にはいると思うな、ループ式の道路としては、日本一の規模だそうです。一番高いところにある、三井野大橋から写してみました。三井野大橋と下った処にあるパーキングエリアから。
ループ式.jpg 三井野大橋.jpg パーキングエリアから.jpg

パーキングエリア公園に停まったとき、バイクで来ていた青年が、ノラ子猫をあやしていましたが、バイク後ろにあるボックスを開け子猫をいれ走りさっていった、こんな人気のない山奥に子猫がいるなんて。。P1030846.jpg    
       自分には、威嚇してた。
       平等院では無視されて
       寂しかったが、
     威嚇されると、さらに寂しい


松江に行く途中、郊外の幹線道路から少し入ったところに、国宝 神魂神社(かもすじんじゃ)があります。日本最古の大社造りです。本殿が国宝に指定されてます。
駐車場から社域入口の鳥居を通ると、社殿に上がる階段と女坂に分かれてます、ごく近距離なのですがね。
鳥居.jpg 階段と女坂.jpg 女坂.jpg

階段口からの、拝殿です、上がり祈願しました。
拝殿.jpg

拝殿と内部  国宝の神魂神社(かもすじんじゃ)本殿
拝殿.jpg 拝殿と内部.jpg 本殿.jpg

本殿の千木と大社造の屋根、土台石に載っただけの基礎
千木.jpg 大社造の屋根.jpg 基礎.jpg

境内右手の末社群と境内左手にある末社群、左手にある末社の貴布祢(きふね)・いなり両神社は、重文
右手の末社群.jpg 左手にある末社群.jpg 貴布祢(きふね)・いなり両神社.jpg

重文 2間社造りいなり神社のキツネさん
キツネさん.jpg

宍道湖から望む、ビル谷間の松江城
P1030906.jpg

     ーーーーーー

今年のグラジオラス、  カラー   モロッコ豆
621グラジオラス 621カラー 621モロッコ豆

橙も実り始め、ミニトマトもそろそろ、黒スイカ2株、実は棒を立てる十数本、後ろはズッキーニ
621橙 621ミニトマト 621黒スイカは棒

手作り猫じゃらし  笑
クレマチスの種     後方の線香花火みたいな草 名前は?
621 クレマチスの種 621線香花火みたいな草 621 線香花火みたいな草
調べたけどわかりませんです 汗
531 019

追記
分からなかった植物の名前をみかんさんに教えていただきました、カヤツリグサ でした。ありがとうございます。
なにか、名前のイメージどおりの植物でした。

テーマ : 病気と付き合いながらの生活
ジャンル : 心と身体

見えた人 御利益あると

瀬戸内も雨がシトシト降り始め、梅雨の季節がきたようです。
垂れモミジにつく水滴が美しい。。晴れた日のフェイジョア、今年はイッパイ実がつくぞ、黒スイカも期待できそう。
615垂れモミジ  615晴れた日のフェイジョア 615黒スイカ

今年の初茄子、小さいときに採取、初キュウリと、赤、黄、緑、白ピーマンのうち、白ピーマンが一番、実が薄く少しピリ辛、色づけだな~。シロの右耳後ろ、少しピンクが日射アレルギー!
615 026

今年の南天花、 名前知らぬ花  名前を教えて~にゃん!
615南天  名前知らぬ花 618名前を教えて~にゃん
 
---------------

 奈良・京都 国宝の 11  国宝 宇治平等院

5月8日、便通3回すませ、奈良から瀬戸内に、高速割引を利用し帰ることにしていたが、気になってる、三十三間堂を見るため、京都に回り道することにした。途中、国宝 宇治平等院がある、ここも、はるか昔、修学旅行で来てるはずだが、寄らないては無い。!
入り口、平等院ミュージアム鳳翔館わきから入る。左手に重文の養林庵書院が見える。
平等院ミュージアム鳳翔館.jpg 入り口.jpg 養林庵書院.jpg

平等院の裏、横を見ながら歩いていくと、藤棚前にある事務所で、島になってる平等院にはいり 国宝 金色の丈六阿弥陀如来坐像 52体の雲中供養菩薩像を拝観する整理券を配ってた。一陣の50人は既に決まっていて、2番目50人のを貰うことになった。次の拝観まで30分ある、その間、写真を撮る事にした、結構観光客がいるが、次第に増えていってる。
平等院の裏.jpg 横を.jpg 藤棚前.jpg

写真を撮ってると、重文 観音堂からニャンコが出てきた。
P1020994.jpg P1020992.jpg P1020995.jpg

ず~と様子を写し、接写もしてたが、全然、ワイを見向きもしない。
P1020996.jpg P1020997.jpg P1020998.jpg
ワイは空気か ! <`ヘ´> 笑

時間がくるまで、阿字池に写る国宝 平等院など
国宝 平等院.jpg

いろんな表情、藤棚、ツツジ、蓮の鳳凰堂を写してた。
藤棚.jpg ツツジ.jpg .蓮jpg

時間が来たので、ガイドさんに案内され鳳凰堂へ、
なかで阿弥陀如来坐像、木造雲中供養菩薩像 52躯の説明など拝聴す、
「阿弥陀如来坐像額のほくろは「白毫」(びゃくごう)と言います。 ここから「光明を放って、悩める人々を救う」という仏様の慈悲の智恵を表現しているそうです」「白く見える時は、今時期の午前中に、光が中に射しこむときだけです・・・・」
時間.jpg 石灯篭.jpg P1030011.jpg

P1030014.jpg

平等院ミュージアム鳳翔館には国宝 鳳凰、梵鐘など貴重な品々が展示されてました。
鳳凰.jpg 鳳凰.jpg P1030016.jpg

梵鐘.jpg     写真は模造品で
        分かりづらいですが
        梵鐘の上部は
        木造雲中供養菩薩像模様

   
池を挟みズームで写しました。
阿弥陀如来坐像さま額の光明 ありがたい !
「白毫」(びゃくごう).jpg

テーマ : 病気と付き合いながらの生活
ジャンル : 心と身体

こんな感じで

野菜は毎年、場所を変えたほうが良いのが多い、畑写真は、場所記録のためもある。畑は防鳥や蔓を絡ませるためのネットが多くなった。
両サイド ブルベリと、もう一箇所   桑の実
両サイド.jpg もう一箇所.jpg 桑の実.jpg

ゴーヤ     モロッコ豆     メロン数種
ゴーヤ.jpg モロッコ豆.jpg メロン数種.jpg

プチトマト    トマト    キュウリ
プチトマト.jpg トマト.jpg キュウリ.jpg

白ピーマンは最初から色白い、桑の実 ブルベリは少々採れる、茎短い桔梗が咲き始め。
白ピーマン.jpg 桑の実 ブルベリ.jpg 桔梗.jpg


島根 松江に行きました。
松江城.jpg
後日、記事に。。。
動けるうちに いろいろ見よう!

明日6月14日は、外科診察日

        ーーーーーーーーーーーー

   奈良・京都 国宝の 10  国宝 金峯山寺

5月7日、長谷寺を後にして、小雨のなか、桜で有名な吉野の金峯山寺に向かった、吉野はシーズンだと、渋滞がもの凄いらしいそうだ、シーズンオフだが、どんなところか見てみたかった。後で分かったことだがナビは狭い道を選んでいた、ナビを使っていて思うのだが、最適なコースを選ぶとは限らない。対向車もなく山道を登っていくと、山中にある駐車場がありガラガラ、まだあるだろうと思い進むと、500メートルだろうか、人通りなく、狭い参道にお店が立ち並ぶ所にで、金峯山寺を過ぎ、いくら進んでも駐車できる場所がない、食堂の前に青年がいたので「この辺り駐車場ないですかと?」”ここに停めなよ、”この店の、清家の主人だった。一台だけ停められる、山肌場所にあった御自分の車を、何処かに運転して行かれた。金峯山寺からは、もう大分離れてる。昼飯は此処でいただくことにして、人通りない狭い道を返し、歩き金峯山寺に行った。
人通りない狭い道.jpg 金峯山寺入り.jpg 金峯山寺.jpg

雨の蔵王堂(国宝)   
雨の蔵王堂(国宝).jpg

南朝妙法堂    鐘楼
南朝妙法堂.jpg 鐘楼.jpg

南朝妙法堂の方を、散策すれば面白うそうだが、本降りになり始めたのでやめ、本堂に上がり線香を焚き、金剛蔵王権現さまを拝観祈願。
本降りになり.jpg 線香を焚き.jpg

国宝 仁王門 前で、石車を回されてる、吉野で初めてみる観光客さん、来る途中にあった「吉水神社はどこですか?」と聞かれた。石車、真似て回してみた、何か御利益あるのかな。。パンフ写真は本尊 金剛蔵王権現さま
国宝 仁王門.jpg 初めてみる観光客さん.jpg 真似て.jpg

食堂へ帰る途中の吉水神社、シーズンだと見事だろう、一目千本。
帰る途中.jpg 吉水神社.jpg 一目千本.jpg

P1020946.jpg
       南朝皇居跡を
       拝観しようにも
       受付だれもいない。
       南朝皇居は寂しそう!


食堂に入ると雨はドシャ降り、タイミングは良かった
ゆんこさんが、変な味と云われてた、柿の葉寿司を、食べてみた。
P1020951.jpg       ンっ ?  マズイ !

       ンっ ?  美味い ! 

       どっちかって 両方 

複雑な味、クズぜんざい注文してるし、押し寿司なので、2つで充分、残りは夕食にすることにした。残りを夕食にするということは、おいしい?。。


柿の葉寿司を写してると、ご主人が吉野桜写真集を持って来てくださった。
シーズンは こんな感じで 食べれるだろうな~! 
こんな感じで .jpg

テーマ : 病気と付き合いながらの生活
ジャンル : 心と身体

バランス感覚 良し

市役所から、平成22年度集団健診申し込みはがきと、特定健診受診券がとどいた。せっかくだから受けることにしよう。

お決まりの夏野菜、もうすぐ収穫できそう、
トマト      なす     キュウリ
604トマト 607なす 608キュウリ

シロの健康検査
身長 ?センチ    舌色 良し   視力 良し
602身長 ?センチ 606舌色 609

注意力 ? バランス感覚 良し 柔軟度良しビョウヤナギ
608注意力 608バランス感覚 608柔軟

今年のビョウヤナギ、前記事キンシバイ、今年はイッパイ実るぞフェイジョア
608ビョウヤナギ 608キンシバイ 609フェイジョア

ブランコしてと云うので1、2,3
608ブランコしてと云うので1 608 2 608 3

      ーーーーーーーー

奈良・京都 国宝の 9  国宝 長谷寺

5月7日
上半身が少し低かったのか、少し逆流し咽喉奥が痺れてた、雨も降ってる、鬱陶しいが気を取り直し長谷寺へ、雨のなか観光客が少ないと思ったが、それなりに、天気よく、日曜、祭日だと駐車場に困ったかも。ボタン越しの仁王門
低かったのか.jpg 観光客.jpg 仁王門.jpg

重文 登廊のぼりろう 三九九段あり上中下の三廊に
下の登廊
左.jpg 登廊.jpg 右側.jpg ボタン.jpg

右に曲がり中廊登り、左に曲がり上廊を登ると、左に国宝 本堂が
右に曲がり.jpg 左に曲がり.jpg 上がると.jpg 本堂.jpg

本堂に居られる本尊十一面観世音菩薩立像さまに祈願し、寺内を眺め、雨の中、外舞台から傘をさして撮影は難しい
本堂内.jpg 寺内.jpg 傘をさして.jpg

本堂から五重の塔
五重の塔.jpg

本堂から裏山を五重の塔へ、本坊へ
本堂から.jpg 五重の塔へ.jpg 本坊へ.jpg

雨に濡れるツツジ、  本坊のボタン  さようなら 長谷寺
雨に濡れる.jpg 本坊のボタン.jpg さようなら 長谷寺.jpg

今頃、鎌倉の長谷寺は、アジサイ満開だろうな~


テーマ : 日記
ジャンル : 心と身体

どう愛想しようか

五十肩は結構しつこい、徐々に治まってきていたのだ、昨日、洗いものしていたら、右手の中指から肩にかけて、冷たい痺れがつき抜けた、気の性かと思い水に触れるとやはりやってきた。今日は手を水につけても、違和感がないが、肩の方がだるく痺れてる。まあ毎日、風呂で肩を温め、リハビリしているし、散歩中も腕運動しながら、歩き、
以前、記事にしたパワースポットに来たら
602パワースポット
     これは、冗談だが、
     パワースポットに、
      治るよう、
     毎日、願掛けしながら触る、

そのうちに、治るだろう。


606曾孫
      裏隣りさんの曾孫が、
      遊びに来てくれた
      シロは、どう愛想しようか
      迷ってる、ようす 笑



今年の
キンシバイ    カラマツソウ      クロガネモチ
606 603カラマツソウ 602クロガネモチ<br />


パパイアは枯れちまった。黒スイカ、朝9時ごろ交配する、
606パパイア 607交配 606朝9時


606ブルベリ
        ブルベリ、
        今年もジャムを
        作れそう
            笑


       ーーーーーーーーーーー 

 奈良・京都 国宝の 8 二月、三月堂

5月6日、今日は、何キロ歩いただろう、
東大寺から 二月、三月堂に歩いていると、ソフトクリーム美味しそう、全部食べるとお腹が心配 !
ソフトクリーム.jpg 全部.jpg 腹が心配.jpg

風情ある階段を登っていくと 国宝 三月堂  国宝 二月堂
階段.jpg 国宝 三月堂.jpg 国宝 二月堂.jpg

二月堂
国宝 二月堂.jpg
記載しながら調べていていると、三月堂は国宝物の宝庫だそう、見逃してた。

二月堂から東大寺と奈良の風景、。回廊を降りて風情ある土塀道を歩く。さよなら奈良大仏さん、
鎌倉大仏さん思い出した。
東大寺と奈良の風景.jpg 土塀道.jpg さよなら奈良.jpg
   
風情ある土塀道
風情ある土塀道.jpg

夕食は、ビジホにあった、お好み屋さん 小を注文
P1020858.jpg P1020860.jpg P1020861.jpg

P1020863.jpg P1020864.jpg P1020866.jpg


     

テーマ : 病気と付き合いながらの生活
ジャンル : 心と身体

瀬戸内海の国宝

奈良はお休みして瀬戸内です。
奈良興福寺の三重塔の見落としだけでなく、国宝建造物を調べていると、直ぐ近くまで行っていたのに、見落としてたのに気づいた。高速を使えば、そう時間はかからない、くやしい、行ってやる。
5月30日、日曜日、朝、便通が治まるとでかけた。
しまなみ海道にある瀬戸田町で、平山郁夫美術館耕三寺で行った処、
生口(いくち)橋を渡り降りると、空気が清々しい。
生口(いくち)橋.jpg

少しはしり平山郁夫美術館の駐車場は車がいっぱい、此処は開館以来、黒字だそう、平山郁夫先生の絵は、つい先日、薬師寺の大壁画でも、拝ませていただいて、感激してる、今、特別展が開かれてるはずだ!
ナビは向上寺で設定していたが、駐車場らしき所見つからず、通りすぎた。車とめ振り返ると黄色い橋の向こうに塔が見える。農作業してるお父さんに駐車場を聞いた、島の狭い道、こりゃ分からんはずだ。車の向きを変えパチリ、平山先生が描かれた絵構図に気がついた、この場所だー!
黄色い橋.jpg 車の向.jpg この場所だー!.jpg

門を通ると石鳥居が見えた、ん?石の割れ目。。鐘楼、小さい鐘だな~ !
門を通ると.jpg 石の割れ目.jpg 小さい鐘だな.jpg

向上寺は1403年に建てられた曹洞宗の寺院。本尊は釈迦如来。三重塔は永享4年(1432年)に建立された、室町時代の塔で、国宝になってます。国宝で日曜日だと言うのに参拝者が少ない、自分が行った時は、一眼レフカメラを持った若者一人だけでした。本堂で、参拝し軒下から見上げます、塔と不釣合いな?肉あつ葉サボテンの花、階段を上がって見上げると
、参拝し軒下.jpg サボテンの花.jpg 階段.jpg

寂びた朱色、漏れ日が眩しい。
眩しい.jpg

塔横の山道のぼると、平山先生が描かれた絵構図だ。!
描かれた絵.jpg

宝鐸を写していると、カラスが水煙に止まろうとしてた、カラスのとまった瀬戸を見下ろす三重の塔、なんだか寂しそうに見える。。。
宝鐸.jpg カラスが水煙.jpg 瀬戸を見下ろす.jpg
以前、紹介した宝鐸草です

帰る途中に、全部手作りジェラードのお店発見、瀬戸内デコポンなど全国発送してるそう。
全部手作り.jpg ジェラード.jpg 瀬戸田デコポン.jpg
この黄色みて思い出した、アノ橋は耕三寺 白い大理石の丘から見た橋だ、塔も右に見えてたな~
隣りの島、因島には、いい場所場所があったな~!

    ーーーーー

5本の内1本が白ズッキーニといっても黄色ですね、4本は普通の緑色植えてるのですが、隣のは何故か黄緑になってる、交配してるのだろうか ? 白いピーマンを植えてるのだが、どんな色になるのだろう楽しみ 笑
602白ズッキーニ黄色 602黄緑 602白いピーマン

きょうかのこ  桑の実、ジャムができるほど、採れそうにない 笑
602  602きょうかのこ 602 040

玄関前にある、シダの葉がきれい
602 シダの葉

603 022
    サッと茹でて、
    ガーリック油で炒め
    自家野菜、簡単、男の料理、
    ガーリック、炒め


テーマ : 病気と付き合いながらの生活
ジャンル : 心と身体

笑い猫

前記事で、姫檜扇のなかで小虫でも狙ってるであろう、目つきが少し悪いのを、あんぱん父さん さんが笑い顔に加工し、メールで、送ってくださった。 笑  
ありがとう ございます !
笑い猫.jpg

530海の見える国宝 三重の塔.jpg
    興福寺、国宝 三重の塔をみれなかった、
      くやしい ! また行くぞ 笑
    たちまち 日曜日に、海の見える
      国宝 三重の塔を、見に行った。

いずれ、記事にしよう。


気がつけば、このまえ植えたばかりの、木イチゴに花がさいてました、今年の、姫たいさんぼく泰山木と、せんこう花火 みたいな花。
531 木イチゴ 531姫たいさんぼく 531せんこう花火 みたいな花。<br />

         ーーーーーーーーーーーーーー

   奈良・京都 国宝の 8  東大寺

さすが東大寺、平日なのに人が多い、露店のある風景もいいもんだ、たくさんの鹿さんたち、せんべいをいただいてた、南大門も通るとき大また開き
506人が多い.jpg 露店のある風景.jpg 大また開き.jpg

国宝
阿形 仁王像    南大門    吽形 仁王像    
阿形 仁王像.jpg 南大門.jpg P1020786.jpg
阿形は運慶と快慶さんたち、吽形は、定覚(運慶の兄弟弟子か)と湛慶さんたちとか、南大門の天井、高いな~


中門、     中門から東大寺、  線香を焚き
中門.jpg 中門から東大寺.jpg 線香を焚き.jpg

鴟尾        金堂 大仏殿        鴟尾
鴟尾.jpg 金堂 大仏殿.jpg 鴟尾.jpg

            国宝    金堂 大仏殿
P1020797.jpg

国宝 八角燈籠のところから写真を撮ってると、ガイドさんが小学生達に八角燈籠を指差し「笛を吹いてるのは、音楽の音声菩薩さんです、願えばカラオケ上手になりますよ」の案内が、耳にはいる、お願いしよう!
線香を焚いてる写真撮ってると、スーザン ボイルさんが入ってた、
大仏殿に入ると、カメラ、携帯持ってる人、皆パチリ、パチリ、エッ~撮っていいいいの?
つられてパチリ
.国宝 八角燈籠jpg スーザン ボイルさん.jpg パチリ、パチリ.jpg

大仏 盧舎那仏様   左周りで、虚空蔵菩薩さま  あぁ懐かしい柱穴、大仏様の鼻の大きさと同じだそう、通ると無病息災のご利益あるそう、それは大昔、通ったと思うのだけど~、どうだったかな。。
大仏 盧舎那仏様.jpg 虚空蔵菩薩さま.jpg 鼻の大きさと.jpg

大仏 盧舎那仏様 如意輪観音さま
大仏 盧舎那仏様 如意輪観音さま.jpg
東大寺公式ホームページを見ると、大仏殿の中、三脚使用いがい写真自由だそう、もっと撮っとけば。。。

七重の塔の.jpg
    昔あったと云う
     七重の塔の
    相輪模造を見ながら、
     二月堂、三月堂へ。。。


テーマ : 日記
ジャンル : 心と身体

勘違いしていたー!!!

甥っ子土産、阿蘇チョコ生ケーキを食べた、苦味があり薄甘で旨い !  阿蘇とチョコはどう云う関係があるのだろう? 美味しければどうでも好いや 笑
今年、初挑戦の空豆が本格的に採れだした、どんだけ、 コンダケー 少々
529阿蘇チョコ生ケーキ 529 空豆 529 コンダケー

頂いた筍を茹でた、柔かくて美味しい、アリストロメリアと。風呂庭から出てるキンポージュ 
528筍を茹でた 529 風呂庭 529キンポージュ

ジャムできるくらい実るかな桑の実、小っちゃい花、ゆきのした。
桑の実 528小っちゃい花ゆきのした 528ゆきのした

遅まきながらツツジも咲きましたと、ウツギ
529ツツジ 529 ウツギ 528 ウツギと昆虫

姫檜扇 、満開ダー!
528 姫檜扇

      ーーーーーーーーーーーーーーー

奈良・京都 国宝の 7 興福寺から春日大社へ

     国宝  興福寺
5月6日 薬師寺から興福寺に向かった、奈良県庁付近で右に回り、興福寺の駐車場を見つけたが満車、他に無いか捜しつつ一周したら、たまたま出車があり滑り込む。
前にも書いたと思うが、この辺りは中学修学旅行できてるのだが、東大寺の柱穴くぐり以外、ほとんど記憶にない。
付近に寺らしき門がない、だが、やたら人が多い、早速、鹿が出迎えてくれた。国宝 興福寺 金堂、五重塔。どうやら塔の相輪マニアになったみたいだ 笑。 土塀がごく一部しかなかった 
鹿が出迎え.jpg  国宝 興福寺 金堂、五重塔.jpg  P1020856.jpg
   

少し歩いて、藤の花と重文 南円堂 なかに国宝 不空羂索観音像、四天王像が安置してあるそう。
P1020744.jpg


はーにゃさんに聞いた、にないぢゃやは、猿沢池にある此処だと勘違いしてた、春日神社下にあるそうだ。今、調べながら記事を書いてるが、直ぐ近くに国宝 三重塔、北円堂があったのだ、知らなかった、惜しいことしてた、なにせ土塀がない、高低差あり、どこがどうだか分からなかったし、よく調べてないからだ。五重の塔に帰り、国宝館に入った。
凄まじい国宝仏様の数々、ここも感動、感激ものでした、あの阿修羅像がいらっしゃいました。
猿沢池.jpg  五重の塔.jpg  国宝館.jpg


   国宝 春日大社
春日大社へは、距離がありそうだが歩いていくことにした、けっこう歩く、公園で絵を描く人たち、春日荷茶屋(かすがにないぢゃや)を見つけた ! お薦めの万葉粥 !
公園で絵を.jpg 春日荷茶屋.jpg 万葉粥.jpg

参道を歩く人たちながめながら食事、かゆは極薄味、付け合せも適度のお味、漬物は、いつもは食べないが少し味見、これがナント塩分少ないのに美味しい、これにつれられて全部食べてしまった。
はーにゃさん、美味しかったよ~!
鹿がくわえてる竹筒手水場で清め、参道をあがる。
参道を歩く人.jpg 参道を歩く人.jpg 参道.jpg

古そうな建物があった重文 著到殿(ちゃくとうでん)、やっと南門がみえた、入ると砂ずりの藤は満開!
著到殿.jpg 南門.jpg 砂ずりの藤.jpg

藤の花ごしの 重文 中門・御廊
中門・御廊.jpg

東回廊を歩き、外も見てみると、此処にも藤の花が、藤の花で囲まれてるー ! さぁ次は東大寺だ、砂ずりの藤 慶賀門よりでる
東回廊.jpg 此処にも藤の花が.jpg 慶賀門.jpg

記事を書いてて気づいた、興福寺の国宝 三重塔、北円堂に続いて、春日大社の肝心の国宝 御本殿は、見たようだが祈願してない、写してない!
中門・御廊を本殿と、
勘違いしていたー!!!

テーマ : 日記
ジャンル : 心と身体

奈良・京都 国宝の 6

薬師寺 唐招提寺

薬師寺は、平城京のシャトルバス発着場から、車で5分ていどの所にありましたが、手前に線路があり、道幅も狭くなり、ナビだけでは、理解しにくかったので、ちょうど道を歩かれてたご婦人に尋ねた。「道狭いですが、もう少し行ったら三叉路があります、左にとり、線路を渡られると、すぐ大きい道に出、左に回られると、左にガソリンスタンドがあり、そこ左に入ると駐車場ありますよ」 ありがとう ございます。
駐車場は、半分ていど空いてた。駐車場の叔父さんに、唐招提寺の駐車場について聞いてみた。「唐招提寺は、停めるの難しいよ、此処に停めといて、薬師寺にはいり、玄奘三蔵を見た後に、この方向へいってごらん300メートルくらいの所だよ、もどっても入場券持ってれば、また入れるからね」 有難うございます たいへん助かります。

5月6日
駐車場から薬師寺に行く途中のトイレ、ちょっと用足し、薬師寺を守る神社だそう、重文 休ケ岡八幡宮、ここにも国宝があるのですね、三神像 平安時代、見られませんでした、開示されてないようです。南門の入り口
トイレ.jpg 休ケ岡八幡宮.jpg 南門.jpg

中門で、昭和59年に再建されたそう、だから色が鮮やかなのですね、こんな配置になるのかな、左側 吽形金剛力士像、右側 阿形金剛力士像。吽形は、邪気の上に乗ってるのですが、柵で分からない、またいくことがあるかな~
 吽形金剛力士像.jpg 中門.jpg 阿形金剛力士像.jpg

逆光になりました、重文 西塔。 金堂 , 国宝 東塔
西塔.jpg 国宝 金堂.jpg 国宝 東塔.jpg

東塔は、外から中を少しだけ見ることが出来ます、塔の中を見られることは、珍しいですね、此処だけでした。釈迦苦行像を拝むことができ、ありがたかったです。水煙を写して見た、1300年の歴史を見てるのですね、金堂などが、火事で消失したのも、
水煙の彼方に広がる天高し (秋雨)
金堂の後方です、金堂は、薬師三尊像国宝 白鳳時代の医薬兼備の仏様がおられ、これはもう、お願いしまくりました。ここの薬師如来様は日光、月光菩薩様で教科書に載ってた記憶があります。
金堂の鴟尾、西塔相輪も写した。
東塔.jpg 水煙.jpg 金堂.jpg 西塔相輪.jpg

鐘楼から国宝 東塔を写して見ました、綺麗だな~!
六重に見えますが、三重の塔です、下に芝生の緑があり、なおさらきれいに見えました、他の寺は全部、土だったような。。
国宝 東塔.jpg

大講堂を写すのを忘れてた、ここには弥勒三尊像や仏足石・仏足跡歌碑 国宝 天平時代がおわしまし、願掛け。

玄奘三蔵院伽藍に行った、ここ玄奘塔北側に平山郁夫画伯が入魂された、玄奘三蔵求法の旅をたどる「大唐西域壁画」を描かれた大唐西域壁画殿があり、拝画した、もう感動ものです !
一度、薬師寺を出て、唐招提寺に向かった。途中、かん高く鳴く、気持ちの悪い鳥、初めて見たみた、調べたが名前が分からない。
玄奘三蔵院伽藍.jpg 玄奘塔.jpg 気持ちの悪い鳥.jpg


約300メートル歩いて。。。
        ---ーーー
     国宝 唐招提寺

昭和35年に復元された、南大門をくぐると、世界遺産の石碑があった。
南大門.jpg 唐招提寺.jpg 世界遺産の石碑.jpg

    国宝 唐招提寺
P1020700.jpg

国宝 廬舎那仏座像 千手観音立像 梵天帝釈天立像 四天王立像 薬師如来立像様を、拝謁祈願し寺内を散策。。。

国宝の講堂です、横からも、鐘楼から国宝 鼓楼
国宝の講堂.jpg 横からも.jpg 国宝 鼓楼.jpg

ここ鼓楼の見える左に入ると、新宝蔵があり入りました、中には重文品がズラ~り、国宝の金堂に乗ってた西鴟尾(天平時代)東鴟尾(鎌倉時代)もありました、だいぶ、瓦と言えども、くたびれてたな~
国宝 経蔵で、校倉造では正倉院より古く現存最古です、
国宝 経蔵と宝蔵  と礼堂
左に入ると.jpg 国宝 経蔵.jpg 経蔵と宝蔵  と礼堂.jpg

乾燥してたせいで、歩くと土誇りがたつ、靴は黒のスニーカーを履いてたので真っ白に、車に帰ったとき、薄茶のスニーカーに履き替えよう、

       ーーーーーーーーーーーーー
     薬師寺
  
薬師寺に帰り、興楽門から入りました、中門より入ったときより反対側から写してみました。
P1020725.jpg P1020731.jpg P1020733.jpg P1020734.jpg

さらば、国宝  東塔
505 1
観光客さんに写していただきました、逆光なのでチョウド良い 笑

    ーー今のことーー

一年ぐらい前に紺ブレを、クリーニングに出し時の話しです。この紺ブレは、はるか昔、デザイン学校に行ってた頃、工芸科の友達がボタンを作り、自分にくれてたのを、着けた紺ブレです。ボタンは、気になりつつも、何十年も置いたままでした。今から5年前くらいですか、勤めていた会社社長の付き合いで、洋服を作ることになり、ボタンをつけるための紺ブレ作りましたが、着ることが少なくタンスの中に納まってました。そして、何かの時に着、初めてクリーニングに出しました。持ち帰り、見ると何か変なのです。この度、またクリーニング出したので、思い出し記事にした。笑   実際の色は、もう少し黒っぽいです。
シロのブラッシング、
今年初めての、ズッキーニの収穫です、白も採れましたが、最初なので小さいな、
525 紺ブレ 525ブラッシング 525初めての

ボタンが変になってます、気が少し動転して、よく見もせずに、クリーニング店へ苦情を言いに行った。
シロは、くすぐったそう、
ついでに、他の野菜も昼御飯用に少量だけ、
525ボタンが変 525 くすぐったそう 525

前記事、大山蓮華の蕾みが開いた。今年もキューイの花が咲き、畑は、さぼってたら、からし菜に花が咲いてた。
525大山蓮華 522キューイ 525からし菜

熱で色取れ、変形しないよう保護してありました、。。クリーニング店の、注意力に驚きました、
ボタンにピッタリアルミ張り付く、アルミ箔に凄い圧力、熱が加わるんだね!
シロは、気持ちよい、くすぐったい、どうしよう。。
昼飯のおかず、貝柱、小海老、干し海老、豚肉のあんかけだ !
525 525 どうしよう 525 あんかけだ

祇園精舎の鐘の声、諸行無常の響きあり。沙羅双樹の花の色、盛者必衰のことわりをあらはす。
の、夏椿の花が今年も、裏庭で咲きました。
沙羅双樹の花は、
日本に無かったそうです、どこで間違えたのかな。
博多美人、妹が来たとき、あけました。自分は初物、上品な大きさ、
525 017 525 013 525 003

ありゃりゃ、恥ずかしかった、ボタン事件でした。
525 056

テーマ : 病気と付き合いながらの生活
ジャンル : 心と身体

歩く、歩いて

シロは、紫外線アレルギーがでて痒くなり、右耳後ろを掻いたようです、前記事、痒みを止める筋肉注射していただきました。姫檜扇 (ひめひおうぎ)の色違い。
522 白 522 ピンク 522赤

今年も庭の4箇所で、芍薬が花を咲かせてる。淡いピンクの芍薬
521 ピンクの芍薬

シロの様子
521 012 521 014 521 016

飾り井戸近く、    ガレージ裏     横庭で
518 飾り井戸 521 ガレージ裏 522 横庭で

521 大山蓮華

      大山蓮華の
      蕾み  




妹の青森弘前土産、菓子処 笹の舎パティシエの、りんごスティックを食してみた、食べる前に、軽くトースターで焼くと美味しいとお薦め書き。。。
522りんごスティック 
      それでは、と、軽く焼き 
      パイ皮が仄かにサクッ
      リンゴが仄かにサクッ   



今日、妹が野菜を採りに来て、弘前城の桜の話をした、昔から、百名山登りや、桜の追っかけしているのだが、弘前城の桜は有数だそうな。百名山登りの残りは、東北の一部と北海道だそうだ。函館の五稜郭の桜も、いずれ見にいくだろうな。

      ーーーーーーーーーーーーー

  奈良・京都 国宝の5

6日の朝、下のほうが今一だったが、早めにホテルを出て、8時30分頃には、平城京跡駐車場入り口に着いた、警備員が5~6人もいて、その内の一人止め、「一般は此処に停められない、シャトルバスが出てるところの一つ教えるから、そこに駐車したください」とのこと、15分くらい掛けそこへ、もう随分離れてる ブツブツ。。。。帰りは6時までで、乗場は6番ですよ、そんな時間までいない、でも、よく覚えられる。平城京跡会場に着いたのは、9時過ぎだった、腹の調子が悪い、トイレへ、この予感、よく当たる。連休明けの平日だが、観光客が徐々に増えている、もう平城京歴史館・遣唐使船復原展示は、順番待ちだ、一応整理券はいただいた、少し歩いて朱雀門広場へ、朱雀門
506遣唐使船.jpg 506朱雀門広場.jpg 506朱雀門.jpg

見渡せば、広い、はーにゃさんが書かれてたとおりだ !。  それにしても、いろんな電車が平城京跡のなか、しょっちゅう通るな~、ちょうど中央時を撮れるかどうか遊んでみた、失敗。。
503広い.jpg 506撮れるかどうか.jpg 506失敗.jpg

身体の不自由な方、お年寄りにはハートフルトラムを、平城宮跡西側エリアを周回運行。当時は、どんな光景だったか思いながら、朱雀門から、歩く歩いて約800メートル、第一次大極殿・前庭・南門広場入り口へ、
506ハートフルトラム.jpg 506第一次大極殿.jpg 506入り口.jpg

前庭、南門広場へ入り大極殿 平城宮最大の宮殿の屋根飾り鴟尾(しび)、露盤を写してみた。火避けのまじないだそう。
鴟尾.jpg 露盤.jpg 鴟尾.jpg

大極殿にあがり朱雀門、方面を写してみた、朱雀門距離は800メートルくらい、反対側は、すぐ町の郊外って感じ。
中にはいり、天皇の玉座以外は記憶がないな~、写真も撮ってないから、これじゃ、と思う物なかったのだろう、天井くらいしか写してない。
朱雀門、方面.jpg 天皇の玉座.jpg 天井.jpg

大極殿 正面約44メートル、側面約20メートル、地面より高さ約27メートル。直径70センチの朱色の柱44本、屋根瓦約9万7000枚
大極殿.jpg

見るところは、まだ東院庭園広場、 遺構展示館などあるのが、広すぎ散在し、毎日、4キロはウォーキングし、歩くのは慣れてるはずだが、今日、まだ行きたい所があるし、見えすぎて億劫になった感じ、止めた。
電車が良くとおるな、また待たされた。平城京歴史館、遣唐使船復原展示も、時間来てたけど、見る気がしなくなり、シャトルバスへ、
電車が良くとおるな.jpg 時間.jpg シャトルバスへ.jpg

薬師寺.jpg      
       薬師寺へ、と
       続きます。
       宜しく、どうぞ !
       右側、国宝三重の塔
   


テーマ : 病気と付き合いながらの生活
ジャンル : 心と身体

イチゴ いちごの日々

       奈良・京都 国宝の4

当麻寺を車で2時頃出て、2時30分ごろには日本最初の世界文化遺産 法隆寺に着いた、ここは駐車場は、参道も広く、難なく見つかりました。
確か、中学の修学旅行できているはず、今度、ほぼ20年前に、家を建て直したときから、行くへが分からなくなったアルバムを、捜しだし見てみよう。
国宝 南大門です。南大門から中門を見、入って築地塀も写してみました。
505南大門.jpg 505から中門.jpg 築地塀.jpg

国宝 中門です。天平時代の重文 阿形像 吽形像
505中門.jpg 505阿形像.jpg 505吽形像 .jpg

阿吽の呼吸、吽形像をズームしてみました。他の寺院では、ネットが張ってありましたがここは、違いました。
埃がいっぱい
P1020593.jpg

 
世界最古の木造建造物 国宝金堂と、現存最古の塔 国宝五重塔を四方を囲む、国宝 回廊の屋根ごしに、国宝 中門反対側からうつしてみた! 国宝がいっぱい
505国宝が4.jpg

ありがたい、釈迦三尊像、 病気平癒 薬師如来像 四天王像さんなどの国宝仏を拝謁、健康祈願し、

長い回廊を通りでて、夢殿へと向かった。途中の国宝 聖霊院と妻室、 聖霊院と重文 妻室の間を撮ってみた。
505長い回廊.jpg 505聖霊院.jpg 505妻室.jpg

暫く、長い境内を歩き、東院通用門につくと警備員が、有名な国宝 夢殿。
505長い境内.jpg 505東院通用門.jpg 505国宝 夢殿.jpg

夢殿 重文 舎利殿の前を通り、藤棚を眺め、スグ近くにある中宮寺に、アノ弥勒菩薩を拝みにいった。
505舎利殿.jpg 505藤棚を眺め.jpg 505中宮寺.jpg

弥勒菩薩さんのお顔など、住職さまの説明を聞きながら、ありがたく拝謁していると、心が和み癒やされました。健康祈願 !
京都 広隆寺の国宝第一号の弥勒菩薩も見たいと思った。

帰りぎわに夢殿の露盤を写し、どういう意味があるのだろ。。露店土産屋。夢殿に行く途中に通った東大門、国宝だと気づかなかった。
505露盤.jpg 505露店土産屋.jpg 505東大門.jpg

それにしても、数多くの重文指定付属寺院があるな。4時頃には、ホテルにインした。この度は、このホテルを基地にして、3泊4日で、疲れを溜め込まぬようユックリ。奈良、京都の寺社巡りをすることに計画した。夕食に、鳥雑炊、焼き山芋、生キャベツ、焼きししとう。ししとうは、こんなにピリピリしてたかな?少しかじっただけ。  汗
毛布は、このホテル、一枚常設してあった、逆流性食道炎対策。
P1020624.jpg P1020629.jpg P1020632.jpg

翌日は、平城京などに行きます。

        ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

一日おきに、イチゴはこんな感じで収穫。葉っぱは、リーフレタス。前記事はチシャ
516 001

ジャムはあがりに、レモン果汁、何故だか、知らない。100キンで買った容器を、熱湯消毒、乾燥させアルコール噴霧、 冷凍へ
516 011 516 012 516 013

庭のお客様 アオスジアゲハ    イチモンジチョウ
516 アオスジアゲハ 516 イチモンジチョウ 516 イチモンジチョウ

接木のボタンに、芍薬が花を咲かしてるのに気づき、切除。柚子の花  アスパラの花
516 芍薬 516柚子の花 516アスパラの花

シロは寝床の、お掃除、夜も暖かくなったので、ホットカーペットを収め休息。季節変わり毛も抜けかわるな~、分けてくれ! 猫草で お遊び !

516 034 516 043 517 009

テーマ : 病気と付き合いながらの生活
ジャンル : 心と身体

奈良・京都 国宝の 3  當麻寺

今日の収穫です、イチゴは一つ網がずれてて、半分ほど鳥に食べられてましたが、これだけ採れました、でもこのうちの半分も、ダンゴ虫等に少し食われてる 汗  で、それを、はーにゃさん言われてたとおり、ジャムに
512 024 512 026 512 034 


採れたスナップ豆、空豆を入れ、玉葱、干し海老、ホタテ、ニンニク効かした、昼御飯にパスタ   笑   空豆は、まだ早いな、でも皮ごと食べれる。  ブロッコリー、 玉葱
512 030 509 033 509 022

好きな花の一つ、ヤマボウシ、        ジャガイモの花
512 013 513 014 512 014

木いちごを、増やした、手前は白くても紫ラン、 ピラカンサス、
アスパラ、そろそろ終わりだニャァ~      
513 018 512 050 513 007


512 048  「遊んで、くれないのなら、
    たまニャァ~、
    外ばかりでなく、
    部屋も掃除せニャァ~ 
            フン 」  



ゆんこさんが、ニャンコに言葉と言われたので、
こんなこと思ってるのかな~?   
      ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

奈良・京都 国宝の 3

5月5日に行った、當麻寺を簡単に紹介、
當麻寺に行くには、細い参道を車で通りました、寺社前は駐車禁止です。細い路地通りに小さい駐車場が、数箇所あり、満杯でしたが運よく一台出たところに滑り込むことが出来ました。當麻寺に着いたのは、ちょうど昼前になり、お腹が空いてきたので、仁王門前にある食堂で にゅう麺をいただいた、薬味についてた生姜をいれて食べ、美味しかった。
P1020512.jpg P1020509.jpg P1020510.jpg

仁王像を見ながら、寺内に入ると、国宝になってる、白鳳時代の日本で一番古い梵鐘があった。ふじの花が満開。
P1020514.jpg P1020516.jpg P1020508.jpg

 すぐ、左手に鎌倉時代の金堂 重文と右手に講堂 重文が見え、中央は国宝 本堂(曼荼羅堂・まんだらどう)天平時代-藤原時代 です。本尊・當麻曼荼羅を拝観をしようと、入場券を買いに行く途中、ぼたん祭りしている中之坊が目に入り先に、抹茶つき900円、本堂 中将姫剃髪堂
P1020580.jpg P1020506.jpg P1020518.jpg

裏手に周ると国宝 東塔、こんな苔が生えてるのが心地よい、低い土塀を通ると、ぼたん祭り。。後方に見える
P1020522.jpg P1020524.jpg P1020527.jpg

客殿・松室院の天井に近代画家の絵がはめてありました。俳優・片岡鶴太郎さんの絵も、奉納されてるそうです。日本最古の和漢薬秘薬陀羅尼助精製の釜があったので、副作用のない、良く効く薬ができるようにと、祈願。!後西天皇御幸の間(重要文化財)
P1020528.jpg P1020530.jpg P1020532.jpg

霊宝館で宝物を見た後に、抹茶をいただきました。庭園 香藕園(こうぐうえん) 国・名勝・史蹟越しの東塔
               落ちたサクランボの、掃除していると
P1020535.jpg P1020539.jpg  512 044


ぼたん人形に誘われ、中之坊の隣りにある、浄土宗の塔頭で護念院にはいってみた、
                       箒でつついても
P1020541.jpg P1020545.jpg 512 045

東塔と西塔を、同時に撮影する場所がないかと、当麻寺の裏に向かい散策してみた、人影もまばらになる。と、西南院に気づき、受付の人に聞いてみる、「撮れますよ」 「ぼたん、シャクナゲが、咲いてますよ」ぼたんは、満腹、入り、
                       動こうとせず
P1020574.jpg P1020553.jpg 512 046


裏手にまわり展望所に。日本で国宝の塔が、並んで残ってるのは此処だけだそうです。
紅葉時も、趣あり素適でしょう。。。
P1020555.jpg

ひらきなおり
512 047

東塔と西塔を見て下り、裏庭を上がって行くと、なにかの幻想的な音色が聴こえ始めます、水琴窟の音でした。
実際の音は、もう少し大きくて、音の間隔も狭く、響きが澄んでました。
P1020556.jpg P1020569.jpg P1020568.jpg

池には西塔が映ってました。
P1020566.jpg


ここの茶室で、抹茶をいただいたほうが、よかったかな~、少し歩くと、サツキの花が咲いてるところでも、水琴窟の音が。。。シャクナゲの花も右側で、たくさん咲いてました、この写真は家の、庭のです。
P1020570.jpg P1020571.jpg 428シャクナゲ

ここ西南院で満足してたのか、本堂、金堂、講堂の入場券を買い、拝観するのを忘れてしまってた。。
法隆寺に続きます、


テーマ : 病気と付き合いながらの生活
ジャンル : 心と身体

奈良・京都 国宝の 2

町内運動会での、組内弁当をいただきに行きました。実際の運動会雰囲気を味あうのは、30数年ぶり、懐かしい気持ちもあるが、自分には場違いの感じ、 汗   暫く組内の方と談笑し、弁当の配達があると、おやつと一緒に、いただき帰った。来られてない家には、弁当屋さん配達。やはり、参加されてる家は、子供さんのいる家の、方だけだったな。後片付けは、行きましたよ~!
509 035 509 036 509 038

紫ラン  でかいクレマチスとツキヌキニンドウ  ズッキーニ雄花
509 002 509 004 509 007

丸葉しゃりん梅  東京スカイツリー笑    オガタマ  
オガタマは、バナナのような強い甘い香りがあるそうだが、UFTの副作用だろうか、最近、匂いが分からなくなってきている。
509 029 509東京スカイツリー 509 048

キヌサヤ      イチゴ網と網なかの視察
509 008 509 032 509 012

スナップ豆、キヌサヤ、イチゴの収穫  鳥と虫の食べ跡 チクショウ
509 044 509 039 509 045

      ーーーーーーーーーーーーーーー
奈良・京都 国宝の 2

一日目 信貴山 朝護孫子寺→当麻寺→法隆寺 中宮寺
二日目 平城京→薬師寺→唐招提寺→興福寺→春日大社→
   東大寺 三月堂 二月堂
三日目 長谷寺→吉野 金峯山寺→吉野神社
四日目 京都宇治平等院 →三十三間堂

こんな感じで巡りました。
何枚か入場券、どこかで無くしてます。
510 004

毘沙門天王の総本山 朝護孫子寺に、行きました。
はーにゃさんが行かれて、一週間後ぐらいですね、
大門池に架かる、登録有形文化財の開運橋を渡り参道をあがっていくと、本堂が見えます、
P1020461.jpg P1020460.jpg P1020465.jpg

聖徳太子像  信貴山の塔頭の一つ玉蔵院と日本一大地蔵、寺内を見渡しました。
P1020466.jpg P1020476.jpg P1020477.jpg

息を切らしながら20分ほどかけ、山頂までのぼり、無信心ですが空鉢護法堂に祈願、
P1020499.jpg P1020481.jpg P1020483.jpg

本堂の隣りにある霊宝館に、国宝の信貴山縁起を見に入り、絵巻に書いてある文字の長い線が、極細で震えのない繊細さに驚いた。よくもま~書け、描けるるもんだ!  鐘楼
P1020488.jpg P1020490.jpg P1020487.jpg

しも封じの石があり、朝の軟便通に苦心してる自分、小銭を置き、なでて座る。四国八十八ヵ所お砂踏みを通ると、行ったことになるのかな~。寺を出る前に、剱鎧護法堂(病気平癒)で祈願。
P1020495.jpg P1020497.jpg P1020500.jpg

寺社参り、祈願すること、場所たくさん、
小銭がたくさん必要だな。。。

テーマ : 病気と付き合いながらの生活
ジャンル : 心と身体

奈良・京都 国宝の 1

5日出発の、奈良旅行前日に回覧板が回ってきた。見ると、9日の日曜日に町内運動会があるのだ。その日は、組が弁当を注文し、組の者が、それぞれ運動会会場に取りに行くことになってる。
505回覧板 505.jpg P1020458.jpg

土曜日には帰らなくては、
奈良まできているのだから、カノンさんが祈願されたという国宝、京都三十三間堂が、どんなのか見て帰ることにした、スゴイ。途中に、国宝、宇治平等院があるので、寄って見る事にした。
すると、ふじが満開、旬のことなので、写真だけでも、先にUPしなくては、
508平等院

帰ると、シロと、シャクヤクが待っていてくれてた。!
508シャクヤク

508とらまんじゅう
  お土産の、はーにゃさん紹介の、
  カステラとら饅頭を、
   裏隣りさんと食べてみた、
   皮が柔かく甘くて美味しい!
 


旅行前に、イチゴが虫や鳥に食い散らかされるので、虫除け唐辛子粉末を撒き、防鳥ネットをしていたら、まだ実も小さく青かったイチゴが、ブルーベリーの実も実りつつ。 帰るとガレージ門扉に枯れ葉がチラホラ
P1030066.jpg P1030069.jpg P1030060.jpg

三泊四日の奈良・京都 国宝建物写真旅行を整理し、
徒然に記事にしたいと思いますので、
宜しく、お願いします。

テーマ : 病気と付き合いながらの生活
ジャンル : 心と身体

水前寺公園での、出迎え

(追記)3

5月7日
雨の奈良 長谷寺  ぼたん おわり始め。。。
P1020919.jpg

(追記)2

奈良寺院、旬の花です。

瀬戸内に帰りましたら、写真を整理し、
徒然に記事にしたいと思いますので、
宜しく、お願いします。

5月5日 當麻寺 つつじ  ぼたん
P1020544.jpg
 
5月6日 春日大社 ふじ
P1020768.jpg


(追記)5月5日 奈良 信貴山

急きょ、奈良旅行を、決めました。
P1020631.jpg

      ーーーーーーーーーーーー

九州 3月31日、
331熊本朝食 
       バイキング朝食をいただき、
       昨日見れなかった
       熊本城天守閣に向かった、



飯田丸五階櫓、  天守閣    入り口側天守閣
331 020 331天守閣 331天守閣1 331入り口

天守より
331天守より

重要文化財櫓群     飯田丸五階櫓
331 057 331 063 331 066

お城で、排水口がこんな所にあるのを、始めて見ました、
城をでて おてもやんの銅像など見ながら、ホテルに帰り、出発、水前寺公園へ 
331 076 331おてもやん 331オテモヤン 331水前寺

 
水前寺公園ではハト、鴨、鯉が出迎えてくれた。
331ハト 331鴨 331 091鯉

331鯉

阿蘇山へ行こうかとも思ったが、昨日の、もやで見えない話を思い出し、鹿児島のホテルを予約し、向かった。
えびのSA前の長いトンネルで事故と遭遇、車がストップ、
331トンネル事故 331事故 331 108事故
トンネル内の事故は、特に怖い。

しばしSAにより休憩、マンゴソフトを半分ほど食し、一路鹿児島へ、高速から西郷さんの銅像が見へ、急遽降りました。
331ソフト 331 116 331トキワマンサク
鹿児島空港のそば、なにもいわれはなさそう、降りたの損した気分。。

鹿児島のホテルへ着き、フェリー乗り場付近を散策、歩いて歩いて鹿児島城(鶴丸城)西郷さん銅像に、
雨がパラパラ降り始め、

この時は、疲れてた。。。
331 121 331 131 331 137

ホテルに帰り考慮、まだ指宿、宮崎、別府に行きたいのだが、雨降り予想や疲れなどで、明日朝、帰ることに。

夕食はホテルで薩摩御膳、
さつま揚げ、イカナゴの刺身、鹿児島黒豚角煮、地鶏の照り焼き、鹿児島黒豚汁
さつま揚げまでは、もうお腹がいっぱいになり、食べれませんでした。
331薩摩御膳

お休み高く、朝食バイキング、関門海峡 門司港
331高く 401 002 401門司

めかりパーキングエリアより本州を、
401関門海峡大橋
   九州旅行が終わりました。
    おつきあい
    ありがとうございました。
    次の旅行も、よろしく、どうぞ ! 



鹿児島より、瀬戸内へ、コースが決まってるので、
気持ちてきには運転は、楽!

シロは、待っててくれたようです。(勝手に編集)笑
帰って2~3日後、スーパーで、薩摩御膳の、
イカナゴをうってたので、甘露煮に
430待つ 402 002 402 015


テーマ : 日記
ジャンル : 心と身体

静と動の自然美

今年も、白ラン、薄紫のクレマチスが咲きました。
501白ラン 501白ラン1 501薄紫クレマチス

シロとスズラン
430スズラン 430スズラン1 430スズラン2

シュッワッチ
430スズラン3

サラダ菜    新玉葱     ブルーベリー
430サラダ菜 430新タマネギ 428ブルーベリー

モミジ
430モミジ 430モミジ2 430モミジ1


3月30日
口之津港を出航し、天草鬼池港に渡り、熊本へ向かい、途中、天草五橋の展望台でトイレ休憩をしました。多島美、橋が望めきれいです。
330 067出航 330 089天草五橋 330 087天草五橋

天草五橋を渡り渡り、大矢野橋( 二号橋 )
330 095天草五橋

この橋は、一号橋(天門橋)です。
天草五橋の道筋には、もう沢山の廃業された、ドライブイン、土産店、飲食店跡が見かけられ、驚きました。天草五橋の出来た当時の名残でしょう、それだけ当時は盛況だったのですね、時代の流れを感じました!
暫く走ると、御興来海岸が見わたせました、運がよかったですね、大潮干潮時だったのでしょう、それ以外でしたら、見ることはできず、何も知らず通り過ぎていました。気取って斜に撮ったら失敗、目が変になりそう。

330 098天草五橋 330 107御興来海岸 330失敗

以前に紹介した写真は、手前が草になってましたが、
この写真は、何層にもなった石、
静と動の自然美を感じた!
330 108御興来海岸

ムツゴロウがいる海辺が見えてきます、ズームしてみました、波ぎわまで何キロあるのだろう。。。
330 115広大な干潟 330 110広大な干潟 330 11広大な干潟1

ホテルへ着くと4時過ぎ、
阿蘇から帰られたお客さんに、フロントさんが「阿蘇は、いかがでいた?」 「もやがかかり、みられなかったよ~」
参考になった。
今日中に熊本城を見れるかと、歩いて行ってみました。
花見をされてる人たちが、沢山おられた。天守閣入り口は、もう閉じられてました、残念 !。入り口前の天守。
330 123熊本城 330 135熊本城 330 131熊本城 330 130熊本城

夕暮れの熊本城
330 141熊本城

ホテルの人に電気屋を聞いて、写真整理のための、USBメモリーを買いに熊本商店街へ
夕食は、焼き鳥やには入り 地鶏の照り焼き を、味は良いのだが、コリコリ噛み切れない 汗
テレビで、神業ガン手術をしてた。
330商店街 330照り焼き丼 331ガン手術


331胃から上
    胃から上を高く

     続きます、

テーマ : 病気と付き合いながらの生活
ジャンル : 心と身体

 はずかしい !

今年も表庭の牡丹が、花を咲かしてくれました。
シロが、何か言ってるようです。
426ボタン

裏畑でカラー  ていじそう  雨上がりの、横庭クレマチス
426カラー 426ていじそう 427クレマチス

と、ムラサキツユクサ、 夜、風呂に入り、フッと、風呂庭ながめると、前記事シャクナゲが満開、 
427ムラサキツユクサ 427風呂から 428シャクナゲ



3月30日竜馬が食べたの続きです。
朝、ホテルでバイキング朝食をいただき、雲仙普賢岳に行く途中に、露店が並んでる寺社あり寄って見ました、宮崎から長崎に出張されてる。可愛いハルさんに似てる、ニャンコの置物を売ってる露店あり、思わずパチリ 猫さん、気になります。
330 003朝食 330露店 330ハルさん

途中、大好きな棚田の看板が目に留まり、千々石町 清水棚田。
330千々石町 清水棚田


雲仙普賢岳と平成新山、  ズーム  さらにUP大きな岩
330普賢岳と平成新山 330 016平成新山 330 023岩

 火山泥流は海にまで流れ  
 人、家、田畑を!          シロの春の居眠り
 330 022普賢岳       305ナンテン
 
330 021火山泥流

仁田峠にある、雲仙ロープウェイ妙見岳山頂施設から、新山を見ようと思いましたが、強風のため運行中止、
島原城へ、天守閣下まで車で行けました。天守からの眺め、新山は山陰になり、反対側は海景色になってます。
330 024普賢岳ロープウェイ 330 044島原城 330 030島原城 330 043島原城

武家屋敷跡にも、行って見ました。
330 050武家屋敷

西山荘も良いのですが、自分は、こちらのような庶民的な藁屋根が好みです。坊やが光景にとけこんでいて、違和感がありませんでした。  余りにもだらしない格好してたので、チョイ悪戯さ  笑
330 051武家屋敷 330 053武家屋敷 305ナンテン1
  
ここから天草へフェリーで渡る為、口之津港まで向かいます。途中、火山泥流の上にかけた橋の、電話用路側から平成新山を撮ってみた。運転しながら、島原城へ行ったことだし、島原の乱でキリシタンさん達の守城になった、城も見たいな~と思ってたら、ちょうど原城跡の看板が目に付き、急遽、反転。原城跡、天草四郎時貞像
330 056普賢岳 330 063原城 330 060原城

 
原城跡落ち着くな~からは普賢岳が、湾越しに望め、もし天守があれば最高の景色に。13時25分のフェリーに
330フェリー  
  九州旅行後、
  一月経ちますが
  もう少し、 九州旅行 
  お付き合いを、お願いします。





       はずかしい にゃぁ~!
305ナンテン2


テーマ : 病気と付き合いながらの生活
ジャンル : 心と身体

検索フォーム
プロフィール

しろ

Author:しろ
66歳 
凡そ30数年前 X1になった 男子
なりゆきで、
白い猫(ノラシロ)を飼うことに、、
原発三個、経験の
”重複癌”患者でした。
今のところ サバイバー・・・

ノラシロ逝ったので
ノラシロと重複ガン から
ブログタイトル、変更しました。
引き続き よろしくお願いします。
しろの、
ボケ防止は、ブログに写真

最新記事
カレンダー
02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
FC2カウンター
最新コメント
カテゴリ
リンク
月別アーカイブ